【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 073

774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/05(日) 00:53:25.82 ID:2G9hYESIo

イデア「だ・・・・れ・・・・?」


スコール(あれは・・・・)



女「・・・・・・・・・・」



カツ カツ カツ カツ・・・・・・・



『女は ゆっくりと 歩を進める!』



スコール「・・・ババア?」



女「・・・・・・・・・・」フラァ



カツ カツ カツ カツ・・・・・・・



イデア「ババッ・・・・まぁ、あなたから見たらそうかもね・・・」


スコール「あ、いや、ママ先生じゃなくて」



カツ カツ カツ カツ・・・・・・・



イデア「・・・魔女ね?」


スコール「特大級のね」



カツ カツ カツ カツ・・・・・・・



スコール(いや、待て・・・)



女「・・・・・・・・」




『その女を よくみると!』




スコール(ババアじゃ・・・ない!)



775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/05(日) 00:54:15.95 ID:2G9hYESIo


女「・・・・・・・・・」


スコール(なんだあいつは!?はじまりの部屋にいた魔女か!?)

スコール(時間圧縮を逃れた歴代魔女が・・・俺を追ってきたのか!?)


スコール「ママ先生、さがって!」



【ガンブレード】



イデア「ちょっと、そんな物騒な物!」


スコール(いや待て。歴代魔女がここを知ってるはずがない。何故ならここは俺の時代だからだ!)

スコール(じゃああれは一体・・・ハッ!)

スコール(ま・・・・さか・・・・・)

スコール(ハイン・・・?)



女「・・・・・・・・・・・・」



スコール「俺達が倒したはずなのに・・・・・」ジャキ



カツ カツ カツ カツ・・・・・・・



ピタ



『女が 歩を止める!』



スコール「ッ!ママ先生、マジで下がって!」



女「・・・・・・・・」ユラァ




【エンカウント】???



777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/05(日) 02:58:25.47 ID:2G9hYESIo

イデア「ここで戦うの!?やめて頂戴!ここには他にも子供たちが・・・」

スコール「んな事言ってる場合じゃねーよ!この家毎なくなるかもしれないんだぞ!?」

イデア「な・・・・ッ!」


女「・・・・・・・」


スコール「くっそ・・・・どうした!なんか言え!」


スコール「こないなら・・・・こっちから行くぞ!」



女「・・・・・・・・・・・」



スコール「〜〜〜ッらぁぁぁぁぁぁぁ!!」バッ



ガチガチッ



スコール「!?」



『ガンブレードの 様子がおかしい!』



スコール「な、なんだ!?リボルバーの所になにか詰まって・・・」ガチャガチャ

スコール「うわっ!」



『弾丸装填部に しけた花火が 詰まっている!』



スコール「なんだこれ・・・なんか火薬臭いぞ?」スンスン



イデア「あ・・・それ・・・」





(ぼくとおねえちゃんを差し置いてこんなことするからだ・・・)





スコール「あ、あのガキ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」ピキピキピキ






778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/05(日) 02:59:30.18 ID:2G9hYESIo

女「・・・・・・・・・」



スコール「くそが!妙に聞き分けがいいと思ったらこういう事かよ!」


イデア「・・・・?」



スコール「あ〜もう!しけってるからこびりついてとれ・・・この!」ワチャワチャ



女「・・・・・・・・・」プッ



スコール「!?」


イデア「わ、笑った・・・?」


スコール「こ、このおばはん!待ってろ!これ取ったらすぐにでも・・・・」ワチャワチャ



女「・・・・・・・・・」



女「子供と思って・・・・油断してるからだよ」



『女から 聞き覚えのある声が!』



イデア「えっ?」


スコール「・・・・・・」



スコール(この・・・・声・・・・・)





女「・・・・・・」フルフル




女「・・・・・・・」ス






リノア「お・・・・ハロー・・・・」





スコール(リ・・・・ノア・・・・!)



779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/05(日) 03:01:45.19 ID:2G9hYESIo

スコール「な・・・んで・・・・・」


イデア「・・・・?」




リノア「  」フラ



スコール「あ、おい!」ダッ



『リノアは その場に 倒れ込んだ!』



リノア「・・・・・・」ヒューヒュー


スコール「うぉいリノア!どうした!?何があった!?」ガシ

スコール「ていうか何だその姿!?一瞬誰かわからんかったわ!」


『リノアの姿は 老いている!』


スコール「ハッそうだ!あの顔なし!どうなったんだ!?あのごついの!」

スコール「あいつが無を制御してたんだろ!?無はどうなった!」


リノア「・・・・・・」ヒューヒュー


スコール「お前がここにいると言う事は・・・じゃあ!もうひとり!」

スコール「ババアはどこいったんだよ〜〜〜!」



イデア(顔なし・・・・無・・・?)



リノア「・・・・」ゴフ


リノア「そんなに・・・・いっぺんに・・・・質問しないでよ・・・・」

リノア「頭の中・・・こんがらがるじゃん・・・・」ゼエゼエ

スコール「なんでそんな・・・・満身創痍なんだよ・・・・」

リノア「聞いてよスコール・・・・あのおばさんに・・・・・」

リノア「とんでもない・・・・ハメ技食らっちゃって・・・・・」ゲフ

スコール「ハ、ハメ技!?」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。