【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 067

716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 21:25:52.23 ID:peN6vdrro

ファリス「もどりてーか?」

スコール「方法がわかればね」

ファリス「だとよ」

スコール「えっ」



ザッ





ゼル「 」

セルフィ「 」

キスティス「 」

アーヴァイン「 」




スコール「お、お前ら!」




ゼル「ま、まじ助かった〜・・・・」ガク

アーヴァイン「さすがに僕ももうダメかと思ったよ」フゥ

キスティス「ごめんなさいね。わざわざ迎えに来てもらっちゃって」

セルフィ「ありがと〜!」




バッツ「いえいえ、どういたしまして」ニッコリ




スコール「あーてめー!どこほっつき歩いて回った!」

スコール「墓参りだっつったろ!?んなもんに何時間かけてんだよ!」

バッツ「いや・・・帰ったらお前爆睡してたし」

スコール「あいつら来てるんなら起こせよ!なんでこんなしんきくせー場所で再会せなあかんのじゃ!」

ファリス「・・・・」

バッツ「ファリスに感謝しとけよ?そいつがお前の仲間拾ってここまで持ってきたんだ」

ファリス「お前がいなきゃ危うくこいつらと一緒に消えて行く所だったがな」

バッツ「へへw」



717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 21:27:24.98 ID:peN6vdrro

アーヴァイン「聞いたよ。ここ、勇者さんの故郷なんだって〜?」

バッツ「おうよ。忍者グッズが名産品だ!」

キスティス「巻物がいっぱいありましたね。新しい青魔法がラーニングできそうですわ」ホホホ

セルフィ「しゅりけんつかいた〜い!」

ゼル「普通の村に偽装した忍びの村・・・燃えるぜ!」


ハハハハハハ・・・・・・


スコール「何馴染んでんだよ・・・」

ファリス「まぁ、人柄だな」


『仲間が バッツと 談笑している!』


スコール「いつまでくっちゃべってんだ」イライラ

ファリス「おいバッツ、そろそろ」

バッツ「おーそうだな。わりぃわりぃ」


バッツ「で、どうする?」


スコール「何が」


キスティス「どうしましょ」


スコール「だから何が」


アーヴァイン「言いにくいよねえ」


スコール「だから何がだよ!」


セルフィ「なんていうか〜」


スコール「・・・・?」


ゼル「〜〜〜」ギュ


スコール「おいチキン、何口塞いでんだよ」

スコール「言えよ前科一犯!何隠してるんだよ!」

スコール「はやく口滑らせろ!」

ファリス(前にもなんかやらかしたのか・・・・)

スコール「サプライズはもういいから!合流できたんだからはやく帰ろうぜ!」


バッツ「やっぱ言いにくいか〜」


ファリス「まぁ・・・な」


スコール「???」



719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 22:52:18.72 ID:peN6vdrro

バッツ「ええと、なんだ、その」ポリポリ

バッツ「お前の親父さんの作戦。互いの存在を信じ合うだっけ?」

スコール「そーだよ。お互い繋がってるから時間圧縮でも存在できるんだ」

ファリス「帰り方も説明されたろ」

スコール「だから、自分の時代を思い浮かべて、そいで帰る・・・」

スコール「それにはみんなで同じ時代を思い浮かべないといけないんだ。一人でもミスると時間の狭間におっこちちまうからな」

バッツ「そうか、うん・・・そうか」ボリボリ

スコール「だからみんながいるんだよ。みんなで自分達の時代に帰るんだよ」

スコール「わかったらどけよ。邪魔すんな!」


全員「・・・・」


スコール(なんだよこの空気・・・俺間違った事言ってねーだろ)




ゼル「 」

セルフィ「 」

キスティス「 」

アーヴァイン「 」




スコール(お前らはなんで黙ってるんだよ。なんとか言えよ)

スコール(一緒に帰るんだろ?さっさといこーぜ)

スコール(こんな所、用事ないだろ?)


『全員 黙りこくっている!』



ヒュゥゥゥゥゥ・・・・・


バッツ「あ、風」

ファリス「冷えてきたな・・・」

スコール「・・・・わかった。確かにここは二度とこれない激レアダンジョンだ」

スコール「だから特別に一泊許してやる」


全員「・・・・・・」


スコール「ったくミーハー共が・・・・おいクソ勇者、家入れろ」

スコール「俺らを野宿させる気か?あったかいスープでももてなせ」


バッツ「・・・・」


スコール「なんで黙るんだよ!はよ案内しろよ!」


ファリス「・・・後ろ見てみろ」


スコール「!?」






720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 22:53:26.61 ID:peN6vdrro


『風が 花びらを 何枚か 吹き飛ばし』



スコール「な・・・」




全員「・・・・」




ファサァ・・・・




『その裏から 石に刻まれた文字が 浮かび上がった!』








【ゼル・ディン ここに眠る】

【セルフィ・ティルミット ここに眠る】

【キスティス・トゥリープ ここに眠る】

【アーヴァイン・キニアス ここに眠る】








スコール(なんだよ・・・これ・・・!)



721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 22:57:37.50 ID:peN6vdrro

バッツ「お前が寝てる間にな・・・せっせと作ってたんだわ」

スコール「・・・」


ブチ


スコール「ふ・・・ざけんなよボケェーーーーッ!!悪ふざけにもやってイイ事と悪いことがあるだろ!?」

スコール「俺の仲間の墓石だ!?なんでこんなもん作ってんだよ!!」


バッツ「・・・・」


スコール「冗談でしたで済む事じゃねーぞ・・・見ろよ!」

スコール「俺の仲間はまだ生きてるだろ!言ったろ!?みんなで一緒に帰るんだよ!!」

スコール「お前らも黙ってないでいい加減何とか言えよ!!」



全員「・・・」



ファリス「・・・お前らの口から説明しないと、こいつは納得しないぞ」


スコール「!?」


バッツ「どれが最後の言葉になるかわかんねえ。慎重にな」


スコール(慎重・・・最後・・・・?何を言ってるんだ!?)



アーヴァイン「あ〜・・・なんだい、その」

キスティス「私達、あなたと一緒にいけないの」



スコール(は!?)



セルフィ「えっと、え〜っとぉ・・・」



スコール「な、なんで!?一緒に行けないってどういう事だよ!?」

スコール「おおおお前らまさか!ここで俺を置き去りにするつもりか!?」



セルフィ「そうじゃなくて〜・・・」チラ

ゼル「〜〜〜」



スコール「おいチキン!いつまで口塞いでんだ!」

スコール「一体どういう事だ・・・・納得するまでトコトン問い詰めるからな!!」



『スコールは ゼルに 組み付いた!』







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。