【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 061

590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/23(月) 22:30:25.05 ID:Yp0M+WpCo


アルティミシア「さらぁに!プラスの効果により追随効果が発生するッ!」




バ サ ァ ッ !





【COMBO!】


card22.gif



【リ】2 − 【ア】8




ヒラ・・・ヒラ・・・ヒラ・・・




ファサ




アルティミシア「決まった・・・」キリ





全員「 ウ オ オ オ オ オ ー ー ー ー ー ー ッ ! ! 」













リノア「 ち ょ っ と ま て ぇ ー ー ー ー ー ー ッ ! ! 」



595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/23(月) 22:37:30.38 ID:Yp0M+WpCo

ギルガメッシュ「姉さああああああああん!」

アパンダ「やった!やった!消えずにすんだ!」

アルティミシア「ハハハハ、じゃれるなじゃれるな」



ワァァァァァァァ・・・・・・



ド ン ッ ! !



リノア「 ま て や ! 」



全員「・・・・」



アルティミシア「さて、キレイに決まった所でっと・・・・」ガサゴソ

リノア「へいへいへいへい!ちょっとそこのおねーさん!待ちなよ!ちょっと待っておねーさん!」ガタッ

アルティミシア「カンパーイ」チーン

リノア「乾杯じゃねーだろ!?待てや!なんだあのカード!?」

アルティミシア「おいおいおいおい物言いか?勘弁してくれよ」フフッ

アルティミシア「一度配られた手札はリセットできないと、そう取り付けたのはお前だろ」グビ

リノア「不正の確証がないならな!だがお前の場合は別だ!」

リノア「みろっ!なんだこのカード!?こんなカード存在しねーよ!」

リノア「こんなあからさまな贋作使いやがって!こんなもんがまかり通るかッ!」バン!

アルティミシア「ほう、そのカードが偽者であると?」

リノア「あると?じゃなくて偽者そのものなんだよ!こんなカードねえだろがッ!」

リノア「こんなのがまかり通るならみんな全カード全部Aにしてるわッ!アホかッ!ボケッ!」ビキビキ

リノア「一辺死ねっ!」ギャース



596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/23(月) 22:39:13.40 ID:Yp0M+WpCo

アルティミシア「もう・・・うるさいな。だったら」

アルティミシア「それらの審判を下すのはジャッジだ。お前が決める事じゃない」

アルティミシア「と言う訳でジャッジに聞いてみよう。おーい、ジャッジ」


オメガ「・・・・・・」


アルティミシア「こいつが私のカードを偽者だと言うんだ。ひどくないか?」

リノア「いつどこで誰がこんなカード使ったよ!オメガ!こんなあからさまな不正、アタシは絶対認めないよ!」

リノア「こんなもん通してたまるか! 全 力 で ! 抗議するからな!!」ガオーッ


アパンダ「こ、こわ〜・・・」

ギルガメッシュ「いや、うん、まぁ、そらそうだろ」



オメガ「・・・・・・」



リノア「見てよこれ!全部Aって、あからさまな贋作じゃん!」

アルティミシア「だから、アルティミシアだからAなんだろって」グビ

リノア「黙れババア!トランプじゃねえんだよ!オメガ!スキャンしろ!」

リノア「絶対正規のカードとは別の反応を示すはずだ!それが不正の証拠!贋作の限界ッ!」



オメガ「・・・・」



リノア「 は や く し ろ ッ ! 」



597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/23(月) 22:41:28.05 ID:Yp0M+WpCo

【スキャン中........】


アルティミシア「勝利の美酒に勝るものなし・・・」フゥ

リノア「どこがだ!無駄に引っ張りやがって・・・目に見えてわかるイカサマじゃねーか!」



オメガ「デマシタ」



リノア「ッ!」ガタッ

アルティミシア「結果は?」



オメガ「スキャンノ結果・・・・」


オメガ「トリプルトライアド正規カードトノ一致率、【99,9999999%】以上」


オメガ「ヨッテコノカードハ、”正規ノカード”ト判断デキマス」




リノア「 な わ け ね え だ ろ ッ ッ ! ! 」ビキッ!




アルティミシア「ジャッジの意向に逆らうのか?」



オメガ「・・・・・・・」


リノア「ハッそうか!お前ら最初からグルだったんだな!?」

リノア「平和的だの公平だの言っといて、結局は最初からアタシをハメるつもりだったんだ!」

リノア「ジャッジとグル!考えたね!?まさかそんな手段でくるとは思わなかったよ!」

リノア「最初からこれは出来レースだったんだ!アタシをハメる罠だったんだ!」

リノア「アタシは騙されないよ!そうと知った以上、アタシは絶対負けを認めない!」

リノア「だからカード勝負そのものが無効だろォ〜〜〜〜〜〜!」ビキビキビキ



アルティミシア「愚かな奴め」グビ


リノア「あん!?」ギロ


アルティミシア「何故オメガが正規のカードと判断したのか、本当にわからないのか」キッ


リノア「・・・・」






598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/23(月) 22:55:12.87 ID:Yp0M+WpCo

アルティミシア「ここ、ドール公国は一部の人間から聖地として崇められているそうな・・・」

アルティミシア「何故かわかるか?」

リノア「・・・帝国だったからだ。かつてここは帝国としてガルバディア全土の覇権を握っていた・・・・」

リノア「その名も神聖ドール帝国。歴史マニアは崇めるかもね」

リノア「でもそれがなんだッ!カード偽造の理由にはなってないッ!」バッ

アルティミシア「なるんだよ。タワケ」

リノア「!?」

アルティミシア「かつて栄華を極めた歴史ある大国。その面影は豪華絢爛な建築物に随所に表れている」

リノア「・・・・」

アルティミシア「歴史が深いと言う事は文化が根付いているという事だ」

アルティミシア「この独特の様式の建物。電波塔。パブの2Fのカジノらしき設備、etc・・・・」

アルティミシア「かつての時代を暮らした先人の、一つ一つの夢、思い、魂が宿る街、とも言えるだろう」

アルティミシア「そしてその思いは時を駆け、今を生きる人々にも・・・」

リノア「・・・・・」

アルティミシア「お前、ガルバディアの出身だろ。この街には何度か来た事があるはずだ」

リノア「小さい頃の旅行と・・・スコール達と出会ってからいった数回だけ・・・」

アルティミシア「そこで何か、思い入れは?」

リノア「ねーよ。こんな小さな街。かつては栄えていたのかも知れんけど」

リノア「あったのは下らない宝探しイベントに面倒なカードイベント。どれもわざわざ寄り道してまで来る程の事じゃなかったね」

アルティミシア「お前にとっては・・・・その程度の認識なんだな・・・」ハァ

リノア「なんか文句あんのかよババア」

アルティミシア「いいか?ここは”特別な場所”なんだ」

アルティミシア「お前の知らない、お前の記憶にはない、もう一つの運命の場所。はじまりの場所」

リノア「誰のだよ」


アルティミシア「スコールだよ」


リノア「ッ!?」


アルティミシア「はじまりは誰にもある。はじまりはお前だけじゃない」

アルティミシア「お前にとってのはじまりの場所は大統領官邸。しかしスコールにとっては・・・・」

アルティミシア「自分の運命を決定づけた場所。土下座までして戻りたかった場所」


リノア「 」ハッ


アルティミシア「魔女の系譜へと介入していくキッカケになった場所、もうひとつの恋が生まれた場所」

アルティミシア「お前と出会う前の話だ」


リノア「Seed・・・試験・・・・!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。