【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 042

387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/20(金) 20:45:10.57 ID:KfN1MHtTo


スコール「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」グイ


スコール(時が違えば人は変わる!このワインと同じだ!)ゴキュゴキュ

スコール(ワインだって寝かせる事で味が変わるんだろ!?だから長い時間をかけて保存しとくんだろ!?)ゴキュゴキュ

スコール(同じなんだよ!このクッソまずい飲み物だって、いつかうまいと感じる時がくるんだ!大人になって覚える事もあるんだ!)ゴキュゴキュ

スコール(うまかねえよこんなもん!金貰っても飲みたかねえよ!だがお前ら大人になった人間は大金詰んででも飲みたがるんだろ!?)




ブブーーーーーーーッ!!



リノア(外)「 」ベチャア



スコール「お・・・・おお・・・」クラァ




『意識が 朦朧と し始める!』




スコール「そ・・ろそ・・・ろ・・・・なく・・・なる・・・・」


スコール「・・・・・」



チャポ




スコール「らぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」グイ



389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/20(金) 20:50:08.50 ID:KfN1MHtTo

スコール(お前の死に際の言葉!伝えようとした言葉!伝えたかった事!)ゴキュゴキュ

スコール(わかってるよ!全部わかってる!お前が長い時間をかけて気づいた事!命を賭けて教えたかった事!)ゴキュゴキュ




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「思い出したことがあるかい」「子供の頃を」

「その感触」「そのときの言葉」「そのときの気持ち」

「大人になっていくにつれ」「何かを残して 何かを捨てていくのだろう」

「時間は待ってはくれない」「にぎりしめても」「ひらいたと同時に離れていく」


「そして…」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



スコール(過ぎ去った時は戻らない!そう、開いたと同時に離れていく!)


スコール(そして・・・・・・・・そこから先は・・・・)ゴキュゴキュ




ゴキュ・・・・ゴキュ・・・・ゴキュ




スコール(離れていく・・・・時と・・・・同時に・・・・・)



スコール(近づいてくる・・・・時間・・・・・・・・)



スコール(考えた事・・・・あるか・・・・・大人になった・・・・・自分・・・・)




スコール(それは・・・・)












(―――――― らい)












パ リ ィ ィ ィ ィ ィ ィ - - - - - - ン



392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/20(金) 21:01:48.10 ID:KfN1MHtTo

ィィィィィィィィーーーーーーーーーー



ィィィィィ・・・・・・・・




ィィ・・・・・・・・




・・・・・・・・



・・・






パチ





リノア「・・・?」

バッツ「ハァ・・・・ハァ・・・気づいたか・・・嬢ちゃん・・・・」


リノア「・・・なんで息切れしてんのよ」

バッツ「酔ってぶっ倒れたおまえを担いで、ここまで全力で走って来たんだよ!」

リノア「はぁ・・・・」

バッツ「ったく・・・・ガキはせめてカクテルとかにしとけよ」

リノア「うっさいわ。自分で飲んだわけじゃないわよ」

リノア「で・・・ここ、どこ?」

バッツ「いや俺も知らんし・・・」

バッツ「とりあえずお前の中にあったから全力で避難してきただけだ」

リノア(アタシの中・・・・?)

バッツ「夕焼けがキレイだなー」

リノア「ッ!? ここ!」バッ





・ドール 電波塔前



393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/20(金) 21:02:42.36 ID:KfN1MHtTo

リノア「ド、ドール!アタシが無を放って飲みこんだ・・・・!」

バッツ「んだよ・・・ここもお前が飲みこんだんじゃねえか・・・」

リノア「なんでよりにもよってドールなのよ!約束の場所は!?」ガバッ!

リノア「アタシはあそこでスコールを待たないといけないんだ!何運んでくれちゃってんのよ!」

バッツ「え、いやだから(ry

リノア「いいから元せよクソ勇者〜〜〜〜〜!」ブンブンブン

バッツ「あだだだだッ!ちげえって!話聞けよ!」

リノア「あん!?」ギロ

バッツ「お前、酔っぱらってぶっ倒れたろ?だから・・・・」

バッツ「内面世界の主のお前が気絶しちまったもんだからよぉ」



リノア「〜〜〜〜」ヘニャ



リノア「消え・・・・た・・・?」



バッツ「そーゆーこった」パンパン

バッツ「ここに運んだのは、ここが内面世界じゃなくて実物の街だったからだよ」

バッツ「ここなら嬢ちゃんが倒れようがゲロ吐こうが消えねーからな」

バッツ「感謝しろよ?」キリ



リノア「約束の・・・場所が・・・・」



バッツ「感謝しろっての」






394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/20(金) 21:03:37.21 ID:KfN1MHtTo

リノア「そ・・・んな・・・」ガク

バッツ「待ってるとか言ってたけど、待ち合わせ場所だったのか?」

リノア「そう・・・よ・・・スコールと約束した・・・場所・・・・」

バッツ「まぁ、あんなバカでかい花畑早々ないしなぁ」

バッツ「待ち合わせには、最適だなw」

リノア「そういう・・・事じゃ・・・ない・・・わよ・・・」ガク

バッツ「・・・凹んでんなぁ」


リノア「・・・・・・・・・」ズーン


バッツ「・・・まぁいいか」ドサ

バッツ「今回はさすがの俺も疲れたわ」

バッツ「どこだっていいじゃん。ここも待ち合わせに最適だろ」

バッツ「でっかい塔があるしな。場所変更したって言えばOKだよ」ゴロン

リノア「どうやって・・・・伝えるんだよ・・・・この単細胞・・・」

バッツ「未来の街かぁ〜・・・やっぱウン万年も経つと違うな」フワァ

リノア「・・・・・・・・・」



・ ・ ・ ・ ・ ・ 



リノア「・・・・おい単細胞」

バッツ「なんだよその仇名。やめろよ」

リノア「お前は何の為に戦ってたんだよ」

バッツ「はえ?なんでんな事聞くんだよ」

リノア「なんで勇者になったのか聞いてんだよゴルァ!」ドン!

バッツ「怒んなよこええな・・・つっても、勇者の理由ねえ・・・」

バッツ「え〜っと、え〜っとぉ・・・・」

リノア「・・・・・」

バッツ「・・・・なりゆき?w」

リノア「・・・・もういい」ハァ

バッツ「いやwマジなんだってw」

リノア「折角勇者の言葉が聞きたかったのに・・・一発で萎えたわ」

バッツ「ちげえってwマジで!なんか風の神殿とかいう所に行くハメになってそしたら(ry

リノア「どうせそれも成り行きだろが・・・」

バッツ「お、おう」キリ

リノア「もう黙れよお前・・・・」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。