【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 023

165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:25:29.82 ID:F5yxkurlo

バッツ(流れ・・・かえさせてもらったぜ?)

リノア「〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」ビキビキビキィ!



スコール「ちょ、お前らあれやれ!円陣組んで、人間ネット!」フヨフヨ

アーヴァイン「君がしっかり立てばいいじゃない」

スコール「バカヤロォーーーーー!俺は寝起きだぞ!?そんな状況でそんな器用なマネができるかッ!」ジタバタ

ゼル「俺らも寝起きだっつの」

キスティス「もう、しゃんとしてよ」

セルフィ「力抜いてスコール〜」

スコール「はい」ダラン



リノア「が・・・・あいつら・・・あいつらも!お前の仕業かッ!!」

バッツ(あいつらは・・・俺も仕組みはよくわかってねーんだけど)

バッツ(どうやら、あっこから出てきたっぽいな)

リノア「ッ!?」ギロ


スコール「明鏡止水な感じで」フワー

セルフィ「だらけすぎ〜!」

キスティス「くるわよ。みんなでキャッチしましょ!」




『突如湧いてきた 仲間の後ろには』




リノア「バ・・・かな・・・・」

バッツ(あれようわからんけど、延命の樹なんだろ?)

バッツ(だったらあっこからでてきたんじゃねーの?知らんけど)




『聖樹ユグドラシルになった実が』




ドサ



ゼル「しゃあ!キャッチ成功!」

アーヴァイン「キミ、ドローポイントみたいだね」

スコール「うっさいボケ。俺はGFか」

セルフィ「作戦成功〜!」

キスティス「全く、一人で先先いっちゃうんだから」





『等身大サイズで 割れている!』



166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 01:44:55.95 ID:F5yxkurlo

リノア「聖樹の実が・・・命を吹き込んだ・・・!?」

バッツ(エクスデスがまさかの聖属性ってのにも驚きなんだけど)

バッツ(あ、そっか。エクスデス(死を超える)ってそういう事か)

バッツ(あれ?これなんてーんだっけ)

リノア「死を・・・・超えた先・・・」



(光と闇の輪廻の所業、光と闇の果てに一体何を求めている?)



リノア「輪・・・・廻・・・・!?」

バッツ(あ、そうそうそれそれ)



ゼル「とりあえずよぉ、なんだ、その」

ゼル「おかえり!」

キスティス「おかえりなさい」

セルフィ「おかえり〜」

アーヴァイン「君が戻るのを待ちわびたよ」フゥ

スコール「・・・ただいま!」



リノア「〜〜〜〜〜!」ガバッ

リノア(ちょっと待って?意味わかんない?聖樹ユグドラシルから人が?どういう事?)

バッツ(お〜い大丈夫か?)

リノア(あれは世界延命の樹・・・そもそもあの薔薇女、輝力なんてろくすっぽ溜まってなかったはず・・・)




ライトニング像「 」ユラ・・・・・



リノア「!?」




ユラ・・・・ユラ・・・・



ゴ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ! !




バッツ(ぶわっぷ!なんだこれ!)

リノア(こ・・・れは・・・)




『ライトニング像から 混沌が吹き荒れる!』



167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 02:08:20.30 ID:F5yxkurlo


ゴォォォォォォォ・・・・・・・・



スコール「ねーやん像が・・・」

セルフィ「あれなに〜?」

キスティス「ちょっと状況がよくわかんないわ。説明願えない?」

スコール「安心しろ。俺もさっぱりわからん」

アーヴァイン「ちっとも安心できないよ〜」

ゼル「お前マジで寝てただけかよ・・・」



コロコロ・・・ポタ



スコール「お?」


リノア「ん?」



スコール・リノア「これは・・・」



【ソウルシード】



ゼル「なんだそれ。便秘薬?」

スコール「これ・・・夢の中でみた・・・」

スコール「なんだっけ。ええと」



リノア「命の・・・種!!」




○「・・・・・・・・・・・・」コォォ




リノア「じゃあ!じゃあ!じゃあ!」

リノア「これって・・・・・!」




ゴォォォォォォォ・・・・・・・・





【シ界発生】






168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 02:12:20.86 ID:F5yxkurlo

スコール「・・・・なんか力が溢れてくるんだけど」

ゼル「あ、お前も?なんか俺もなんだよね」ムキ

キスティス「魔力が溢れてくるわ」キーン

セルフィ「今ならなんでもできそ〜!」ピョン

アーヴァイン「僕には・・・あ、あまり関係なさげ」ショボーン

スコール「お前の場合は銃の性能次第だろが」

アーヴァイン「僕にも覚醒させてくれよ〜」

スコール「ハミゴw」


【シ界】高密度の混沌に覆われた領域。この中では混沌の影響で”混沌由来”の生物が大きくパワーアップする


スコール「あ、種また発見」ヒョイ

キスティス「なんなの?これ」

スコール「口臭を抑えてくれる薬」

キスティス「な・・・ッ!」

スコール「よく噛んで飲め」ニッコリ

ゼル「食いもんじゃねーよ」

アーヴァイン「不思議な力を感じるねえ」


バッツ(命の種、かぁ)

バッツ(ちっちぇーな。これかき集めれば人ができんのか?)

バッツ(ってじゃあいくらかき集めればいーんだよって話しで・・・・そう思わね?)



リノア「ウウウウ〜〜〜〜〜〜〜〜〜」ガバッ



バッツ(お、おい?)



『不測の事態続きに リノアの頭が 追いつかない!』



169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/17(火) 02:13:19.37 ID:F5yxkurlo

リノア「なんで・・・・混沌が・・・この場に・・・・こんな高密度で・・・」ガシィ

バッツ(考えてもわかんねって。いーじゃんそんなの。所謂不思議パワーだろ)

リノア「馬鹿は黙ってろ・・・・この謎を解かない限り・・・この状況を理解しない限り・・・・!」グシグシ


リノア「----」ハッ


(全ての時間を圧縮し、永遠を目指す魔女、アルティミシア)


○「・・・・・・・・・・・・・・」


リノア「おばさん・・・!」

バッツ(え)

リノア「そうか・・・アルティミシアが・・・・時間を圧縮したから・・・・」ブツブツ

バッツ(ちょっとこんがらがってきちまった。嬢ちゃん、俺にも教えてくれよ)

リノア「黙ってろって言ってんだろ!!くそ・・・・こんなはずじゃ・・・・!!」ワシャワシ



スコール「・・・・・・」



(リアルが辛いなら、逃げてもいいんだよ)



スコール「リアルが辛いなら・・・・逃げてもいい・・・・」



(離れて振り返ってみると、案外簡単に乗り越えられたりして)



スコール「・・・・」クル



ゼル「で、後はどうする!?」

セルフィ「作戦会議?リノアなんとかするぞ作戦?」

キスティス「あまりボヤボヤしてられなさそうね」

アーヴァイン「大丈夫、今度は外さないからさ〜」



(たまにはちょ〜っと離れて、後ろを振り返れば・・・なんとかなるかも?)



スコール「・・・案外簡単だったりして」ボソ







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。