【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 016

108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 00:53:01.14 ID:WCwy0VAdo
ルミナ「とりあえず、一つ一つ考えていきましょ」

ルミナ「まずは目の前のこれ」


【セーブポイント】


ルミナ「これは何のために使う奴?」

スコール「え、だから、記録を保存する為の・・・」

アデル「でもこれは偽者だぞ」

ルミナ「そう。しかも規則正しく並んでいる」

ルミナ「これは何かの意味があるんじゃない?」

スコール「なんの?」

ルミナ「それをあんたが考えるのよ」

スコール「んな事言われてもだな・・・・」


ピコ・・・・・ピコ・・・・


ルミナ「メモリーカードとやらのブロック数と同じってのも気になるわね」

アデル「所で、メモリーカードがないとどうなるのだ?」

スコール「は?セーブできねーに決まってるだろ」

アデル「具体的には?」

スコール「具体的にって・・・そんな状況考えた事すらないわ」

ルミナ「だったら考えてみよ?今は何がヒントになるかわからないもの」

スコール「え・・・メモリーカードがなかったら・・・・?」

スコール「カードが刺さってませんって言われて・・・・だからセーブできなくて・・・」

ルミナ「それから?」

スコール「じゃあ最初から付属しとけよって思ってムカついて・・・」

ルミナ「キミの感情は知らないよw」

スコール「余計こんがらがってきた・・・」

スコール「ハァ・・・・俺の頭ってなんでこんなに意味不明なんだろ・・・・」

スコール「なんか鬱になって来たわ」ガク

アデル「鬱には筋トレがいいぞ!スクワットでもやるか?」

スコール「やるか・・・んなもん」


ルミナ「じゃあこれは?」


【8×2】



109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 00:54:01.76 ID:WCwy0VAdo

ルミナ「この数字になにか、見覚えない?」

スコール「8×4なら見覚えあるけど」

ルミナ「それはみんな知ってる」

アデル「爽やかな気持ちになるよな」

スコール「8×2って・・・んなもん・・・」

ルミナ「まぁ、合計16って事よね」

ルミナ「はちにじゅーろく。こんなの子供でも分かるわ」

アデル「そ、そうなのか!?」ガーン

ルミナ「・・・もしかして知らなかった?」

アデル「勉強などろくすっぽやった事無かったから・・・」イジイジ

ルミナ「あんた見た目とのギャップなさすぎ」

スコール(くだらない掛け算だ・・・九九なんてガーデンの年少クラスでもわかるぞ)

スコール(しかしそれに何の意味が・・・・?)

アデル「やっぱり私は計算力よりも体力だな!」フンフンフン

ルミナ「スクワットすんな」

スコール「まぁこいつは脳筋だし・・・ん?」

スコール(体力・・・・16・・・・)

アデル「筋肉は偉大なり!!」

スコール(・・・・?)




――愚かなる者よ、何故に闘いに身を置く




スコール(この言葉は・・・・・)




―我らを力として使うとは・・・恐るるべきは人間共よ




スコール(力・・・偉大なる・・・力!)






110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 00:55:08.44 ID:WCwy0VAdo

アデル「日々の地道なトレーニングだけが、筋肉を発達させるのだ!」

ルミナ「そんだけありゃ十分でしょそれ」

スコール(それを短期間で手に入れる方法がある・・・)




―よかろう。ならばワレの『力』をお前達に貸してやろう


―長き眠りで我が『力』も衰えたか・・・・・・・


―ソノ『力』ミセテモラッタ





スコール(じゃあ・・・・これ・・・・!)




【バラ色の髪】【おねえちゃん】【時間圧縮】

【大事な人】【隠れ巨乳+サンダガ】【庭園で眠る使者】

【無限】【ペアリング】【悩み】

【わんちゃん】【ルナパンの上】【はじまり】

【Eyes On Me】【花火】






ピコンッ





ルミナ「ん?」

アデル「どうした?」



スコール「わかった・・・セーブポイントの謎・・・」



ルミナ「え、ウソォ!?」



112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 00:57:50.16 ID:WCwy0VAdo

スコール(俺の仮説が正しければ・・・・おそらく・・・)


(力を示せ。運命の使者)


スコール(力を示す・・・・誰に?)

スコール(そう・・・それは・・・・)




【メモリーカードをチェックしています......】

■■■■■□□□



スコール(やっぱり・・・・・・)

ルミナ「どういう事なの?」

スコール「16個並んだセーブのできないセーブポイント・・・」

スコール「セーブできなくて当然だ。何故なら」

スコール「これはセーブ”スロット”の方だったんだ」

ルミナ「それって〜・・・」

アデル「メモリーカードだな!」クワッ

スコール「まさかお前からヒントを貰うとは思わなかったよ。ゴリマ」



■■■■■■□□



スコール「そしてセーブスロットに示す”力”は・・・・たった一つ!」

ルミナ「今までの・・・メモリー(記憶)・・・」




■■■■■■■■




プァン



============================

【バラ色の髪】【おねえちゃん】【時間圧縮】

【大事な人】【隠れ巨乳+サンダガ】【庭園で眠る使者】

【無限】【ペアリング】【悩み】

【わんちゃん】【ルナパンの上】【はじまり】

【Eyes On Me】【花火】】【空きスロット】

【空きスロット】

============================



113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/16(月) 00:59:29.61 ID:WCwy0VAdo

スコール「頭痛を感じたワードはセーブデータ。セーブポイントはセーブスロット」

アデル「うむ、だから16個だったのだな」

ルミナ「ロード用のデータだったんだ・・・・・」

ルミナ「じゃあ、足らないワードは!」

アデル「残り二つ!」


スコール「・・・・・・」


ルミナ「大丈夫なの?残りのワード、アテあるの?」


スコール(ああ、あるとも)

スコール「そしてセーブポイントの並び方。これが頭痛の原因・・・・」

スコール「このまま読みこめば出てくるはずだ。残りのワード!」



(新しい居場所を作る。自分達の手で、自分達の居場所を作ろうと)



アデル「・・・」

スコール「さあ出てこい!封じられた俺の記憶!記憶を隅に置いやった張本人!」



【セーブデータを読み込んでいます..........】



スコール「顔なしの顔を奪い去った犯人!ずっと一緒にいた、もう一つの俺のパーティ!」




スコール「 ガ ー デ ィ ア ン フ ォ ー ス ! 」




『全てのデータを 読み込んだ!』




カ ッ




ケツアクコァトル、シヴァ、イフリート、セイレーン、ブラザーズ、ディアボロス カーバンクル リヴァイアサン

パンデモニウム、ケルベロス、アレクサンダー、グラシャラボラス、バハムート、サボテンダー、トンベリ、エデン







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。