【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 エンディング - 001

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/14(土) 12:22:39.92 ID:ySTsEuEMo

(・・・・ねえ、スコール)


(これからは・・・ずっと一緒だよ?)


(ここなら、辛い事も悲しいことも、全部忘れさせてくれるから・・・・)


(全部忘れて、永遠の安息を・・・)


(そう、ここは、不浄なる記憶を洗い流す)


(忘却の彼方・・・・)


(誰もあなたを傷付けない)


(誰もあなたを不安がらせたりしない)


(誰もあなたに恐怖を植え付けない)


(出してもいいんだよ?本当の自分)


(出してもいいんだよ?心の叫び)


(全部、全部アタシが受け止めてあげるから・・・・)



(・・・一つ聞いていい?)


(あのねスコール)


(スコールの本当に好きな人って、誰?)



(ホントウニ スキナヒトッテ ダレ?)


(ホントウニ スキナヒトッテ ダレ?)


(ホントウニ スキナヒトッテ ダレ?)



ホントウニスキナヒトッテダレ? ホントウニスキナヒトッテダレ? 



ホントウニスキナヒトッテ・・・・・



ダ・・・・・・レ・・・・・・


・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・


・・・



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/14(土) 12:24:08.02 ID:ySTsEuEMo

・・・


・・・・・・



・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・ァァァ





「・・・・・おねえちゃん」


「ぼく・・・ひとりぼっちだよ」


「でも・・・がんばってるんだよ」






ザァァァァァァァァ・・・・・・・・







(・・・・)




「おねえちゃになくてもだいじょうぶだよ」


「なんでもひとりでできるようになるよ」






ザァァァァァァァァ・・・・・・・・










(また・・・これかよ)



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/14(土) 12:25:19.87 ID:ySTsEuEMo

ザァァァァァァァァ・・・・・・・・



(我ながら見ていてイライラする)


(どうしてこう、情けない奴になっちゃったかな)



(・・・・・)



(・・・・ダメだ。思い出せない)


(いや、思い出したくないだけか。どうせ思い出した所で、つらいだけ)


(つらい事は全部忘れて・・・・そう、ここは)


(永遠の・・・・中・・・イヤな事を全部忘れさせてくれる・・・・)


(忘却の・・・・彼方・・・・・)




ザァァァァァァァァ・・・・・・・・




ァァァァァァ・・・・・・・





ァァァ・・・・・・・







「ごきげんよう。庭園で眠る使者さん♪」






( ! ? )



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/14(土) 12:27:14.70 ID:ySTsEuEMo


(だ、誰だ!?)



「あらら、かわいそうに・・・・こんな小さい子なのにね〜」


「よし、よし♪」




(なんだこいつ!?・・・・ん?)


(いや、俺、こいつを知ってる・・・でも、なんだろう)

(なんだこの違和感・・・・)





「は〜あ、まったく。怒れる神様を起こしてくれちゃって〜」


「もっと、しっかりした奴だと思ってたのに〜」プンプン




(バラ色の・・・髪の女・・・・)





「あ、そうそう。自己紹介がまだだったねっ」




ルミナ「アタシはルミナ。あなたがよく知るはずの者っ」




(・・・・・)




ルミナ「ここはキミの内なる領域。神様に見えない不可視の世界。つまり、あなたの心の中ね」






(・・・何しに来た)






8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/14(土) 12:28:58.52 ID:ySTsEuEMo

ルミナ「へこたれてるようだから〜励ましにきたのっ!」

ルミナ「てへへ、ここはあなたの心の中なのに、風景はいつも土砂降りの雨・・・・」

ルミナ「この男の子も〜内なるキミの、もうひとりのキミっ」ナデナデ

ルミナ「嫌悪感を抱くのは、無力な自分が許せないから?」

ルミナ「自分に向けた怒りが、自分自身を壊すから」

ルミナ「だから心を閉ざしたんだね。機械のようにクールを演じてさっ」



(・・・・ひとつ、いっていいか?)



ルミナ「ん?なぁに?」



(おまえ、なんかうざい)



ルミナ「・・・・・」



(いやほんまに。それはもう無条件に)





ザァァァァァァァァ・・・・・・・・





ルミナ「ちょっとなにそれ〜。ひどくない?」



(意味もなくぶん殴りたいと思ったのはお前で二人目だ))



ルミナ「DV反対〜!こんなかよわいおにゃのこにっ!」プンプン



(・・・)イラ



ルミナ「でもま、いまのキミなんてこわくないかな〜」ニヤニヤ

ルミナ「殴れるもんなら殴ってみなさいな。無力で一人じゃなんにもできない獅子クン♪」





スコール「わかった。[ピーーー]」



ルミナ「はや!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。