【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 後編 - 022

842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/22(日) 00:14:46.64 ID:84J9qrBgo

リノア「・・・」チラ


スコール「・・・・・・・・・・・」

アルティミシア「・・・・・・・」


リノア「・・・・・」

リノア「思い出すまで・・・・”ここで待って”てあげる・・・」


スコール(待つ・・・・ここで・・・・)



(誇り高くて・・・強い?スコールみたく?)


(そうだといいけどな)



ヒラ・・・・・ヒラ・・・・



ピト


スコール(羽・・・・光と闇・・・白と黒・・・)

スコール(約束の場所・・・・始まりの部屋・・・・)

 

Fithos Lusec Wecos Vinosec



(このライ・・・・オ・・・ン?って、名前はあるの?)


(もちろんさ・・・)



リノア「アタシとスコールしか知らない、二人だけの記憶・・・」

リノア「過ぎ去った時、もう戻らない瞬間」



(お前の思う最も強い物を召喚してやろう!)



リノア「それを知ってるのは二人だけのはず・・・なのに」


アルティミシア「・・・・・・!」



リノア「ねえおばさん」


リノア「あなたはだぁれ?」





【Q】あなたはだれですか?



844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/22(日) 00:20:34.62 ID:84J9qrBgo



ヒラ・・・・ヒラ・・・



ズバァ・・・・・ッ!




リノア「うわっ!何よ急に危ないな!」


ライトニング「いつまでも戯言に付き合っていられるほど暇じゃない」


リノア「部外者は引っ込んでてよも〜」


(後ででしゃばるな部外者とか言われない?)

(やっと取り返したぜ・・・エンギドゥ〜〜〜!)

(リノアと引き離されたものの、常にリノアの気配を感じている為安心している)



ライトニング「お前らの秘密等どうでもいい。お前が無を奪い、エクスデスに代わりて無を手に入れようとしているならば」

ライトニング「ぶっ潰す!それだけだ!」ジャキ!



リノア「口悪い〜」



スコール(秘密・・・・二人だけの・・・秘密・・・)



リノア「おねえさん空気読めないとかよく言われない?w」ヒラ

ライトニング「あいつの恋人だけあって・・・口の減らない女!」ズバ!



スコール(だめだ・・・ねーやん・・・)


リノア「妬いてんの?じゃああんたも彼氏見つければいいじゃ〜んw」

ライトニング「私にそんなもの、必要ない!」ブン!

リノア「恋は女を磨くんだよっ!」ヘラヘラ



スコール(それ以上は・・・言ったらだめだ・・・)



リノア「あっやばっ!」グラ

ライトニング「今だ・・・散り果てろ!」

リノア「・・・・・」ニヤ



・・・・・



ボ ォ ウ ! ! 






845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/22(日) 00:21:26.55 ID:84J9qrBgo

リノア「あたた・・・転んじゃったぁ・・・」


ライトニング「な・・・・ぜ・・・・」ガク


リノア「不意打ち・・・食らっちゃったねえ。真後ろから」

リノア「あんたも灼熱に・・・焼かれてみる?」クスクス


シュウウウウ・・・・・・・


アルティミシア「・・・・・・」


ライトニング「アルティミシア・・・・な・・・んで・・・」



『アルティミシアは ライトニングを ふいうちした!』



リノア「おいクソアマ」グイ

ライトニング「!?」

リノア「お前もゾンビになっとくか?ん?w」ボォウ

ライトニング「・・・」ギリ

リノア「あら、意外とびびらない」

リノア「さすが神様の使い。神の加護か、もしくは」

リノア「感情が・・・欠落してたりしてw」

ライトニング「・・・・!」

リノア「おばさ〜ん、こいつどうする〜・・・」ニヤ

アルティミシア「・・・・・はなしてやれ」

リノア「おっけ〜で〜す」パッ

ライトニング「・・・・!アルティミシア!一体どういうつもりだ!」ガッ

アルティミシア「・・・・・・」

ライトニング「貴様・・・あいつの術中にハマったか!?」

ライトニング「私は治療してやるほど甘くないぞ!邪魔する者はぶっ潰す!」

ライトニング「いかにお前でも容赦しないぞ!!」

リノア「ぶっ潰されるのはお前だよ」

ライトニング「!?」

リノア「おばさん、”今”そのねーさん見てどう思う?」

アルティミシア「殺して・・・・やりたい・・・!」ギリ

リノア「だよねw」

ライトニング「な・・・ぜ・・・」

リノア「離れといた方がイイよ〜。今そのおばさん、なんとか理性でもってる感じだから」

リノア「あんまり刺激しない方がいいよん。って、どっちにしろ帰れなかったっけw」

リノア「うん、やっぱお前、ここで死ね」

リノア「ギャハハハハハハwwwww」


ライトニング「・・・・・?」



846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/22(日) 00:22:14.24 ID:84J9qrBgo

リノア「思い出した?自分が何者か」


アルティミシア「・・・・・・・」


リノア「バラのねーさんに、ムカつきだしたって事は・・・」


アルティミシア「・・・・・・・・・・」


リノア「・・・・ありゃ?まだ完全に思い出せてない感じかな?」


アルティミシア「お前の・・・言葉の・・・一つ一つ・・・が・・・・」

アルティミシア「たまらなく不快で・・・私の心を・・・乱雑に抉る・・・・」


リノア「ふんふん、なるほど、おぼろげな感じかー」

リノア「無理しないでゆっくりって言ってあげたい所だけど、あんまりチンタラしてらんないんだよね」

リノア「速くしないとアタシ、ネオリノアになっちゃうしw」



ズブズブズブ・・・・・



アルティミシア「・・・・・・・」


ライトニング「ま、丸で話が見えない!一体どうなっている!」


リノア「そこの人は薄々感づいてるんじゃないかな」


スコール「・・・・・」


ライトニング「スコール!一体どうなっているんだ!」ガシ

ライトニング「なにがなんだか・・・さっぱりわからないんだ・・・・」


リノア「スコールに触るな、クソアマ」

リノア「ほんとマジ殺すぞお前」ギロ


ライトニング「なん・・・・だと・・・」



848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/22(日) 00:23:27.65 ID:84J9qrBgo

リノア「ヒヒ・・・・このバカ女・・・・お前なんてどうでもいいんだよ・・・」

リノア「ユグドラシル?神の力?ハハッ、そんなもの・・・いらねーよ・・・」ニマァ

リノア「簡単に騙されやがって・・・・ボケが・・・おかげで本命がガラ空きだよ・・・・」



スコール「!」

ライトニング「じゃ、じゃあ!」



リノア「ああそうさ、お前は囮・・・警戒を解かせるデコイ・・・」


リノア「もう・・・遅い・・・・」




ボ ォ ウ ! !




リノア「 ア タ シ の 本 命 は こ っ ち だ ! 」




ガバッ!!



ジ ュ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ! !




スコール・ライトニング「!?」







『リノアは 自分の顔を 焼き始めた!』






リノア「 ギ ャ ハ ハ ハ ハ ハ ー ー ー ー w w w w w 」
















アルティミシア「 ぐ あ あ あ あ あ あ あ あ ! ! 」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。