【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 063

552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/08(日) 01:30:47.01 ID:msVV9TnKo

オメガ「パンダ、シャーネーワ。中カラギルガッメッシュヲ見ツケヨウ」


ゴゴゴゴゴゴゴゴ!!


アパンダ「・・・黒ジャンさーーーーん!」バッ

スコール「!?」


【アパンダの本】今迄の記録が書いてある


アパンダ「それに今までの記録を全部書いてあるっす!小難しい話とかも全部そこに書いてあるッす!」

アパンダ「あんたただでさえ忘れっぽいんだから、なんかあったらそれ見て思い出してくださいッす!」

スコール「今迄の・・・記録・・・お前はどうするんだよ!」

アパンダ「中でギルガメッシュを探すっす!黒ジャンさんはエクスデスを倒してくださいッす!」

アパンダ「じゃないと僕ら無の中から出られないっす!そんなのいやっす!」

アパンダ「それができるのはあんたらだけっす!頼みましたよ!みなさん!」


ゴゴゴゴゴゴゴ!!


エクスデス「ファファファファファ!全て吸いこまれろ!」


オメガ「テナワケデアトヨロ」

アパンダ「頼みましたよ〜〜〜〜〜!!」


スコール「お、お前ら!」バッ

アルティミシア「止まれ、あいつらの思いを無駄にしてはいかん」ガシ


オメガ「吸引力ヤベー」

アパンダ「あああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」


スコール「オ、オメガ!オメガ〜〜〜〜〜!」

スコール「パンダ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!」



ゴゴゴゴゴゴゴ!!



『オメガとアパンダは 無に吸い込まれた!』


ゴゴゴゴゴ・・・・


バチッ バチッ バチッ バチッ・・・・



エクスデス「ちぃ・・・時間切れか・・・・」



『無が おさまった!』



553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/08(日) 01:31:53.73 ID:msVV9TnKo

シュン・・・ シュン・・・


スコール「・・・・」

ライトニング「なんて事だ、あいつらまで・・・・」


エクスデス「我が野望に立ちふさがる者は、全てこうなるのだ!」


アルティミシア「取り残されて・・・しまったな」

アルティミシア「今際の言葉・・・・無に吸い込まれた者をさらに取りだす・・・果たしてそんな事が出来るのか」

スコール「ハッ!そうか、これ!」


【聖宝】


アルティミシア「それは・・・」

ライトニング「そうか・・・・聖宝!それを使えば、なんとかなるかもしれん!」

アルティミシア「でもどうやって?」

スコール「こまけえ事は後だ!とにもかくにもあいつを倒さないと話はすすまねー!」

スコール「ウド巨人ゴルァ!バッツの悲願、俺らが代わりに果してくれるわ!」

スコール「お前をフルボッコにした後、お前の種を砂漠に植えてやる!生えれるもんなら生えてみろ!」

スコール「そしてパンダとオメガとギルガメッシュの救出!セルフィたん達もみつける!」

スコール「そして元の世界へ帰る!その為にまずお前はおとなしくやられろ!ボケッ!」


エクスデス「貴様如きそんなマネが・・・笑わせるな!貴様が何をやろうとそれは『無』駄だ!」


スコール「己の存在が無駄なんじゃゴルァ!『無』は制御できねって何度いわせんだコノヤロー!」

ライトニング「できるできないの問題じゃない・・・やるしかなければ、やるだけだ!」

アルティミシア「私は時間圧縮の続きがあるんだよ。お前は邪魔だ!」


エクスデス「ファファ・・・いいだろう。貴様ら雑兵がいくら集まった所で、無の前には全てが無意味・・・」

エクスデス「悠久の時を待った・・・かつての光の意志を継し貴様ら。それを打ち砕き、今度こそ無の世界を築いてくれる!」


スコール「やってみろ!ウド野郎!」


エクスデス「無力な・・・愚か者め!」




全員「オラァーーーーーーーーーーッ!」




【エンカウント】エクスデス(大樹形態)



565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/09(月) 00:35:45.80 ID:i+moOJ/Xo

ライトニング「にしても・・・なんと巨大な・・・」

スコール「シャーーーーーッ!」ダダダダダ

アルティミシア「あ、おい!不用意に突っ込むな!」

スコール「死ねボケエエエエエエエエ!!」バッ!

エクスデス「愚か者め!」


【ホワイトホール】


スコール「うっだぁーーーーーー!」ドササ!

エクスデス「無様な。貴様如きに倒されるわしではないわ!」


スコール「 」(戦闘不能)


アルティミシア「はやすぎるんだよもぉ・・・ほら!」アレイズ

スコール「ハッ!てめーウド!よくもやりやがったな!」ムク

ライトニング「お前はじっとしてろ。まずは私が様子を見よう」

ライトニング「ハァッ!」


『ライトニングが 巨大な大樹に切り込む!』


ズバァッ!


ライトニング「!?」


エクスデス「ファファファ・・・・どこを切っておる?」

エクスデス「かゆいかゆい・・・むん!」


【フレア】


ライトニング「うぐっ!」ドドーン!

ライトニング「く・・・だめだ!でかすぎる!」


 |  || ■=  ■=  ■= |


エクスデス「む・・・この表示はいつぞやの・・・」

スコール「こんだけでかけりゃ斬り込みも増えるだろ!脳天から順に切り刻んでやるわ!」

スコール「オルァッ!」


【連続剣】


エクスデス「むう!こしゃくな!」

ライトニング「援護するぞ!そのままいけ!」バッ


【ビートダウン】【ルイン】【サンダラ】【エリアブラスト】


スコール「しゃきたーーーーーーーーッ!」キュイイイン


【ブラスティクスゾーン】






566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/09(月) 00:37:45.33 ID:i+moOJ/Xo

エクスデス「闘気の剣・・・でかい!」

スコール「サイズはぴったりだろ!ウドさんどうしてそんなにでっかくなっちゃったの!」

スコール「お礼にてっぺんからバッサリたたきってやるわああああああああ!!」


【ホーリー】


スコール「あががががががが!」ポポポポーン

エクスデス「そう易々と食らうと思うな!この青二才が!」

スコール「あ、ちょ、揺れる、ブラスティクゾーンの長さで倒れる・・・」グラグラ


ツルッ


チュドォォォォォォン!


エクスデス「ファファファ、盛大に後ろに転びおったわい」

スコール「この野郎・・・・!ブロー発動中に割り込んできてんじゃねえぞ!」

スコール「あーもう折角溜めたブラスティクスゾーンが・・・あっ」

アルティミシア「・・・」ヒリヒリ

スコール「・・・あたった?」


【騎士の剣】


スコール「あでででででで!」チクチクチクチク

アルティミシア「じっとしてろ!ボケ!」

エクスデス「ファファファ・・・この雄大な大木にそのような剣術もどきをいくつ使った所で、この身に傷一つつかん!」

ライトニング「そうかな?」


【シーンドライブ】



ライトニング「終わりにしよう!」

エクスデス「!?」


『無数の斬撃が エクスデスを襲う!』


スコール「しゃーーー!これがあったか!ねーやんの十八番!」

ライトニング「閃光の速度で斬られる気分はどうだ!?」ズバババッ!

エクスデス「ぐああああ!、お、己!」

スコール「まだまだいくぜウド巨人!」

エクスデス「!?」



567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/09(月) 00:39:32.24 ID:i+moOJ/Xo

スコール「パクられた技をパクり返す時がきた!」

スコール「いくぞ!ものまね発動ォーーーーー!」


【エンドオブハート】


スコール「・・・あれ、EOH?」


【ものまね】明らかに人智を超えた技はものまねできない(オーバークロック、ジャンクショングリーヴァ等)


スコール「先言えよ!」ガーン


エクスデス「貴様の技など全てお見通しだ!」

スコール「くそっ!このままいっちまうしかねえ!」

スコール「EOHくらえやあああああああああ!!」


【オールガード】


スコール「なっ!?」

エクスデス「 」キラン


【ブラックホール】


スコール「おごごごごご〜〜〜〜〜!」バチバチバチーン

エクスデス「ファファファ、このわしに一度見せた技が通用すると思うなよ・・・」

ライトニング「カウンター型・・・・だと言ったろ」

アルティミシア「鉄壁の防御に間髪入れず繰り出すカウンターか。厄介だな」


スコール「 」チーン


アルティミシア「またか・・・」


エクスデス「ファファファ!無駄よ!無駄よ!この無の力を手に入れたわしに何人たりとも勝てる者はおらん!」

エクスデス「この覇王の力を手に入れたわしには貴様ら等ただの虫けらにすぎんわぁ!」


ライトニング「まるで効いちゃいない・・・さすがは暗黒の化身」

スコール「くっそ・・・この・・・かくなる上は!」ガバッ


スコール「ババア!」


アルティミシア「!?」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。