【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 060

536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/07(土) 21:44:36.19 ID:LrFf8Q+Qo

エクスデス「 」シオシオシオシオ


『エクスデスが きゅうげきに かれだした!』


スコール「おわ!なんだ!?」

ギルガメッシュ「これ・・・エクスデスじゃねえ!」

アルティミシア「何!?」

ギルガメッシュ「こりゃ分身の方だ!根っこから生やした、ただのデク人形だ!」

スコール「なにゃあ!」ガビーン

オメガ「マァソラソーダロ」


「騒がしいな」ザ


全員「!?」



エクスデス「やれやれ、久々の客人はどうやら作法を知らぬらしい」



スコール「でやがったな・・・」

アルティミシア「こっちが本体か・・・!」

アパンダ「や、やば〜〜」ガクブル


オメガ「ヨッオッサン」


エクスデス「ん・・・お前、オメガか!?」

オメガ「ソウソウ、オレダヨオレ」

エクスデス「オメガ・・・その姿は一体・・・」

オメガ「ナンツーカコウ、色々アッテ」

オメガ「巡リ巡ッテ、コウナッタ」

エクスデス「なんとまぁ・・・随分とレトロになったものよ」ファファファ

スコール「レトロはお前だゴルァ!なんだその正統派悪役スタイルは!」

スコール「今時お前みたいなのいねーよ!姿慎め!ボケッ!」

エクスデス「ギルガメッシュ・・・随分久しぶりだな」

ギルガメッシュ「ああ、バッツ達の仇を取りに来たぜ!」ジャキ

エクスデス「バッツ?ああ、あの目障りな人間共・・・」

エクスデス「しかし何か勘違いしていないか・・・?奴らに直接手を下したのはこのわしではないのだが?」ファファファ

ギルガメッシュ「うるせえッ!しのごの言うな!似たようなもんだろが!」

ギルガメッシュ「それに俺をこんな所に送り込みやがって・・・ぜってえ許せねえ!」

エクスデス「それは貴様が任を忘れて・・・ファファファ、逆恨みとはまさにこの事よ」

ギルガメッシュ「この野郎・・・」ピキピキ

スコール「そういえばこいつなんでここにいたの?」

オメガ「ナンカ仕事トチッテ左遷サセラレタラシイ」

スコール「それこいつが悪いんじゃん」






537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/07(土) 21:46:10.21 ID:LrFf8Q+Qo

ライトニング「貴様が無の力を呼び起こそうとしているものか」

エクスデス「む?こちらは見ない顔だが・・・」

ライトニング「世界の終焉はまだはやい。今ここで全てを無に帰すわけにはいかない」

ライトニング「お前、わかっているのか?無は万物の事象。神々が織りなす創世の祖。決して力などではない・・・」

ライトニング「いかに繊細に扱おうと、結局飲まれるのはお前自身なのだぞ?」

エクスデス「ではその創世の力を持って神々を超えよう。死を超え、さらにわしは神をも超えるのだ」

ライトニング「戯言を・・・!」ジャキ

スコール「てめえウドゴルァーーーーーー!んなこたどうでもイイんだよ!!」

エクスデス「おや、貴様は見覚えがあるぞ?確か・・・」

スコール「このクソボケ!よくもこっちの時代で好き放題してくれたな!」

スコール「おかげでえれー恥かいたわ!償え!死を超えてそのまま天国へ行け!」

スコール「つかそもそもセルフィたん達どこいったんだよ!ここにいんだろ!?出せよゴルァ!!」

エクスデス「セルフィたん・・・?誰だそいつは」

スコール「外ハネヘアーがクルンとかわゆい俺の彼女だよ!」

アルティミシア「違うだろ!?」

エクスデス「むむ・・・お前の仲間か・・・」

エクスデス「そうだ、思い出した。確かガーデンとやらでこのわしが一網打尽にしてやった」

スコール「あの時はまだ技が揃ってなかっただけだ!育ちきった今の俺達ならお前をフルボッコに仕返す事が可能なんだよ!」

スコール「出せ!and 死ね!なされるがままに!」

エクスデス「なんというワガママな・・・貴様も邪念より生まれし者か?」

スコール「俺は愛の権化だ!お前みたいなヨゴレと一緒にするな!」

アパンダ(アンタの場合は自己愛でしょ・・・)

スコール「いいからはやく返せよ〜〜〜〜〜〜!」

エクスデス「そんな事言われても・・・ここにはおらん」

スコール「はぁ!?」

エクスデス「ここにはずっとわし一人しかおらんかった。来客など、そう」

エクスデス「あの日リノアがここに迷い込んだ時・・・その一回だけだ」

スコール「そうだリノア!リノアはここにきてないのか!?」

エクスデス「魔女アデルを捕えると言ったっきり帰ってこないな・・・」

エクスデス「やれやれ、一体どこで油を売っているのやら」ファファファ

スコール「笑ってる場合じゃねーだろ!知ってるか!?リノアはお前を裏切る気だぞ!?」

エクスデス「リノアがわしを?・・・なぜ?」

スコール「お前エヌオーって知ってるだろ!?お前の先代『無』ハンターの!」

スコール「あいつはそのエヌオーの手先なんだよ!お前は利用されてただけだ!」

スコール「そもそもあいつが人の下に着くタマか!?いい加減気づけ!ボケッ!」

エクスデス「リノアが・・・エヌオーの手先・・・?」

エクスデス「ファファファ・・・ファーーーーーファファファファファ!」

スコール「何笑ってんだウドゴルァ!」



538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/07(土) 21:47:50.71 ID:LrFf8Q+Qo

エクスデス「人間の分際で中々上出来なジョークだ。リノアがエヌオーの手先・・・」ファファファ

スコール「ジョークじゃなくてリノア本人がそう言ってたんだよ!エヌオーの肉体は無に飲まれて消えたから!」

スコール「だからエヌオーの意志だけがリノアを操ってるんだとよ!笑ってる場合じゃねーだろ!?」

エクスデス「ファファファ・・・リノアめ、そう言って乗り切ったのか」

エクスデス「さすがだ・・・やはりあやつはわしの配下でもっとも優秀よ・・・」ファファファ

ギルガメッシュ「乗り切っただぁ?」

オメガ「マタブラフダッタッテオチカ?」

エクスデス「ファファファ、お察しの通りエヌオーはかつて無を手に入れようとし、逆に無飲みこまれ消えた」

エクスデス「しかしエヌオーの意志のみは残り続け、跡を継ぐ者を探している。そこまでは本当だ」

スコール「・・・?」

エクスデス「わしの出生は・・・もうご存知のようだな?」

スコール「木・・・だろ?」

エクスデス「そう。ムーアの大森林の数ある樹木の数々。そこに集まる人間の邪念を吸い続けた一本の木があった」

エクスデス「邪念の膨らんだその木は、邪念が邪念を呼び、ついに一つの大きな邪悪を呼び起こした」

エクスデス「それはかつて無を手に入れようとした者のなれの果てとも言うべき邪念・・・」

スコール「じゃあ・・・!」

エクスデス「その巨大な邪念をも吸いこんだ一本の木は、ついに一つの生命体として独立し、動き始めた」

エクスデス「そうだ。お前らの言うエヌオーの遺志を継ぐ者とは・・・このわしのことよ!」ファファファ

ギルガメッシュ「だま・・・された?」

オメガ「ナンダ。結局オッサンノコトダッタノ」

スコール「あんのアマぁぁぁぁぁ!」ガン!

エクスデス「真実と虚をうまく織り交ぜた、相手を欺く話術・・・さすがリノア、優秀な我が弟子よ」ファファファ

スコール「リノアリノアうるせーよ!ひいきしてんじゃねーよ!」

スコール「孫をかわいがる老人か!目にかけてんじゃねーよ!ヴェルダースオリジナルかてめーは!!」

エクスデス「だが役目を果たしたはずのリノアが戻ってこん・・・これはむしろわしの方が聞きたいのだが」

エクスデス「貴様ら、リノアをどこへやった?」

オメガ「ソウイヤアイツ、ナンデハグレタノ?」

スコール「それはこのババアがヒス起こして時の流れの中ででけーのぶっぱなして・・・」

アルティミシア「・・・・」

エクスデス「魔女よ、貴様のせいか」フゥ

スコール「ぐぎぎ・・・ババァ!こうなりゃお前が頼りだ!」

スコール「なんか言ってやれ!あのじじいを論破するんだ!行け!」


アルティミシア「・・・」ザ


エクスデス「お前は・・・」



539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/07(土) 21:48:51.84 ID:LrFf8Q+Qo

アルティミシア「やっと会えたな。老害野郎」

エクスデス「ろ、老害・・・」

スコール「やっちまえ!くそみそに論破するんだ!」

アパンダ「べしゃくりで戦いに来たんすか?」

アルティミシア「お前に会ったらなんて言おうか、そればかりを考えていた・・・」

オメガ「ナンカ乙女チックナ発言」

エクスデス「ほぉ、これはこれは・・・して、わしに何を言うかは決まったか?」

アルティミシア「・・・・」ビキビキ


アルティミシア「貴様よくも私の□※△○□※ァァーーーーーーーーーーーッ!!」


全員「!?」


アルティミシア「このクソボケ□※△○□※□※△○□※!!お前マジで(聞き取り不能)!!」


アルティミシア「一体□※△○□※□※△○□※!?ええ!?(聞き取り不能)!!この(聞き取り不能)が!!」


アルティミシア「(聞き取り不能)□※△○□※□(聞き取り不能)(聞き取り不能))□※△○□※□ーーーーッ!!」ブチブチブチ


エクスデス「・・・?」


スコール「お、落ち着けババア!何言ってるのか全然わかんねえ!」

ライトニング「怒りを抑えろ!ろれつが回っていないぞ!」

アルティミシア「〜〜〜〜!」フーフー!


エクスデス「・・・モンスターの鳴き声か!?」


アルティミシア「モンス・・・□※△○□※□ーーーーー!?」

スコール「あながち間違いとは言えないな・・・」

ギルガメッシュ「ちょっと姉さん、興奮しすぎだって!」ガシ

アルティミシア「キィィィィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」ビキビキビキ

エクスデス「やれやれ、かつて幾度となく勇者とあいまみえたわしだが」

エクスデス「これほど愉快なパーティは初めてだ・・・一興になったぞ」ファファファ

アルティミシア「何上からモノ言ってんだこの老害やろォーーーーーーーーーー!!」

スコール「ごゆるりとしてんじゃねえぞ!勇者共に負け越してる分際で!」

スコール「今度もこっちの完勝で終わらしてやるわ!!覚悟しろ!!」

エクスデス「やれやれ・・・時を操り時空を思うがままに歪曲する、神の如き力を持った者が、まさかこのような者だったとは」

エクスデス「幻想とは得てして無常なものよの」フゥ



540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/07(土) 21:51:04.92 ID:LrFf8Q+Qo

エクスデス「悠久の時の鎖から、ついに無が解き放たれる日が来たのだ・・・」ファファファ


アルティミシア「こ、殺す!この雅な態度が最高に殺意だ!」ビキビキ

スコール「出鼻こそくじかれたものの、今度こそ4人でフルボッコにしてくれるわ・・・」ヒクヒク

ライトニング「そういう事だ。覚悟しろ」ジャキ

ギルガメッシュ「バッツ・・・見ててくれ!」ブオン

オメガ「オマエナニモ言ワナクテイイノ?」

アパンダ「あの・・・エクスデス・・・様・・・」


エクスデス「ん?本の魔物・・・お前らのペットか?」


アパンダ「ペット!?」ガーン

オメガ「w」

アパンダ「・・・やっちゃってください!」

オメガ「マァソンナニ外レテハナイダロ」



4人「 殺 す !」



エクスデス「全ては無に還るのだ・・・・・」ブオン




【エンカウント】エクスデス







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。