【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 051

453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/05(木) 01:41:54.27 ID:6HstUrvpo

・時の激流

アルティミシア「ここまでは順調だな・・・」

アルティミシア「楽なもんだろ?ここから目的地まで全自動エスカレーターだ」


スコール「はいそうですね」(半透明)


アルティミシア「おおおおおい!消え出すのがはやいんだよ!」

アパンダ「ちょっと黒ジャンさん!イメージ!イメージ!」

スコール「えっなんの?ああ、セルフィたんね」

アルティミシア「違うわ!お前ら、こいつを思い浮かべて存在を助けろ!」

ライトニング「世話のかかるイメージでいっぱいだ」

ギルガメッシュ「これ結構きっついな・・・・」ググ

オメガ「俺ヨユーナンダケド」

ギルガメッシュ「これが裏ボスとの差か・・・・」

スコール「なんだかすこやかな気分です」スゥー

アルティミシア「しっかりしろよ!」


バシャーーーーーーーー・・・・・


スコール「あっ透明化が止まりました」スゥー

アルティミシア「かなり薄まってるが、まぁここで底打ちだろ」

アルティミシア「逆によかったな。世話がかかるというイメージを持たれてて」

スコール「なんか微妙な気分・・・・」スゥー

ギルガメッシュ「姉さん〜後どんくらい〜?」ググ

アルティミシア「他の圧縮時間も混ざってるからな・・・少し遠回りするかもしれん」

オメガ「オメーハサスガ、余裕ダナ」

ライトニング「神の使いがこの程度で消えてたまるか」

スコール「いいよな、パパがいる奴は・・・」スゥー

ライトニング「お前もいい加減真面目にやらないと、神様にそっぽを向かれるぞ」

スコール「リノアと出会った時点でその辺もう諦めてる・・・」スゥー

アパンダ「僕は自分の記録を取り続ける事でまぁ、わりと大丈夫っすね」カキカキ

ギルガメッシュ「ま〜じ〜?みんなよく平気な顔できるなぁ・・・」フルフル

スコール「お前は浮気性の犬っころしかいねーもんな・・・」スゥー

ギルガメッシュ「一番消えそうなお前に言われたかねーよ」フルフル



454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/05(木) 01:44:21.82 ID:6HstUrvpo

〜〜移動中〜〜


スコール「パパ達元気にしてっかなぁ」

ライトニング「そういえば何故あいつらはこっちにこなかった?」

スコール「トシがトシだし。まぁ後は俺らに託す的な感じなんじゃないの」

アルティミシア「ものの見事に裏切ったがな」

スコール「うるっせーないいだろこうしてちゃんとたどり着いたんだから」

アルティミシア「今頃どこかの時間からお前を見守ってる事だろうよ」

アルティミシア「ありったけの重火器を持ってな」

スコール「殺る気じゃんそれ・・・」

アパンダ「あの、黒ジャンさん。そういえば」

スコール「なに?」

アパンダ「魔女さんにいっといた方がいいんじゃないっすか。あれ」

アルティミシア「あれ?」

アパンダ「幽霊さんがなんか魔女さんの事言ってたんでしょ」

スコール「あーそうだ!」

アルティミシア「なんだよ」

スコール「お前にぶち殺された白いSeedの霊にさっき会ったのね」

アルティミシア「ほぉー、あの無謀にも私に挑んできたバカ共の」

スコール「そいつがさあ、意味わからん事言うのよ」

スコール「魔女アルティミシアなんて最初からいなかったって」

アルティミシア「・・・はぁ?」

スコール「いやマジで。そこは俺も同じリアクションだったんだけど」

アルティミシア「あいつら誰にやられたと思っている・・・」

スコール「意味不極まりないんだけど結構推してくるからさ」

スコール「だからうざくなってカレーうどんでも食ってろっつって」

アパンダ「言ってない言ってない」

スコール「とまぁそんな出来事があったんだけど、どう思う?」

アルティミシア「・・・そいつ、生前にアガサ・クリスティでも読んだのか?」

スコール「いいや、俺はコ○ンと睨んでいる」

アルティミシア「・・・きもちわる!貞子か!」ブルブル

アパンダ(あっ同じ事言ってる)

アルティミシア「まぁ、ぼこぼこにされすぎて頭がおかしくなってしまっただけだろ。しこたまぶん殴ったからな」

アルティミシア「霊になってまで何をふざけた事を。現に私はここにいるではないか」

スコール「だよなー」






455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/05(木) 01:45:36.18 ID:6HstUrvpo

ギルガメッシュ「どうでもいいけど・・・いつ着くんだよぉ」フルフル

オメガ「シンドソーダナ」

アルティミシア「ん・・・そろそろかな・・・」



全員「・・・」



グ オ オ オ オ オ オ ! !
 


全員「!?」


スコール「ま・・・・じか・・・」

アルティミシア「こいつ・・・ほんと、どこまでもしつこい奴め!」

ライトニング「これもまた、神の生み出した怪物・・・」



グ オ オ オ オ オ オ ! !



ギルガメッシュ「ややややべえーーー!ここにいるので精いっぱいなのに!」

アパンダ「普通こんな所で来ますか!?」



オ オ オ オ オ オ オ ! !



オメガ「コイツダケハマジデ・・・オマエッ!イイ加減シツケーゾ!!」

オメガ「オレラ今取リ込ミ中ナノミテワカンダロ!!セメテ別ノ場所デデロヤ!」

オメガ「表デロ!トイウヨリ表デルマデ待テ!」


オメガ「 神 竜 ! 」




神竜「 ア ア ア ア ア ア ア ! ! 」





【エンカウント】神竜



464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/05(木) 22:40:21.28 ID:6HstUrvpo

神竜「 グ オ オ オ オ オ オ ! !」


オメガ「ヤベエーーーー!オマエラ!回避行動ォーーー!」

アパンダ「えっえっ」

オメガ「アイツハマズ一発目ニ「タイダルウェイブ」ヲカマスノガオ約束ナンダヨ!」

オメガ「ハヨシロォーーーーーーー!」


神竜「 ア ア ア ア ア ア ! ! 」 


【タイダルウェイブ】


全員「あああああああああああ!!」ゴポポポポポ


神竜「グルルルル・・・」


アルティミシア「けほっ!このボケ!こんな所でまたあんな大技を・・・」ビチャァ

ライトニング「時の激流に本当の激流とは・・・皮肉のつもりか」ポタポタ

アパンダ「あわわわ〜〜〜〜!本が濡れちゃう!」

アパンダ「黒ジャンさん、大丈夫っすか!?」

スコール「・・・」


『スコールは ノーダメージだ!』


アパンダ「ウソォ!?」

スコール「えっなんで?」キョロキョロ

ギルガメッシュ「お前!それ、どこで手に入れた!」

スコール「・・・これ?」チャリ


【珊瑚の指輪】水属性を吸収する


オメガ「水属性ヲ吸収スルヤツダ!オマエ、マサカソレヲミコシテ!?」

スコール「・・・・」

スコール「リベンジチャンス到来ッ!」」バッ

ライトニング「あ、ちょ」

スコール「ワーーーーハハハハ!この腐れドラゴン!お前の攻撃はもうきかねーぜ!」

スコール「はじまりの部屋ではよくもやってくれたな!食らえ!粘着ストーカー野郎!」

オメガ「ア、バカ!ナニモタイダルウェイブダケナワケネーダロ!」


【珊瑚の指輪】その代わり雷属性が弱点になる


【稲妻】


スコール「ふぎぃぃぃぃぃぃぃぃい!」バリバリバリ


オメガ「アホガ・・・」

アルティミシア「調子に乗るとすぐこれだ・・・」


スコール「お、おお・・・」プスプス



465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/05(木) 22:42:01.92 ID:6HstUrvpo

アルティミシア「しかしこいつは狙い済ましたかの用にこのタイミングで・・・」イラ

オメガ「ストーカーニコッチノ都合ナンテカンケーネーンダヨ」


ライトニング「立ちふさがる者は・・・殲滅する!」バッ


神竜「 オ オ オ オ オ オ オ オ ! 」



『神竜のスピードは ライトニングと 互角だ!』



ライトニング「こいつ・・・はやッ(ry


【アトミックレイ】


ライトニング「あああっ!」チュドォン!


ギルガメッシュ「おいおいあのねーさんにスピードについていくなんて・・・」

オメガ「ソウ、アレガアイツノ真骨頂。強力ナワザハイワバオマケ」

オメガ「アイツノ恐ロシサハアノアリエネースピートカラ次々ニ繰リ出サレル手数ノ多サ、ソレニアルンダ」


【ミールストーム】


全員「おあああああああああああ!!」シュゴゴゴゴ


ライトニング「くそぉ、やりたい放題暴れやがって・・・」

アパンダ「ちょっとーーーー!黒ジャンさんが!」

スコール「〜〜〜」スィー

アパンダ「召される!黒ジャンさんが天に召される!」

アルティミシア「ああもうめんどくさいな!ほら!」レイズ


スコール「どうなった・・・・?」チラ


神竜「 グ オ オ オ オ オ オ ! !」


スコール「・・・おやすみ」グテ

アパンダ「起きろよ!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。