【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 031

204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/15(木) 01:30:25.64 ID:21mjj7kNo

スコール「なにこれヴァルキリープロファイル?」

アパンダ「あ・・・これ・・・」


『ぜんぶ 武器屋の うりものだ!』


スコール「なんでw経営投げたの?」

アパンダ「いや店主止まってますから。大体あんたが全部売り払っちゃったでしょ」

スコール「・・・」ブンブン

アパンダ「あ・・・あれ」



「ぐふふ・・・剣がいっぱい・・・しかも無料・・・」

「いやぁ〜、蜃気楼の街って、最高だな!」


スコール「あっ」



ギルガメッシュ「剣に囲まれてしやわせ〜」ホッコリ



スコール「 こ の 追 剥 野 郎 ! 」ラフティバイト


ギルガメッシュ「ぎにゃあああああああああ!!」


アパンダ「ギ、ギルガメッシュ・・・!」

スコール「このクソ野郎が!人が止まってるのを言い事についにそこまで堕ちやがったか!」

スコール「お前のやってる事は勝手に人んちのタンスを調べる勇者とかわらねー!」

スコール「恥を知れ!このヲタ野郎!」

アパンダ「あんたもやってた事でしょ・・・」

ギルガメッシュ「あたた・・・い、いたのお前」ムク

スコール「お前を先に見つけてしまってテンションガタ落ちなんだよ、ボケ!」

アパンダ「よう、ギルガメッシュ」デロン

ギルガメッシュ「ん?なんだぁ?本?」

アパンダ「久しぶりジャン。帰ってきたのお前」

スコール「知り合い?」

ギルガメッシュ「いや・・・誰?」

アパンダ「・・・・」

ギルガメッシュ「いやほんまに」

スコール「馴れ馴れしいんだよ、パンダ」

アパンダ「わざとだよね?ねえ、わざとだよね?」



205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/15(木) 01:32:22.82 ID:21mjj7kNo

スコール「今度こそ折れた!もー折れた!もう誰も探さねー!」ゴロン

ギルガメッシュ「つかどこいたのお前」

スコール「俺だけ次元城の方に飛ばされたんだよ!めっちゃ探したわ!しかも一人で!」

アパンダ「僕は?」

ギルガメッシュ「え・・・なんでお前だけ次元城なんだよ」

ギルガメッシュ「あそこの次もうラストフロアなんだけど」

スコール「知るか!ババアがなんかトチりやがったんだ!」

スコール「もーしらね!俺しらね!寝る!無賃宿泊13泊だ!」

ギルガメッシュ「ふてんなよ〜」

アパンダ「他のお仲間さん、どこいったの?」

スコール「そーだよ剣ヲタ!俺のセルフィたんはどこにいったんだよ!」

スコール「ここを待ち合わせにしたのお前だろ!?誰もいねーじゃねーか!」

スコール「どーなってんだゴルァ!」

ギルガメッシュ「え・・・あいつらはお前と一緒じゃねーの?」

スコール「・・・へ?」

ギルガメッシュ「待ち合わせ・・・ずっと待ってたんだけど俺」

ギルガメッシュ「誰もこないんだけど」

スコール「・・・どゆこと?」

アパンダ「黒ジャンさん、あのねーさんは?」

スコール「そーだヲタ!聞け!」

スコール「パンダに案内されて蜃気楼の街に着いたと思ったらヴァルハラに着いたぞ!」

ギルガメッシュ「ヴァル・・・何?」

アパンダ「そこで遺跡にいけって言われたんだけど」

スコール「で、こんなもん貰った」ポイ

ギルガメッシュ「なにこれ、箱?」

スコール「ねーやんに渡せだとよ。だからねーやんどこ」

ギルガメッシュ「いやだから、俺以外誰もいねーって」

スコール「・・・」

ギルガメッシュ「こんなに待って、お前で2人目」

スコール「・・・ええ〜?」

アパンダ「あんたら、ホントに待ち合わせしたの?」

スコール「したわ!突入前にめっちゃしたわ!」

スコール「大体集合指定したのはこいつだ!俺じゃねえよ!」ビシ

ギルガメッシュ「あっれ〜、おかしいなぁ」

スコール「そうだ!オメガの家にも寄った!」

ギルガメッシュ「家に帰れてさぞ満足だったろな〜」

スコール「いなかったんだよ!あの図体の化けもんが!」

ギルガメッシュ「えっなんで?」



206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/15(木) 01:35:02.25 ID:21mjj7kNo

スコール「唯一会ったのはねーやんだ。けどヤボ用があるとか言って速攻でどっかいきやがった!」

アパンダ「街がヴァルハラになっててさ〜」

スコール「砂漠から戻ったら今度は誰もいない!?why!?いい加減俺はキレそうだ!」

スコール「なんだこのグズグズっぷりは!?リーダーは一体誰だぁ!」

ギルガメッシュ「お前じゃん」

アパンダ「あんたリーダーだったの・・・」

スコール「もう・・・しんどいわ・・・」ゴロ

ギルガメッシュ「んなこと言われてもさあ・・・」

ギルガメッシュ「そもそも次元城にいたんならなんで砂漠寄ってんだよ」

スコール「だから・・・ねーやんに・・・」

ギルガメッシュ「で、この箱貰ったんだ」

スコール「なんかいいもんらしい。ねーやんに渡せって言われたけどいないから」

スコール「うっぱらっちまうか・・・」

アパンダ「それはダメでしょ」

ギルガメッシュ「なんか大事なもんなんかなぁ」コロコロ

アパンダ「神様の秘宝らしいよ」

ギルガメッシュ「か、神?」

スコール「そうそう、なんか言ってた」

スコール「それ、なんとか神が作った地球破壊爆弾らしいよ」

ギルガメッシュ「うわっ!そんなもん渡すなよ!」

アパンダ「違うっすよ。全然」

スコール「だってもう全くわかんねーよ・・・」ゴロゴロ

ギルガメッシュ「俺はお前が何をしたいのかがわかんねーよ」

アパンダ「・・・んもぉ、しょうがないなあ!ほら!」ペラ


『アパンダの本に ファングの話の記録が!』


アパンダ「んなこったろーと思ってちゃんと全部メモってましたよ」

ギルガメッシュ「便利だなお前・・・・」

スコール「ついに俺にもオートセーブ機能が」

アパンダ「セーブじゃなくてただの記録っす」



207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/15(木) 01:35:58.24 ID:21mjj7kNo

ギルガメッシュ「どれどれ」ペラ

スコール「わかったら教えて」ゴロン

ギルガメッシュ「ギブ」ゴロン

アパンダ「はやい・・・」

スコール「なんつってたっけ・・・・」

アパンダ「創世の神々の話っすよ。3人の神と2人の至高神」

アパンダ「あんたの言葉がキーワードだったっしょ」

スコール「ああ、ハインね」

アパンダ「神様が世界を終わらせようとしてるって話し」

ギルガメッシュ「へえ〜・・・」

アパンダ「なんでそんなに他人事なんすか」

ギルガメッシュ「興味ナッシン」

スコール「同意、現実味なさすぎなんだよ」

アパンダ「まぁ、そうだけど・・・」


ゴロゴロ・・・ゴロゴロ・・・


スコール「だ〜れもこね〜な〜」

ギルガメッシュ「一応置手紙とか置いてさあ、結構その辺うろうろ探してたんだけど」

ギルガメッシュ「本気で誰もいないのね。だからもうここで大人しくしてる事にしたわ」

アパンダ「ど、どうするんすか」

スコール「しばらく待つっきゃねーだろ」

スコール「宿屋いこーぜ宿屋。今なら無賃宿泊し放題だ」

ギルガメッシュ「暇だな・・・」


・6時間後

ギルガメッシュ「〜〜〜〜」フワァ

スコール「お、ピアノ発見」


・12時間後

スコール「ド・レ・ミ・シ・ラ・ド・レ・ミ・ソ・ファ・ド・レ・ド」ポロン


・24時間後

スコール「ザナルカンドにてひきま〜す」ポロロン

ギルガメッシュ「やんややんや」


・2日後

スコール「ビッグブリッジの死闘ひいてみた!」タタタタタン

ギルガメッシュ「うめえ」


・3日後

スコール「うっだぁーーーーーーーー!いつまで待たせるんじゃい!!」




209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/15(木) 01:37:26.53 ID:21mjj7kNo

スコール「もう3日だぞ!?人の気配すらねーじゃねーか!」

ギルガメッシュ「ほんとに誰もこねーな」

スコール「待たせすぎだろ!?この3日でピアノマスターになっちまったわ!」

スコール「これは犬の訓練か!?俺はもう、限界だ!」ブンブン

アパンダ「剣振り回さないでくださいよ〜」

スコール「もーいい!ほんともういい!」

スコール「剣ヲタ!もう先行っちまおう!」

ギルガメッシュ「えっパーティは?」

スコール「しるかああああああ!来ないのが悪い!」

アパンダ「何か事情があったんじゃないんすか」

スコール「じゃあ連絡入れろ!ほう・れん・そうも守れない奴を待つ義理はない!」

アパンダ「だからそれを含めて連絡できない事情がってことっす」

スコール「いやだね絶対!もう暇だ!暇なのだ!」

スコール「こんなネットもロクにないところで何日も過ごせるか!ボケェ!!」

ギルガメッシュ「も〜落ち着けよ」

アパンダ「もし先に進んだ後にお仲間さんきたらどうするんすか」

スコール「先進んだって知らせればいいだろ」

アパンダ「どうやって?」

スコール「お前で」


『アパンダの本を なんまいかやぶいた!』


アパンダ「ちょっとォーーーー!僕の本!」ビリビリ

スコール「ザナルカンドにて待つっと・・・」カキカキ

ギルガメッシュ「どこだよ」

スコール「じゃあこれ、適当に目立つ所に貼ってきて」ペラ

ギルガメッシュ「ザナルカンドに旅立っちまったらどうすんだよ・・・・」

アパンダ「うう・・・僕の本・・・」

スコール「しゃあ!出発すっぞ!」



【バトルメンバー】スコール アパンダ ギルガメッシュ(IN)



【遺跡】→【街】→【森(今ココ)】→【滝の洞窟】→【図書館】→【次元城】







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。