【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 009

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 21:55:23.01 ID:uDLUo/l1o

ラグナ「じゃあ・・・」

アルティミシア「うむ」ザ

ギルガメッシュ「の前によォ、集合場所決めとこうぜ」

ラグナ「集合場所?」

ギルガメッシュ「俺は【蜃気楼の町】なんかがちょうどいいと思うんだけど」

オメガ「アーハイハイ」

ラグナ「なんだそりゃ」

ギルガメッシュ「前にも行ったけどよぉ、次元の狭間はいくつかの階層に分けられてるんだよ」


【遺跡】→【街】→【森】→【滝の洞窟】→【図書館】→【次元城】


ギルガメッシュ「の、街の階層」

ライトニング「私がいた所か」

オメガ「デ、エクスデスハ次元城ノサラニ奥ノ【ラストフロア】ッテ所ニイル」


全員「ラストフロア・・・」


オメガ「ソコハマサニ次元ノ狭間トヨブニ相応シイ、無ノ空間ダ」

ギルガメッシュ「まじでなーんもねーからな。どっちかってーと宇宙に近い」

アルティミシア「無の眠る狭間の空間、か・・・」

スコール「本丸だな」

ラグナ「よ〜し!じゃあ集合場所は【蜃気楼の街】って所だ!」

ラグナ「迷ったりはぐれたりしたら、そこに向かうんだ!いいな!」

リノア「〜〜〜」モソモソ

スコール「とりあえずこいつふんじばっておくわ」グルグル

リノア「ひぎっ!」ギュー



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 21:56:58.12 ID:uDLUo/l1o

ラグナ「おっしゃあ!じゃあッ!」

アルティミシア「ハァ・・・せっかくコツコツと圧縮してきたのに・・・」

ラグナ「頼むぜ!ババア!」

アルティミシア「時空の歪みで地形が変わるかもしれんから気を付けろよ」

ラグナ「全員伏せろォーーーー!」バッ

アルティミシア「いや別にそこまでやれとは言わんが」

全員「〜〜〜〜!」ササッ

スコール「お前はおとなしくしてろよ?」ズン

リノア「スコール重い・・・」ググ


アルティミシア「・・・いくぞ」


全員「・・・」ゴク


『時間圧縮の解除が はじまった!』


アルティミシア「〜〜〜〜〜〜」


ズプズプズプズプ・・・・


アルティミシア「〜〜〜〜〜〜〜〜〜」


ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・


ラグナ「おおっ!なんかきたぞ!」

スコール「あーそういえば最初に突入した時もこんなんだったっけ」

リノア「海と空がごっちゃになってたね」


『くうかんが じょじょに ゆがんでいく!』


アルティミシア「〜〜〜〜〜〜」ググ


ドポポポポポポポポポポ・・・・


スコール「きた!これだこれ!」

ラグナ「うおーーーーー!なんか床がぐわんぐわんなってる!!」

リノア「あで!床からなんか飛び出てきたぁ・・・」ヒリヒリ

スコール「わろす」

リノア「笑ってないでなんか顔ふさぐもん貸して・・・」


『くうかんが きゅうじょうに まるまりだす!』


ライトニング「これがヴァルハラまで浸食してきた時空の歪み・・・」

オメガ「アラタメテミルトスッゲーナ」

ギルガメッシュ「おーい!お前ら大丈夫かぁ〜〜〜〜!」

セルフィ「おっけ〜で〜す!」

ゼル「よ、酔いそう・・・」



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 21:57:49.62 ID:uDLUo/l1o

アルティミシア「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」


グニャアアアアアアアアアアアアアア!!


アルティミシア「・・・・おや」

ラグナ「どうしたババア!」

アルティミシア「さすが・・・来るのがはやい」

ラグナ「!?」


ム オ”ン


リノア「で、でた〜〜〜〜!」

ラグナ「これか嬢ちゃん!?これなんだな!?」

リノア「間違いないよっ!正真正銘、これが先生の・・・」

アルティミシア「ちょっとまて!まだ解除しきれてないぞ!」

スコール「何やってんだババア!はよ解除しろよ!」

アルティミシア「時間が掛かるんだよ!ボケ!少し黙ってろ!」


ム オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”ン


ゼル「うお〜〜〜〜〜〜い!!きちまったぞ!?」

キスティス「魔女さん、は、はやく!」


『無が ひろがっていく!』


アルティミシア「あの老害野郎・・・せっかちなんだよ!」

リノア「ずっと待ってたからね〜」

アルティミシア「老人だろ!?ちょっとはゆったりしろよ!」

リノア「その辺は歳関係ないと思うけど・・・」

ギルガメッシュ「ちょ、広がるスピードがはや(ry



ム オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”ン!!


『あたりは しゅんじに 無に のまれた!』



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 21:58:36.00 ID:uDLUo/l1o

スコール「何やってんだババァーーーーーー!あくしろまじでーーーーーー!」


シーーーーン・・・


スコール「ババア!?返事しろよ!?ババア!?」

リノア「スコさんスコさん」

スコール「あ!?」

リノア「これ・・・完全に飲まれちゃってます、はい」

スコール「why!?」

リノア「whyって言われても・・・だってみなよ」


『あたりは やみで おおわれている!』


スコール「・・・」

リノア「しっぱ〜い(セルフィ風)」

スコール「 じ ゃ ね え よ ! ! 」

スコール「ここでTHE END!?」

リノア「というよりゲームオーバー」

スコール「いやいやいやwじゃあ今までやってきたのはなんだったんだよ!!」

リノア「テレレレレレレレ(↑)レレレレレレレ(↓)」

スコール「 プ レ リ ュ ー ド を 口 ず さ む な ! 」

リノア「雰囲気出るかなって」

スコール「出すぎなんだよぉぉぉぉぉああああああああああああああ!!」

リノア「耳元でうっさいわ〜この人」


「そうだぞ。うるさいんだよ」


スコール「!?」


バッツ「よっ」


スコール「あ〜〜〜〜〜〜〜てめ〜〜〜〜〜〜!」

リノア「・・・・」






54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 21:59:40.37 ID:uDLUo/l1o

スコール「来るのがおせえんだよボケゴルァ!!俺等もうゲームオーバーになっちゃったよ!」

バッツ「なってね〜よも〜。意外と細かいな」

バッツ「ほら、あそこ」


『やみの おくに ひかりが!』


スコール「・・・」

バッツ「ちゃんと仕事しとるわ。発狂すんな」

スコール「・・・順調な感じ?」

バッツ「イエス!滞りなく!」グッ

スコール「・・・よかったぁ〜〜〜〜」

バッツ「つってもおばさん待ちなんだけどな。このままじゃやべえかも」

スコール「え!?」

バッツ「無の浸食が思ったよりはやい。このままじゃクリスタルが耐えきれない可能性がある」

スコール「!?」

バッツ「叫ぶなよ?うるせえから」

スコール「テレレレレレレレ(↑)レレレレレレレ(↓)」

リノア「あっ諦めた」

バッツ「あきらめんなよ・・・勇者の癖に」


『スコールの ハミングが みみざわりだ!』


バッツ「まあいいじゃん。こういうイチかバチなのもさ」

バッツ「運命は神のみぞ知るって言うだろ」ドサ

リノア「この人は裏技で楽ばっかしてきましたから・・・」

バッツ「クラウドが言ってたぞ。俺の技をパクるなって」

リノア「あっやっぱりそれですよね」

スコール「・・・・」

バッツ「コスモスが常に言ってたわ。スコールのせいで胃が痛いって」

スコール「シラネ」

リノア「ほんともう〜」

バッツ「で、おじょうさん。おめーに用事があってきたんだよ」

リノア「えっなんすか」

バッツ「俺の女の子限定の洞察力なめんなよ?おめーさんの目論見なんざお見通しよ」

リノア「・・・」

バッツ「今ならまだ引き返せるぞ」

リノア「引き返す気、ないっす」

バッツ「そっか・・・」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。