【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 004

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:31:07.16 ID:uDLUo/l1o

アルティミシア「 は ぁ ! 」

スコール「ババア待て〜〜〜〜!」


【ライブラ】


スコール「なんだ・・・ライブラか」ホッ

セルフィ「びっくりしたぁ〜」

アルティミシア「私のライブラなら相手の隠し事も聞き出せる・・・対象の心の奥まで入り込んでな」

スコール「ハッキングの魔法版って所か・・・」

アルティミシア「そうだ・・・だから少々時間がかかる・・・まて・・・」


リノア・ハーティリー 

年齢:17歳
職業:レジスタンス
身長:163cm
体重:不明
生年月日:3月3日


アルティミシア城にてスコールに置き去りにされ、そのまま時間の流れに吸い込まれる
しかし偶然にも次元の狭間への入口が開き、一人だけ生き延びる
そこでエクスデスと知り合い、封印解除の手伝いを条件に劇的なパワーアップを果たす


アルティミシア(そう、そこは知っている。もっと奥だ・・・)


その後エクスデスの力を借り再び現世に現れ、傍若無人の限りを尽くしつつ封印解除に向けて様々な暗躍を見せる
イデアの力を奪った後はアデルに目を付け、アデルセメタリーの奪還に成功する
そして同時にとある目的の為スコールの強化を促し、ルナティックパンドラ最上部にてスコールらを待つ


アルティミシア(そのとある目的を聞いているのだ・・・)


ルナティックパンドラにて再会したスコールが強力な助っ人を集めてきただけと言う
人任せな強化をしてきたため内心呆れている
しかし数の力で対抗しようとするスコールらになす術もなく捕まってしまう
この場をどう乗り切ろうか必死で思案中


アルティミシア(この場を乗り切るだと?はん、もう詰みなんだよ)





なお打開策は見つかった模様




アルティミシア(なッ!?)



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:31:38.34 ID:uDLUo/l1o

リノア「 」キラン


アルティミシア「お前ら!!今すぐそいつから離れ(ry

リノア「時間稼ぎ乙で〜す・・・」ニヤ




カ ッ



全員「 う わ っ ! 」



【フラッシュ】



スコール「うったぁーーーーー!目が!目がやられたァーーーー!」ジタバタ


リノア「緊急脱出ッ!」ゴロゴロゴロ



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:32:32.68 ID:uDLUo/l1o

『とつぜんのまぶしさに めがくらむ!』


リノア「脱出成功ッ!」バッ

アルティミシア「待てッ!リノアが逃げるぞ!」

リノア「全力全開大脱走ッ!」ダダダダ

スコール「この・・・足掻いてんじゃねェーーーーー!」

ライトニング「くっ・・・悪あがきを・・・」チカチカ

スコール「ねーやん頼む!俺まだ目が・・・」

ライトニング「わかった、今度は身動きが取れない用にふんじばっておく」


リノア「〜〜〜〜〜〜〜〜!」ダダダダダ


スコール「は、はやく!リノアが逃げる!」

ライトニング「ハァッ・・・ッ!」


【オーバークロック】


ドギュゥゥゥゥゥゥン!!


ライトニング「全く、カップルだけあって意地汚さはあいつにそっくりだな・・・」ギューン

ライトニング「無駄な事を・・・時の中を自在に動ける私から逃げ切れると思うな!」ギューン

ライトニング「そら、捕まえた・・・ッ!?」ギューン


『ときが ぎゃくにうごいている!』


ライトニング「なんだ!?こいつら逆に動いて・・・!」キョロキョロ


ギューン ギューン ギューン・・・・・・・・


ライトニング「まずいッ!オーバークロックが切れる!」


【オーバークロック タイウアウト】


ギュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!


全員「ハッ!」


スコール「なんだ!?どうなった!?」

ギルガメッシュ「リノアがいねーぞ!」

ライトニング「何だ今のは・・・時が・・・遡った?」

エルオーネ「ねえ、それって・・・」


【リターン】


スコール「あのアマぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ガン!






24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:33:52.31 ID:uDLUo/l1o

オメガ「オチツケ。リターンヲ使ッタダケナラ、マダソウ遠クニハイッテナイハズダ」

アルティミシア「本当に往生際の悪い・・・!」ビキビキ

スコール「ゴルァリノア!どこに逃げたがった!」

スコール「でてこい!」


(こっちこっち)


全員「!?」


プンッ プンッ プツッ プツッ


ゼル「なんの音だ?」

キスティス「ゴムが千切れたみたいな音が・・・」


プツッ プツッ


プツツツツツツツツンッ


『あたりに ぶきみな音が なりひびく!』


全員「・・・?」キョロキョロ



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・



スコール「な、なんだぁ・・・?」

アルティミシア「こ、この魔力は・・・まさか・・・」



(ぐわぁーーーーーーーーーッ!)



全員「!?」


リノア「おハロ〜」

アデル「うがが・・・」




スコール「 げ ッ ! 」




【エンカウント】リノアinアデル



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 20:25:14.63 ID:uDLUo/l1o

アデル「たたた、助けてくれぇ・・・」グラァ

アルティミシア「こ、これは・・・」

スコール「あん時の逆バージョンかよ!!」

リノア「あ〜ん取り込まれちゃった〜」

リノア「みんな、たしけて〜」


【ドレイン】


アデル「ぐああああああああああ!!」ギュイーン

スコール「ぐぎ・・・あんの野郎・・・」

アルティミシア「乗っ取った・・・のか・・・?」

リノア「いやはや、今回ばかりはさすがに焦ったよ」

リノア「だってスコール、ありえない助っ人連れてくるんだもんw」

スコール「お前が強化してこいっつったんだろうが!」

リノア「あんたをね」

ライトニング「化け物が・・・何をしている!殲滅するぞ!」ジャキ

オメガ「アイツヲドウニカシナキャ次元ノ狭間ニカエレネーダロガ」ドォン

リノア「きゃーこわーい助けてアデル〜」

スコール「ちょぉ待てぇ!作戦内容を忘れたか!?」

アルティミシア「今回はアデルを救出しなければならんのだぞ!?」

ライトニング「ぐ・・・」ジャキ

オメガ「ジャアダメダ。テラブレイクハ単体ニシボレネー」

アルティミシア「お前らがが言ったらアデル事やってしまう!」

スコール「こ、このアマ!まさかそれを見越して!?」ワナワナ

リノア「強すぎる事って時として弱点でもあるのよね」ウンウン

アデル「ああ・・・」グッタリ

アルティミシア「こ、こいつ・・・!」

スコール「ちくしょおおおおお!またしても、またしても切り抜けられたぁぁぁぁ!」

アルティミシア「や、やられた・・・」ガク

リノア「せふせふ〜♪」

オメガ「メッチャ頭イイナ・・・」

ライトニング「今まで敵の殲滅しかやってこなかったからな・・・そんな器用なマネはできん」

リノア「発想の転換って奴?」クスクス

リノア「あ、お腹空いた」


【ドレイン】


アデル「あああああああああ!!」

スコール「ボケカスブラジャーゴルァ!とりあえず吸うのをやめろッ!」

リノア「えーでもこれめっちゃ燃費悪いし〜」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。