【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC4 前編 - 003

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:17:12.77 ID:uDLUo/l1o

スコール「さっきからベラベラ精神論みたいな事いいやがってボケ!」

スコール「仲間を強化して何が悪い!俺はお前と違って絆を大事にする人間なんだよ!」バッ

アルティミシア「パンツに釣られた人間の言う事か・・・」

スコール「絆は強さ!絆こそ正義!」

スコール「ワンフォアオール!オールフォアワン!」

スコール「リア充の俺をお前みたいな便所飯食ってるようなぼっちと一緒にすんな!」

スコール「絆こそ力だ!わかったか!このボケが!!」

リノア「はいはい・・・すみれセプテンバーラブ」

スコール「 そ れ は シ ャ ズ ナ だ ! 」

リノア「あのメンツじゃスコールどう見ても色物枠じゃん」

スコール「グギ・・・ねーやんはユフィ枠だ!勘違いするな!」


ライトニング「早くしてくれないか・・・」

オメガ「イチャイチャスンナ」


アルティミシア「そうだ。スコールがリーダーぽくないとか実は全然強化されてないなどはどうでもいい」

アルティミシア「お前、このメンツでどうするつもりだ?」

リノア「う・・・」タジ

スコール「数こそ正義なのだ!リノア!」


エルオーネ「私の力で眠らせるだけでいいんじゃないかな」

オメガ「アイツガ個人的ニニボコボコニシタイダケダロ」

ライトニング「う〜ん、よく見るとファングとは似ても似つかんな」

ゼル「今更かよ」


アルティミシア「いかにお前でもこの軍勢相手に一人は太刀打ちできまい」

リノア(う〜ん、確かに超究武神破拳とジエンドきたらヤバイかも・・・)

リノア(ていうかオメガウェポンとか・・・反則でしょ)

アルティミシア「そしてさらに絶望を与えてやろう」

リノア「!?」

スコール「そうだそうだ!お前の手品のタネはもうわかった!」

アルティミシア「エルオーネ!」

エルオーネ「はい」ペカー

リノア「な、なにを?」

スコール「お前の連続魔のタネ明かしだよ」

リノア「!?」


【ファイア】×6



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:21:00.59 ID:uDLUo/l1o

リノア「きゃぁーーーーーーーーーーー!!」ドチャア

キスティス「えっ!?一体どうやって・・・」

アルティミシア「つまりこういう事だ・・・」ボボボ

スコール「はいみなさん注目ーーーーッ!」パンパン


【クイック】二回行動ができる

【トリプル】魔法を3回放てるようになる


アルティミシア「まず事前にクイックをかけて起き、その後トリプルをかける」

アルティミシア「そうする事でクイックの効果により、双方の効果が重複して、魔法が計6発。一度に撃てる。というわけだ」


キスティス「なるほど、この魔法を使えば確かに・・・」

ライトニング「結構かしこいなあいつ」

オメガ「マァ魔女ダシ」


アルティミシア「だな?リノア」

リノア「せ、せーかいです・・・」

スコール「だからウィッシュスター2連発なんてふざけたチート技してやがったんだな!」

スコール「タネがわかればなんもこわかねーんだよ!」

リノア「一番ビビっていたくせに・・・」

アルティミシア「という訳でお前の手品はもうネタバレだ」

アルティミシア「そして対策法もな」

リノア「 」ダラダラダラ

アルティミシア「最後に何か遺言は?」

リノア「・・・」


リノア「リノアは なかまになりたそうに こちらをみている!」


アルティミシア「ないんだな」キュィーン

リノア「いやいやいやw」


スコール「はいじゃあみなさんご一緒にっ」


【テラブレイク】 【ルインガ】 【ショックウェーブパルサー】


ズドドドドドドドドドド・・・・・・・・・・・・・・!!


リノア「ひぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」ダッ


『リノアは ぜんそくりょくで にげだした!』


スコール「マデゴルァッ!」ダッ

リノア「こんなん無理に決まってるじゃあああああああああああん!」ダダダダ






18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:21:55.34 ID:uDLUo/l1o

リノア「ひぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」ダダダダ

スコール「オルァッ!このまま逃がすと思うなよ!?」ダダッ

リノア「あんなチート連中聞いてないから!一体どうやってスカウトしたの!?」バッ

スコール「俺の人望だボケッ!」

リノア「ウソ付け!どうせそれも誰かの人任せでしょ!」

スコール「それの何がいけないんだよぉぉぉぉぉぉぉ!」ダダダダ

リノア「開き直ってんじゃないわよぉぉぉぉぉぉ!!」ダダダダ


ド ン ッ


リノア「ッ!?」

ライトニング「う〜ん、やはりファングとは似ても似つかんな」ジロジロ

スコール「ねーやん!」

リノア「いつの間に!?瞬間移動!?」

ライトニング「瞬間移動っていうか」


【オーバークロック】時間を遅らせ発動者のみが自在に動ける


ライトニング「お前のスピードじゃ使うまでもなかったな」

リノア「ずっこ・・・」

スコール「リ〜ノ〜ア〜・・・」

リノア「うげっ!」

アルティミシア「観念しろ。悪魔め」フワァ

リノア「この・・・かくなる上は!」

リノア「アンジェロ!」ピピー


『アンジェロは やってこない!』


リノア「アンジェロ!?どこいったの!?アンジェロ!?」


ギルガメッシュ「アンジェロじゃねーよ!」ズドォン


リノア「ギルガメッシュ・・・!」

ギルガメッシュ「やっと取り返したぜ・・・エンギドゥ〜〜〜!」

エンギドゥ「くう〜ん」ペロペロ

リノア「い、いつの間に・・・」

ギルガメッシュ「うるせえクソアマ!お前からエンギドゥを取り返す機会をずっと伺ってたんだよ!」

リノア「くっそ〜!スコールに気を取られてたァーーーーー!」

スコール「容疑者確保ォーーーーーー!」


『リノアを つかまえた!』


ライトニング「ほら、捕まえたぞ」グイ

リノア「うう・・・」プラーン


『ぜんいんで リノアを 囲む』



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:26:52.09 ID:uDLUo/l1o

ゼル「もう・・・いいだろうよ・・・」

キスティス「あなたは歯止めが効かなくなってるだけなのよ」

アーヴァイン「僕らが止めてあげるよ〜」

セルフィ「だって・・・仲間じゃんっ」

リノア「・・・」プラーン

ライトニング「こいつが・・・とてもそうには見えんが」ジロジロ

リノア「私はかよわい女の子なんですっ本当なんです信じて!」

ライトニング「ファングを騙った奴の言う事など信じられるか!」

リノア「それアタシじゃないんですけど・・・」

スコール「るせえこの天然パケ写詐欺野郎!」

アルティミシア「やっと・・・捕まえたな」

スコール「ふへへへへ・・・クリムゾンみたいにしてやる・・・」

リノア「〜〜〜〜〜!!」


〜〜〜〜〜〜〜〜


リノア「 」(正座)


スコール「びくびくしちゃう覚悟はできたかゴルァ!」

リノア「それはティファさんに任せようよ・・・」

スコール「マンネリなんだよバカ!お口直しにお前のようなのがいるだろが!」

リノア「なんか屈辱だわ」

ギルガメッシュ「介錯は俺にやらせてくれ!よくもエンギドゥを!」

リノア「こいつ・・・もっとぼこぼこにしてやればよかった」

スコール「存分にやったろが!」

ライトニング「どうでもいいが情報を聞き出すんだろ?無駄な話をするな」

リノア「つか薔薇ねーさんなんでここにいんの・・・・」

アルティミシア「・・・さて、では死ぬ前にいくつか聞かせてもらおうか」

リノア「はい、なんなりと」(正座)

アルティミシア「お前の目的はなんだ。あの魔導士の意図しない不可解な行動の数々・・・」

オメガ「ナンカ半端ニ協力シテタラシイナ」

アルティミシア「そうだ。お前は言った。もっと強くなれと」

リノア「完全に予想外のレベルアップでしたけどね」

アルティミシア「・・・・何を企んでいる」

リノア「・・・」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/12(月) 19:28:58.73 ID:uDLUo/l1o

スコール「まてババア、俺らはさんざ言われたろ」

アルティミシア「教えて欲しくば」

スコール「力付くで聞け」

リノア「・・・そんなん言いましたっけ」テヘ

スコール「お望み通り力付くで聞いてくれるわ!」

スコール「とぉっ!」バッ


【逆エビ固め】


リノア「あだだだだだだだ!い〜〜〜だ〜〜〜〜い〜〜〜〜!!」

スコール「吐けゴルァ!!洗いざらい全部吐け!!」グググ

リノア「わわわわかった!痛いから!言うに言えないから!」バンバン!

アルティミシア「で?お前の目的はなんだ」

リノア「・・・」

スコール「 間 を 空 け る な ! 」グググ

リノア「ひぎぃぃぃぃ〜〜〜!ギブ!ギブギブギブ!」バンバンバン!

アルティミシア「はやく言わんとお前の半身が反りたってしまうぞ」

リノア「・・・」

アルティミシア「意外と口が堅いな・・・」

スコール「サンロクマルコースいくか?ええ?」

リノア「・・・」ボソボソ

スコール「ん?なに?」

リノア「私の・・・目的は・・・世界に・・・花を植えて・・・」

リノア「花を見て・・・みんな優しい気分になって・・・世界のみんなが仲良くなって・・・」

リノア「その隙に・・・他国に乗り込(ry

スコール「 ウ ソ 付 く な ! 」ググー!

リノア「あんぎゃあああああああ!」メキメキ

スコール「このボケがぁ!!俺の世界お花畑計画をパクんじゃねーぞ!」

リノア「ごめんごめん!いっぺん言って見たかったんだよぉぉぉぉぉ!」バンバンバン!

ライトニング「なんだそれは」

オメガ「ドウセコイツガ似タヨウナ状況デテキトーコイテゴマカソウトシタンダロ」

アルティミシア(大正解だ)

リノア「・・・・」ゼエハァ

スコール「このアマ!マジで粘りやがるな!」

アルティミシア「もういい。私が体で効こう」

ゼル「ちょ、おばさん!」

アーヴァイン「や、やっちまうってのかい!?」

アルティミシア「〜〜〜〜〜」キュィィィ

リノア「や、やばっ!」

スコール「待てババア!殺すな!まだはやい!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。