【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 後編 - 037

784 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/11(木) 02:50:23.87 ID:SAPSftEuo

ラグナ「んでよぉ、再圧縮後はどうすればいいか・・・」

ラグナ「それはお前が一番よくしってんな?」

スコール「えっ俺?」

ラグナ「どうやって時間圧縮の世界に行ったんだっけ?」

スコール「えっと・・・確かパパが」


(アルティミシアの時代は遠い未来。本当ならここにいる誰も存在できない世界。

 そんな世界に自分を存在させる方法はひとつしかな〜い!

 仲間どうし、お互いの存在を消さないことだ!仲間どうし、お互いの存在を信じあうことだ!

 相手が存在することを信じるんだ!その相手はこっちの存在を信じてくれてるぞ!

 友だちでいること、好きになったり好かれたりすること、愛し愛されること!

 ぜんぶ1人じゃできねえだろ?相手が必要なことだろ?)


スコール「って言ってた」

アルティミシア「くさっ。くさいなお前」

ラグナ「我ながらイイ事言うぜ〜」ウンウン

キロス「他者の存在を信じる事、か。なるほど」

アルティミシア「そうか・・・そうやって来たのかお前等は・・・」

ラグナ「よーし!まとめるとこうだ!」


【作戦概要】

1アルティミシアが時間圧縮を一旦解除

2エクスデス完全復活。即座に『無』発動

3世界が無に飲まれるのをクリスタルで食い止める

4その間に次元の狭間突入

5アルティミシアが時間を再圧縮。再び無は消える

6次元の狭間でエクスデス撃破、無を封じる



785 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/11(木) 02:52:00.59 ID:SAPSftEuo

ラグナ「魔女討伐はこの後仕切りなおしてやりゃあイイ」

スコール「あのウド巨人倒したら今度こそぶち殺すからな!」

アルティミシア「やってみろ。再び時の流れに送ってくれるわ!」

ラグナ「最後くらい仲良くしろよ」


スコール・アルティミシア「ガルルルルル・・・・」


キロス「さて、では避けて通れない問題点だが」

ラグナ「まず一つ。これは言われなくてもわかるよな?」


全員「リノア・・・」


ラグナ「あの嬢ちゃんはルナパンの中にいるんだろ?」

キロス「戦闘は避けて通れないな」

スコール「あのアマだけはほんと・・・」

アルティミシア「お望み通り強化してやったのだ。気が済むまでボッコボコにしてやればイイ」

オダイン「おじゃじゃじゃじゃじゃ!作戦を妨害する可能性がある物は除去するのでおじゃる!」

キロス「そう、彼女の意図は今もって不明だ」

ラグナ「デリケートな作戦だぜ。時間再圧縮の途中で妨害なんてされた日にゃ世界は即座にお陀仏だ」

アルティミシア「こいつらが盾なってくれるだろ」

スコール「捨石にしようとしてるんじゃねーよ」

ラグナ「そして二つ。ライトだ」

スコール「それもあったか・・・」

ラグナ「ライトはおそらくババアを知らない。だからババアが時間圧縮発動者と知ったら攻撃してくる可能性がある」

ラグナ「だが今ここでババアに死なれたら困る。だからお前ら、全力で説得しろ」

キロス「すでに次元の狭間に先乗りしているんだったな」

スコール「あのねーやん人の話きかねーからな・・・」

アルティミシア「前だけ見てろ。背中は守るとか言ってたな」

スコール「むしろ誤爆されそうだわ。邪魔だとか逆切れされて」

ラグナ「そして3つめ。これはまぁ、願望と言うか、希望なんだが」


スコール・アルティミシア「?」


ラグナ「その、できればでイイからよぉ・・・アデルを助けてやってくれねーか」



786 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/11(木) 02:53:01.78 ID:SAPSftEuo

スコール「うげ」

アルティミシア「え〜あいつ?」

ラグナ「そのよぉ、前回はなんか悪人だったらしいけど?」

ラグナ「今はただスポーツが好きで寂しがり屋なだけなんだ」

ラグナ「必ず助けるって約束しちまったしよぉ・・・頼むわ」

スコール「威圧感を出すのをやめてくれたら」

アルティミシア「めんどくさい。色んな意味で」

ラグナ「頼りっきりですまねーけどよ・・・ま、できたらでいいからよっ」

キロス「とかいいつつ内心絶対助けろと思っているラグナ君であった」

スコール「命令すんなカス」

アルティミシア「何様だお前」

ラグナ「大統領だっつーの」

ゼル「リノアには俺らも用事あるぜ」

キスティス「あのルナティックパンドラの一番上にいるのね」

セルフィ「なんか複雑〜」

アーヴァイン「ま、ほっとくわけにもいかないか〜」


ラグナ「うぉーーーーーっし!」


全員「ぬおっ」


ラグナ「じゃあ行くぞ!ラグナロク乗るぞ!ラグナロク!」

ラグナ「あの中で最後の作戦説明にしようぜ!」

ラグナ「一回乗りたかったんだアレ!俺と名前似てるしな!」

アルティミシア「お前がつけたんだろ」

スコール「しらこいんだよ」


ラグナ「いっくぞぉーーーーーーーーー!」ダッ


全員「お〜〜〜〜〜〜〜!」


アルティミシア「歩くのめんどくさいからお前の脳みそに戻っていいか」

スコール「飛べ。月の地下渓谷まで」












リノア「〜〜〜〜〜〜〜〜〜」フワァ


サイファー「・・・・・」コツコツコツ






798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/12(金) 00:47:16.99 ID:MZ+BYUcIo

・ラグナロク

ラグナ「おっし!」

ラグナ「諸君!」ビシ!

ラグナ「ここからは最終目標エクスデスまで一気に行っちまうぞ!」

ラグナ「作戦のおさらい、いってみよう!」

アルティミシア(いるのか?)

スコール「ちゃっかり年齢層を考慮してやがる」

ラグナ「まず【ルナティックパンドラ】に入りアデルを救出する!」

アルティミシア(ええ〜)

スコール「シンになっちまうか不安」

ラグナ「次に【リノアを倒す!】あの嬢ちゃんにはちょっとばかしおとなしくしてもらう!」

スコール「それが一番キツイんだよな」

アルティミシア(大丈夫だろ、強化したんだから)

ラグナ「ここで注意!」

ラグナ「リノアの行動は不審な点が多いので何をしてくるか予想不可能だ!」

スコール「出会った時から知っとるわ」

アルティミシア(電波だもんな)

ラグナ「ババアの話じゃ時間再圧縮の際にもう一度アデルの時代へ飛ぶ必要がある!」

ラグナ「エル、引き受けてくれるか?」

エルオーネ「大丈夫です!」

ラグナ「おーし!」

ラグナ「で、次にババアが前準備として【時間圧縮を解く】!」

ラグナ「【無の完全復活】が始まる!世界が無に包まれる!」

ラグナ「【クリスタルでそれを食い止める】!その間に【突入】する!」

ラグナ「突入後【時間圧縮】で無を消す!」

ラグナ「無は本来存在しないスキ間の世界、さらにそこに時間圧縮を加える事によって」

ラグナ「本当ならここにいる誰も存在できない世界」

ラグナ「そんな世界に自分を存在させる方法はひとつしかな〜い!」

ラグナ「バカ息子、なんだっけ?」

スコール「・・・・仲間同士、お互いの存在を信じ合う事」

ラグナ「そう、相手が存在する事を信じるんだ!その相手はこっちの存在を信じてくれるぞ!」

スコール「ほんといつ聞いてもくっさいわ」

アルティミシア(サブイボ立った)

ラグナ「友達でいること、すきになったり好かれたりすること、愛し愛されること!」

ラグナ「ぜんぶ一人じゃ出来ねえだろ?相手が必要な事だろ?」

ラグナ「なあ?お前達?」

スコール「やっぱそれ言うのか」

アルティミシア(気に入ってるんだな)



799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/12(金) 00:48:54.92 ID:MZ+BYUcIo

ラグナ「仲間と一緒にいるところを一番思い浮かべやすい場所はどこだ?」

ラグナ「そこに全員が一緒にいるようすを思い浮かべるんだ」

スコール「カーウェイ邸門前、アルティミシア城パイプオルガン前・・・・」

アルティミシア(それパンチラスポットだろ)

ラグナ「時間圧縮が始まったらそういう場所考えて、そこを目指せよ!」

アルティミシア(間違えて私の城くるなよ?)

スコール「いくか。今は廃墟同然だろが」

ラグナ「この作戦に必要なのは愛と友情!それからこの作戦を信じる勇気!」

ラグナ「そして時を跨ぐ古代と未来への希望!」

アルティミシア(お?)

ラグナ「名付けて『過去と未来、時の大作戦』だ!」

アルティミシア(変わった・・・)

スコール「パラドクス発生したな」


ラグナ「頼んだぜみんな!」


全員「おお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」


スコール「ネーミングがまんまだが、みんなやる気になったみたいだ」

アルティミシア(クロ○トリガーとか言い出すのかと思ったよ)

ラグナ「うまくいきそうか?」

スコール「まかせろ、俺には最終奥義蓋開けジエンドがある!」

アルティミシア(人任せにするな)

ラグナ「全部終わったらいろいろ話そうな」

スコール「エスタの税収を俺に相続するっていう話?」

ラグナ「しねーよ」

ウォード「・・・・・・・・」

キロス「父親に似なくてよかったな。だと」

アルティミシア(そっくりだと思うんだが)

キロス「・・・母親似にもならなかったようだな」

スコール「俺はオンリーワンだ!」

アルティミシア(自己中なだけだ)

キロス「そう、どちらかと言うとアルティミシア似だ」

スコール「 ど こ が ! ? 」

アルティミシア(聞き捨てならんぞオイ!?)

キロス「いやワガママな所が」

スコール「俺がいつ時間圧縮したんだよ!」

アルティミシア(私はワガママじゃないだろ!こんなアホと一緒にするな!)

ラグナ「・・・はやくいけよ」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。