【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 後編 - 025

701 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/10(水) 00:38:36.73 ID:D5joHcYNo

シーン・・・・・・

ラグナ「その様子じゃダメだったみたいだな」

キロス「希望は絶たれたわけか・・・」

エルオーネ「全滅、ね」ガク

アルティミシア(・・・)

スコール「もーまじめんどくせーよーー!!」ゴロン

アルティミシア(お、おい)

スコール「どうせ勇者に聞いても肝心な事何も言わないしさーーーーー!」

スコール「誰の尻拭いを・・・もうまじめんどくせーーーーーー!!」

ウォード「・・・・・・・」

キロス「そうだぞ。諦めるのはよくないぞ」

スコール「じゃあどうしろってんだよ!世界中のモブを一人一人調査していくか!?」

スコール「何年かかるんだよそれ!そりゃ高校生も三十路になるわ!」

スコール「やってらんねーよ!ボケ!死ね!」

アルティミシア(また始まったよ)

ラグナ「でもよぉ、バカ息子の言う事も一理あるぜェ」

ラグナ「ぶっちゃけもう心当たりねーだろ?」

オダイン「4つ集まれば何かすごい研究ができると期待しておじゃったのに・・・」

全員「・・・・・・」


ウォード「・・・・・・」


キロス「ん?特徴?」

ラグナ「どうした?」

キロス「そのレナなる人物の見た目は?と言っている」

オダイン「おい亀、オマエ知ってるでおじゃろ?なんせ当時もいたのでおじゃるからな」

亀「レナの特長?ええと、初めて会った時は・・・」

亀「お前らSeedより少し年上で、慈愛に溢れた優しい性格をしておった・・・」

オダイン「内面を聞いてるのではおじゃらん!見た目でおじゃる!」

亀「え・・・見た目・・・その辺の生娘とそう変わらんが・・・」

亀「ああそうだ、一つだけ特徴があったな」

アルティミシア(リノアも言っていた)


(ピンク色の髪らしいよ。今時珍しいよね)


亀「ファリス共々桃色の髪色をしておった。これは血筋の問題かもしれぬ」

スコール「だから・・・いねーからそんなパンクな奴・・・」

ラグナ「いやでもそれ、染めてるだけじゃねえの?」

キロス「髪色なぞどうにでもなるぞ」

スコール「ピンクの地毛とか聞いたことねーわ。どこのエロゲヒロインだよ」

ラグナ「そっちならいくらでも思いつくよな」

スコール「やっとんかい」






702 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/10(水) 00:40:46.34 ID:D5joHcYNo

全員「・・・・」


キスティス「あの、ちょっといい?」

スコール「あ?」

アーヴァイン「ピンクの髪の人〜一人だけ心当たりあるけど〜」

ゼル「あまり思い出したくねーけどよ」

スコール「・・・だれだよ」

キスティス「ほら、あなたの・・・先輩?いや、後輩?」

セルフィ「おねえさま〜」

アルティミシア(あっ)


(共に行こう!)


スコール「 ね ー や ん ! 」

アルティミシア(あいつか・・・?確かに淡いピンクだったが)

セルフィ「アタシらよりすこし年上で〜」

ゼル「勇者っぽい見た目だよな。すんげー格好してさ」

キスティス「ライトニングさんだっけ?条件ピッタリだと思うけど」

ラグナ「なんだぁ?心当たりあるんじゃねーか」

スコール「いやいやいやwあの人は絶対違うと思う!」

スコール「あの人はどっちかって言うとクラウド!別もん!別もん!」

ゼル「そんなのわかんねーだろ」

スコール「いやだって、あの人慈愛のカケラもねーじゃん!完全に破壊神じゃん!」

ゼル「そりゃお前に対してだけだろ」

セルフィ「生まれ変わりでしょ〜」

キスティス「人は変わるわよ。あなたのように」

アルティミシア(こいつは元々こうだ)

キロス「満場一致のようだが?」

スコール「いや、でもねーやんは」

アルティミシア(そう、ガーデン戦の時にガルバディアガーデンと共に自ら沈んでいった)

スコール「つうかピンチになったら駆けつけるとか言っといて一回しか来てないっていう」

ゼル「いや来たじゃん。ガーデン助けようとしただろ」

スコール「ギルガメッシュ以上に低確率の乱入型なんだけど」

エルオーネ「その人・・・まま先生から聞いた」

エルオーネ「自分から飛び込んで・・・今次元の狭間にいるのよね?」

アルティミシア(そうそう)

スコール「いやほんと、ねーやんはないってwあの人ルシだから」

ラグナ「ルシってなんだよ」

スコール「コクーンでパルスのファルシに使命を与えられたルシ」

ラグナ「意味わかんねえ・・・」



703 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/10(水) 00:41:18.98 ID:D5joHcYNo

スコール「つかねーやんだったとしてあのド天然がおとなしく協力してくれるわけないじゃん・・・」

スコール「やだよ俺・・・お前らが説得しろよめんんどくさいから・・・」ゴロゴロ

アルティミシア(少し天然な所あるものな)

スコール「つかそもそも、くるわけねーだろ次元の狭間にいるんだから・・・どっちにしろお手上げじゃん・・・」ゴロゴロ

ラグナ「寝そべるなバカ息子」


ゴロゴロゴロゴロ・・・・ コロン


エルオーネ「スコール、何か落ちたわよ」

スコール「ん?」

セルフィ「それおねーさまに貰った奴〜」


【フラグメント】


スコール「ああこれ・・・これ持ってれば助けに来てくれるって言う・・・」

アルティミシア(とかいいつつ使用方法がわからなかったな)


オダイン「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」


全員「!?」

オダイン「おじゃじゃじゃじゃ〜〜〜!お前らそれ!どこで手に入れたでおじゃるか!?」

スコール「いやだから、ねーやんに貰ったんだって」

オダイン「持ってたならさっさと出せでおじゃる!ボケ!カス!」

オダイン「それでおじゃるよ!それ!」


オダイン「 そ れ も ク リ ス タ ル で お じ ゃ る ! 」


全員「 え っ ! ? 」


スコール「イヤ似てるけど!?」

アルティミシア(色が違うだろ!?)

スコール「いやいやいやwあの人バッツとかとなんの関係ももねーだろ!?」

オダイン「いきさつなどどうでもいいのでおじゃる!真実は一つでおじゃる!」

オダイン「お前ら何をしてるでおじゃるか!さっさとあいつからクリスタルを引き離すでおじゃる!」ピピー


ザッザッザッザッザ・・・


『けいびへいが スコールのまわりを かこむ』



704 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/10(水) 00:42:11.34 ID:D5joHcYNo

スコール「あんだよ!?」

オダイン「確保〜〜〜〜〜!」


ガシ!


スコール「ぬあっ!は、はなせ!この宇宙警備員共!」ゲシゲシ

オダイン「確保確保確保〜〜〜〜!クリスタルを速くこちらへ!!」

アルティミシア(こんな手荒なマネしなくても持っていくだろ)

スコール「痛い痛い!は〜な〜せ〜よ〜」ジタバタ


ゲシッ・・・コロコロ


エルオーネ「これ・・・・クリスタルなの?」

オダイン「エルオーネ!はやくそれもオダインの元まで!」

エルオーネ「はいはい・・・スコール、ちょっと借りるわね」チャリ

スコール「な、なんか奪われたみたいでイヤだ!返せ!渡す気になれない!」

アルティミシア(なんでこう、普通に貸せと言えないかなこのちょんまげは)


『エルオーネは フラグメントを ひろった!』


エルオーネ「これ・・・クリスタルなの?微妙に違うくない?」

スコール「だ〜か〜ら〜それはねーやんが持ってた全然関係ないアイテム・・・」

エルオーネ「まあ役立つならそれでいいじゃない」

エルオーネ「はか・・・せ?」


オダイン「 」

ラグナ「 」

キロス「 」

ウォード「 」


エルオーネ「・・・え?」


キスティス「 」

ゼル「 」

セルフィ「 」

アーヴァイン「 」


アルティミシア(お、おまえら!?どうした一体!)



705 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/10(水) 00:43:31.73 ID:D5joHcYNo

警備兵「 」


スコール「なんか固まってるんだけど」

エルオーネ「???」

アルティミシア(スコール、アレは本当になんだ・・・?)

スコール「いやだから、ねーやん召喚アイテム・・・」

アルティミシア(ち、違う、あれはそんな陳腐な物じゃない)

アルティミシア(エルオーネがあれに触れた瞬間・・・)

スコール「なによ」

アルティミシア(時間が止まった)


スコール・エルオーネ「 」ブッ


『あたりの じかんが とまっている!』


スコール「なにそれAVのあれ!?」

アルティミシア(なわけないだろ!止まっているからと言って襲うなよ?)

エルオーネ「い、一体どういう・・・」

アルティミシア(どうやらそれは時間に影響を及ぼす物質のようだ・・・)

スコール「俺ずっと持ってたけど特に何もなかっただろ」

アルティミシア(そうだ。エルオーネが触れた瞬間だ。何故・・・)

エルオーネ「・・・もしかしてこの力、関係ある?」

アルティミシア(ありうる。どちらも時の流れに作用する物)

アルティミシア(共鳴したか?あるいは・・・)

スコール「お、おいババア、見ろ!」

アルティミシア(!?)


グニャァァァァァァ・・・


アルティミシア(空間が歪んでいる!?なぜ!?)

エルオーネ「これ、アタシがジャンクションする時の・・・」


グニャァァァァァ・・・ ザザッ ザザッ


スコール「ノイズまで!エルねーちゃん力使った!?」

エルオーネ「使ってない使ってない!」ブンブン



グ ニ ャ ァ ァ ァ ァ ァ ! ! 


『ゆがみが はげしくなる!』







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。