【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 後編 - 024

654 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/30(日) 03:45:03.30 ID:bfUCcUtEo

リノア「あの幼女がどう育つかは・・・二人は知ってるよね」

スコール(そう、リノアは父親に反抗してレジスタンスに飛び込むんだ・・・)

アルティミシア(これが原因か・・・)

リノア「アウトロールート確定で〜す!」キャッキャ

スコール(何で他人事なんだよ!ありゃお前だろ!)

リノア「だからさぁ・・・何度も言うけど、過去は変えられないのよ」

リノア「アタシがダディに反抗するのも、レジスタンスに入るのも、魔女になるのも」

リノア「あなたに捨てられるのも、ね」

スコール(・・・)

リノア「でも辛い過去は、変えたいと思うのが人の性だよね〜」

リノア「おばさんなんて時間圧縮とか言う裏技まで使っちゃうんだもんねっ」

アルティミシア(何が言いたい)

リノア「過去を変える方法、一つだけあるよ」

スコール(なんだよ!?)

リノア「過去も未来も現在も、ぜ〜〜〜〜〜〜んぶ!」

リノア「『無』に返す事!これなら運命なんて関係ないね〜〜〜〜!」

スコール(消すだけじゃねえか・・・!)

アルティミシア(そんなもの変えた内に入るか!)

リノア「スコールの裏切り、それはそれは深い罪。そしてそれはもう消えない」

リノア「だからアタシが消してあげるよ。あなたの罪をアタシがさ」

リノア「キレイサッパリ、ね」

スコール(気取ったこと言ってんじゃねえよ・・・)ワナワナ

アルティミシア(ただ消滅させるだけだろ!バカかお前!?)

リノア「ありゃ以外、おばさんなら共感してくれると思ったのにー」

アルティミシア(するか!1%も理解できんわ!)

リノア「てかなんでスコール達ここにいんの?それこそ予想外なんですけど」

スコール(・・・クリスタルのカケラの手がかりを探しに来たんだよ)

リノア「ああwやっぱりつまってたかー」

スコール(お前が誘導したんだろ・・・)

リノア「誰探してるの?バッツ?ファリス?」

スコール(レナだよ)

リノア「あ、ごめんわかんない」

スコール(だったら集めようがねーだろ!)


ザァァァァァァァ・・・・・!!


リノア「雨が強くなってきたね〜」

ジュリア「 」

カーウェイ「・・・」ガク

リノア「そいつの心模様も、大嵐かな?」クスクス






655 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/30(日) 03:46:11.35 ID:bfUCcUtEo

リノア「あーでも、レナの特徴ならわかるよ」

リノア「ピンク色の髪らしいよ。今時珍しいよね」

スコール(いねーよ・・・そんな奴・・・)

リノア「それを探すのがスコールの役目でしょ」

スコール(俺らに中途半端に協力して、一体何がしたいんだよ!!)

アルティミシア(お前、本当にエクスデス側か?どう考えても意図と離れてるぞ)

リノア「まぁ・・・なんていうか、その」

リノア「win-winな関係?みたいな?」

アルティミシア(なにがwin-winだ!)

リノア「とりあえずそこ離れようよ。そこ邪魔だよ」


ピーポーピーポー・・・


救急隊員「どいてくださーい!ちょっとどいて!」

救急隊員「この人、ジュリアだ!歌手の・・・」

救急隊員「乗せるぞ!せーの!」


ジュリア「 」


リノア「一応救急車には乗せるのね」

スコール(・・・あんとも思わねーのかよ)

リノア「何が?」

スコール(母親が死んだ所見て、なんでそんな平気なんだよ!)

リノア「いやだって、アタシにとっては過去の話だし」

リノア「でもあの子はそうは思わないよね」


リノア(幼)「・・・・・」ギリィ


リノア「ダディ覚悟しといた方がいいよ、ここから先大変だから」

リノア「すんごいお転婆だけど、ビッグダディとしてがんばんなw」ペシ

カーウェイ「・・・・・・」


ピーポーピーポー・・・・


『きゅうきゅうしゃが はなれていった』


リノア「救急車いっちゃったね〜」

リノア「さて、風邪をひかない内に帰りましょっか」


グニャアアアアアア・・・・・



656 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/30(日) 03:47:16.50 ID:bfUCcUtEo

スコール(ここで!?)

アルティミシア(待てエルオーネ!もう少し!せめてもう少し・・・)

リノア「レナ、見つかるといいね」

スコール(まてっリノアッお前には聞きたいことが山ほど(ry

アルティミシア(レナに会っただろお前!日記に書いてたぞ!)

リノア「家に戻りなよダディ。かわいい娘が待ってるよ」


スコール・アルティミシア( ま デ や ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ー ー ー ー ! ! )



リノア「〜〜〜♪」バイバーイ



グニャアアアアアア・・・・・


ァァァァァ・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


スコール「ぶはっ!」

ゼル「お、戻ったか」

アーヴァイン「どうだった〜?」

スコール「・・・エル姉ちゃん、見てた?」

エルオーネ「ええ・・・」

ラグナ「ジュリア、元気だったか?」

スコール「・・・」

アルティミシア(さすがにこれは言えないな)

エルオーネ「ジュリアさん・・・会ったわ」

エルオーネ「その・・・仲良くやってたわ、旦那さんと」

ラグナ「かぁ〜、・・・まぁ、幸せならそれでいっか」

キロス「事故で亡くなったと聞いた時は驚いたがな・・・」

キロス「惜しい人を亡くしたよ」

スコール(・・・・)

アルティミシア(我々が・・・殺したのか?)

スコール(ちっげーよ!ありゃ事故だ!俺らのせいじゃない!)

エルオーネ「そう、過去は変えられないのよ、どう足掻いても・・・」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。