【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 後編 - 010

544 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 22:43:20.25 ID:dyiguCYjo

アルティミシア(焦る方向が違うだろ。わかってるのか?)

アルティミシア(世界の危機なんだぞ?託されたんだろ?クリスタルに)

スコール「いらねんだよ・・・何が魔法剣士だ」

スコール「そんなもんよりこう、ナンパ師とかそういうジョブないの?」

スコール「媚薬とか調合できる、そういう感じの」

アルティミシア(固有アビリティはなんだよ)

スコール「・・・手○ン?」

アルティミシア(死ね!汚らわしいんだよ!)

スコール「魔女なら惚れ薬の精製法とか知ってるだろ。教えろよ」

アルティミシア(あるか。あってもなんで私がそんなもん使わないと行けないんだよ)

スコール「一口だけで一気に発情する薬とかないのかよ〜飲むタイプの〜」

アルティミシア(お前の頭を直す薬を調合したいよ)


ギルガメッシュ「あるぞ」


スコール「どあぁ!」

アルティミシア(いつの間に)

ギルガメッシュ「薬を調合するジョブ、あるぞ」

スコール「マジ!?」

アルティミシア(あるのか・・・)

ギルガメッシュ「現役の頃のバッツにそれでボッコボコにされたんだよな」ハハハ

スコール「じゃあ・・・」

ギルガメッシュ「残りのクリスタルに宿った連中が持ってるかもな」

スコール「・・・」

アルティミシア(何に使うんだよそんなジョブ)

ギルガメッシュ「おいおいバカにするなよ?名前とは裏腹にめちゃくちゃ強いんだぜ」

ギルガメッシュ「相手の耐性を全部無視できる超強力な調合師だぜ」

アルティミシア(どことなく非合法の香りがするな)

スコール「残りの奴が持ってんの?」

ギルガメッシュ「可能性は多いにあるんじゃねえの?」


スコール「・・・キエエエエエエエエエエエエ!!」ダダダダダダ


アルティミシア(ああもう、変な事吹き込むなよ)

ギルガメッシュ「あ、おい!どこに行くんだよ!おい!」



545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 22:44:42.40 ID:dyiguCYjo

・ブリッジ

スコール「全速全身フルスロットル!ゆけ!爆発するまで全力でいけ〜〜〜〜!」

ニーダ「なんだよ突然!」

シュウ「急にやる気だしてなによ」

スコール「調合調合調合調合・・・」ブツブツ

シュウ「?」

スコール「はやくいけ〜〜〜〜!」ビシビシ

ニーダ「やってるよ!叩くな!」

ギルガメッシュ「まてよもう・・・急に走り出しやがって」ゼエゼエ

シュウ「あ・・・イデアさんのGF」

ギルガメッシュ「用事があって来たんだよ・・・ママさんに頼まれて」

アルティミシア(どうした?)

ギルガメッシュ「ウォルスの塔について知りたいんだろ?ちゃんと教えてやるから」

スコール「ちょうちょうごう!ちょうちょうちょうちょうちょうごうごう!」

ギルガメッシュ「聞けよ!」


〜〜移動中〜〜

シュウ「ああ、これから向かう所ね」

アルティミシア(クリスタルを祭ってたんだろ?)

ギルガメッシュ「あそこはな、水のクリスタルを祭ってたんだ」

ギルガメッシュ「海底にあるのはおあつらえ向きだな」

アルティミシア(水のクリスタル・・・)

シュウ「神様みたいな扱いだったのね」

ギルガメッシュ「ただそこにはさぁ、一つ問題があってさ」

ギルガメッシュ「バッツ曰くクリスタルを守る番人がいたんだとよ」

ニーダ「そりゃそんな大事な物を祭ってるからなぁ」

ギルガメッシュ「なんか聞いただけだけど・・・ロンゲの象が」

アルティミシア(色んな意味でなんだそれは)

シュウ「何?象の中のチャラ男なの?」

ギルガメッシュ「なんかいたんだってよ。よくわからんけど」

ギルガメッシュ「バッツが着いたらいきなり襲ってきたって」

アルティミシア(ロン毛の象が守護してるのか・・・)

ニーダ「水関係ないじゃん」

ギルガメッシュ「さすがに昔の話だけどよ、もしかしたらまだいるかもしれないから」

ギルガメッシュ「そこの所注意な」

シュウ「わざわざそれを教えに来てくれたのね」

アルティミシア(礼言えよ。お前の為にわざわざ来てくれたんだぞ)

スコール「リュックたんみたいな女の子なのかな〜」デレデレ

アルティミシア(あ、もうそれしか頭にないパターン)



546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 22:45:36.02 ID:dyiguCYjo

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・ ズゥン


・海上

ニーダ「着いたぞ」

シュウ「作戦会議よ。全員呼びましょ」


『しゅうごうを かけた!』


キスティス「いよいよね」

ゼル「この下にクリスタルが・・・」

セルフィ「ぷかぁ〜って浮いてこないかなぁ〜」

アルティミシア(ん・・・なるほど、どうやら今回はアタリの用だ)

アルティミシア(この下からピリピリと何かを感じる)

アーヴァイン「さすがにここからだと見えないね〜」

シュウ「人工島にはイデアさん達白いSeedが指揮してるわ」

シュウ「通信してみましょ」


ザザッ ピーーーー ガガ


イデア『こちらは準備万端です。さっそく調査装置を潜らせまてくれています』

イデア『・・・・どうやら成功したそうです。確かに塔らしき物が沈んでいると』


シュウ「さ、後は向かうだけ!覚悟はイイ!?」

全員「おお!」

スコール「ちょ〜〜〜ご〜〜〜〜!」

アルティミシア(まぁやる気出してるからいいか)


イデア『すいません、一つ問題が』ザザ

イデア『この塔・・・大海のよどみと違って・・・空気の層が存在しないそうです』


ゼル「へ?」


イデア『なので人工島から海底に向かい・・・内部は泳ぎになりますね』

イデア『もちろん空気はありません。酸素ボンベ程度なら用意できますが・・・』


シュウ「あっちゃ〜・・・そりゃそうか」

アーヴァイン「海底だもんね〜」

ゼル「どうするんだよ」



547 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 22:48:55.39 ID:dyiguCYjo

ニーダ「そこには番人がいるんだろ?泳ぎでバトルってきつくないか?」

キスティス「未知のダンジョンをいつ無くなるかわからない酸素ボンベだけってのもね」

スコール「ババアなんとかしろ」

アルティミシア(ラグナの時とは違うぞ。おそらく水圧の関係もある)

アルティミシア(そこまではジャンクションだけではとてもじゃないが・・・)

スコール「くそが・・・バッツめ。ジョブ、海猿とかないのかよ」

アルティミシア(それでどうやって戦うんだよ)


エルオーネ「大丈夫よ」


スコール「エル姉ちゃん・・・」

イデア『何か策が?』

エルオーネ「さっきラグナおじさんの少し前の過去にジャンクションしたの。ほんの少しだけ、過去を変えさせてもらったわ」

エルオーネ「スコールのアイテムの中に入ってるはず・・・見て見て」

スコール「なんて便利な姉ちゃんだ・・・ん?」ガサゴソ

スコール「なんだ・・・宝石?」キラン

セルフィ「なにそれ〜」

キスティス「真珠?キレイねぇ」

エルオーネ「使い方はラグナおじさんに聞いてみましょ」

スコール「あーあー、こちらスコール。パパ、聞こえる?」ザザ


ラグナ『聞こえるぞー!エルから聞いたぞ。海底に潜るんだよな?』


スコール「これなに?なんか入ってたけど」

ラグナ『おーおーそれそれ!それは俺が昔ブリッツできるように、オダインのじーさんに特別に作ってもらった奴でよぉ!』

ラグナ『水中のなかでもへっちゃらなすごい魔法グッズなんだぜ!仕組みはよくわかんねーけどな!』

スコール「どうやって使うの?」

ラグナ『バングル見てみろ!』

スコール「バングル・・・これ?」チャリ


【オダイン・バングル(改)】


ラグナ『そのバングルによぉ!その玉がちょうどハマる穴があるだろ!』

スコール「・・・あった。これだ」

スコール「ん?これどっかで見たことあるぞ?」

ラグナ『名前はなんと、そのまま「すいちゅう」オダインのじーさんにしては捻りのない名前だな!w』

アルティミシア(・・・)ハァ

スコール「 こ れ マ テ リ ア じ ゃ ね ー か ! 」






548 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 22:50:18.09 ID:dyiguCYjo

ラグナ『ん?なんだそれ?まぁいいじゃねーか!それで万事解決なんだからよ!』ハハハ

スコール「あのじじい・・・発明品全部どこかからのパクリじゃねえか・・・」

アルティミシア(全部ではないさ・・・きっと)

ラグナ『それで水の中も大丈夫だぜ!気を付けてな!』

スコール「ちょちょちょちょっとまって!これ一つだけしかないけど!」

ラグナ『そりゃそうだろ。一人用なんだから』

スコール「いやいやいやw他の連中は!?」

ラグナ『んなもん・・・待ってもらうしかねえだろ』

スコール「 俺 一 人 ! ? 」

スコール「いやいやいや!中に番人らしき奴がいるって情報あるんだけど!」

ラグナ『バトルはお前の専門分野だろうが』

スコール「暗い海底に俺一人!?ヤダよそんなの!タイタニックになっちゃうじゃん!」

ラグナ『誰も沈めとはいってねーだろ。それにお前はひとりじゃねーだろ』

アルティミシア(ちゃんとフォローしてやるから・・・)

スコール「ちょw待てや!俺に全部押し付けんなよ!」

ラグナ『あ、キロスが呼んでるわ。じゃあガンバッテな!』プチ

スコール「ちょ、パパーーーーーー!?」


シーーーン・・・


ゼル「まぁ、なんだ」

ゼル「腹くくれよ」ポン

シュウ「いくしかないわねぇ」

セルフィ「海の旅〜」

アーヴァイン「いいじゃないスキューバダイビングにきたと思ったら」

スコール「おもえるか!」

スコール「やだよ俺だけいつもひとりで!キツい事押しつけやがって!」

スコール「リーダーだなんだと担ぎ上げて、結局仕事押し付けてるだけじゃねえか〜〜〜〜!」

キスティス「まーたそうやってわがまま言う・・・」

スコール「イヤだね絶対!俺は意地でもここを動かんぞ!」ズン

シュウ「まーたはじまった」

エルオーネ「キスティ、お願いね」

キスティス「はぁ・・・」オーラ

スコール「ふん!」プイ

キスティス「スコール」チョンチョン

スコール「あ?」


【臭い息】


スコール「 」ドサ

キスティス「今の内に人工島まで引っ張っていきましょ」フキフキ

アルティミシア(足掻いても無駄だといい加減覚えたらどうだ)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。