【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 後編 - 002

489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:36:13.33 ID:dyiguCYjo

スコール「 ま ま せ ん せ い ー  ー ! 」

スコール「聞 こ え て た ら 返 事 し て く だ さ ー い !


ゼル「うるせっ!」


スコール「 ま 〜 ま 〜 せ 〜 ん  〜 せ 〜 ! 」



「 ウ ル ッ セ エ ン ダ ヨ コ ノ ボ ケ ガ ァ ! ! 」



スコール「!?」


「ヒトガ昼寝シテルトコロデ デッカイ声ダシテンジャネーゾゴルァ!!」


セルフィ「なんかレーダーに反応あり〜!」

アルティミシア(こ、この声は!)

スコール「パパが映画撮ってる時の・・・」


「ゴルァ!ソコノヒクーテー!チョットコッチコイヤ!」


ズ ド ォ ォ ォ ォ ォ ォ ン!


セルフィ「きゃーーー!」

キスティス「攻撃!?」

ゼル「ちょ、上!なんか大量に振ってる!」

スコール「うわ!あれって!!」


【テラブレイク】


全員「おあああああああああああ!!」


「オラァーーーーー!オチロヤァーーーー!」


スコール「じゃああいつ!」


オメガ「ブチコロスゾオラッッッ!シネ!!


スコール「 オ メ ガ ウ ェ ポ ン ! ? 」


オメガ「チョットコイッツッテンダロゴルァァァァ!!」


セルフィ「なにあのガラの悪いモンスタ〜!」

スコール「オィィィィ!なんであいつがここにいるんだよ!」

アルティミシア(オメガウェポン・・・ここに来ていたのか!)



490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:36:55.15 ID:dyiguCYjo

オメガ「マ!デ!ヤ!コノクソボケカスガァーーーー!」


スコール「ちょ、追ってきてる追ってきてる!」

セルフィ「全速全身退避〜〜〜〜〜!」ググ


オメガ「ニガスカオラァ!」バッ


【メギド・フレイム】


ズォォォォォォォォォォ!!


セルフィ「回避〜〜〜!」グオ!

スコール「おいババア!あれお前のしもべだろ!?なんとかしろよ!」

アルティミシア(あいつは元々私のしもべじゃない。ただの居候だ)

スコール「そうなの!?」

アルティミシア(ある日気づいたら勝手に住み着いていたんだ。何度も追い出そうとしたが・・・)

スコール「オメガウェポンが相手じゃぁな・・・」

アルティミシア(まるで地上げ屋だよ・・・)ハァ

セルフィ「振り切れないよぉ〜〜〜〜〜!」グググ

アルティミシア(しかしアイツ、何故ここに・・・?)

スコール「パパの時代にいたのもあいつだろ!?じゃあ昔っからいたことになるぞ!?」


オメガ「オラアァァァーーーー!ニゲキレルトオモウナーーーーー!!」


スコール「・・・つかなんであんなにガラ悪いんだよ」

アルティミシア(それはこっちが聞きたい)



パァンッ!


『まぶしいひかりが とつじょはっせられる!』


オメガ「オアッ!?」


スコール「な、なんだぁ〜〜〜!」



イデア「みなさんこっちです!はやく!」



全員「 ま ま 先 生 ! 」



491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:37:30.99 ID:dyiguCYjo

オメガ「ナンダァ!?邪魔スンナゴルァ!!」


イデア「閃光弾をもう一発。ラグナロクの退路を設けます」


スコール「ひぃぃぃ〜〜〜」


イデア「撃ちなさい!」


【閃光弾】


パ ァ ッ !


オメガ「ウワップ!?テメーコノオレガコンナ事デヤラレルト思ウナヨォー!」


【テラブレイク】


スコール「おああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」


イデア「こっちです!はやく!」


アーヴァイン「まま先生が付いてこいっ言ってる〜〜!」

セルフィ「にっげろ〜〜〜〜〜!」


オメガ「マデゴラッ!ウワッ!マタマブシッ・・・」


オメガ「オラァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」


ァァァァァァーーーーーー・・・・・・・・



・セントラクレーター 入江 白い船

スコール「ゼエ・・・ゼエ・・・」

ゼル「まじやばかったな・・・」

イデア「私の可愛い子供達、大丈夫ですか」

スコール「まさかオメガウェポンに出くわすとは思わなかったわ」

アルティミシア(なんであいつがあそこにいるんだよ)

イデア「私はエスタに着いた後、船の迎えで石の家へと帰りました」

イデア「石の家が近づいてきたと思ったら・・・あれがいたのです」

スコール「オメガウェポンか・・・」

イデア「彼はいきなり凄んできました。「何メンチきってんだゴルァ」と」

アルティミシア(チンピラか)

イデア「仕方がないのでこの船で入江に停泊してました」

キスティス「あんなのがいたらうかつに戻れませんね」






492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:38:27.39 ID:dyiguCYjo

イデア「あなた、子供達が戻ってきましたよ。あなた」

スコール「えっメタボいんの?」


シド「いやはやみなさん、お久しぶりです」


全員「学園長!」

アルティミシア(随分久しぶりだな)

シド「オメガウェポンと言うのですか・・・困りましたね」イヤハヤ

スコール「ほんとマジなんであいついるの?」

シド「彼も追われる身だそうです。かなりしつこいストーカーに付け回されていると」

アルティミシア(もしかして・・・神竜・・・?)

シド「それでナーバスになっているのでしょう。近寄る者皆あの権幕でまくしたてるのです」

セルフィ「ガラ悪いね〜」

イデア「彼は彼でセントラにて隠れていたのでしょう。しかし」

シド「みなさん・・・事は重大です」

ゼル「なんだよ」

シド「エルオーネが我々の身代わりに・・・あのオメガウェポンに捕えられてしまいました」


全員「 は ぁ ! ? 」


アルティミシア(エルオーネが!?)

スコール「何やってんだメタボゴルァ!一体何しに来たんだよ!」

イデア「オメガウェポンに襲撃された我々を逃がす代わりに彼女が先陣を切って・・・」


(みんな、私がなんとかなだめてみる!その隙に先生たちは逃げて!)

(待ちなさいエルオーネ!危険です!下がりなさい!)

(ブチコロスゾボロブネゴルァァァァァァァ!!)


イデア「・・・・」

スコール「あ、新たな問題発生・・・」ガク

アルティミシア(相手はあのオメガだろ・・・参ったな)

シド「いやはや、困りました・・・この船の武装ではとてもじゃありませんが・・・」

スコール「ちょんまげが知ったら発狂するだろうな」

アルティミシア(どうするんだよ)

スコール「エル姉ちゃんは無事なのかよ」

イデア「一応無事な用です。彼女の力で無事を知らせてきましたから」

シド「それがついさっきの出来事です・・・」

イデア「あなた達の接近もそれで知ったのですよ」



493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:39:24.28 ID:dyiguCYjo

スコール「オメガウェポンにジャンクションしたのかよ・・・」

イデア「彼の心は強い怒りと不安で満ちていました」

イデア「いつまた追手が来ると思うと夜も眠れない。それほど不安なようです」

アルティミシア(おいおいあんなのと神竜が戦ったら今度こそセントラは壊滅するぞ)

スコール「戻ってこなきゃよかった」ガク

シド「オメガウェポンがラグナロクを強襲したと言う事は、エルオーネもスコール達の接近を知ったはずです」

シド「彼女から何かアプローチがあれば救出の可能性があるのですが」

アルティミシア(我々がオメガウェポンにジャンクションすると?)

スコール「ありえる・・・」

アルティミシア(オメガウェポンか・・・あまりアイツには会いたくないのだが)

スコール(ババアと互角に渡り合える唯一の存在だもんな)

アルティミシア(いやちょっと、あいつとは軽い因縁が合ってな)

スコール「?」

アルティミシア(絶対怒ってるだろうな・・・ああ、どうしよう)ドキドキ

スコール「・・・何かしたんだな」


キィィィィーーーー・・・・ン


スコール「うわっぷ!やっぱりきた!」

イデア「エルオーネ救出の糸口、頼みましたよスコール」

アルティミシア(どうするよ、スコール)

スコール「つうかさぁ・・・あいつ生きてたんだな・・・」

アルティミシア(?)

スコール「一応前にあいつ倒したんだよ・・・」

アルティミシア(オメガウェポンを!?よく倒せたな!)

スコール「いやその・・・すんげー卑怯な手段使ったから・・・」

スコール「絶対俺にもキレてると思う・・・アイツ・・・」

アルティミシア(お前もやらかしてるではないか)

スコール「あ、会いたくねえ〜〜・・・」


キィィィィーーーー・・・・ン


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


スコール(・・・?)

アルティミシア(着いたぞ。ここはオメガウェポンの中だ)

スコール(あっ)

エルオーネ「スコール・・・」

スコール(エル姉ちゃん・・・)

アルティミシア(で、肝心のオメガウェポンは何をしている?)

オメガ「ゴルァ!」

スコール・アルティミシア(!?)



494 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:40:23.97 ID:dyiguCYjo

オメガ「テメー、マタナンカヨビヤガッタナ!頭ンナカ ザワザワスッゾ!」

エルオーネ「だって彼らは私を心配してるだろうし・・・」

エルオーネ「そもそもどうして私を生かしておくの?不快なら一思いにやってしまえばいいじゃない」

オメガ「ダーカーラー!ナンドモイッテルダロッテ!」

オメガ「次元ノ狭間、ハヤクツレテケヨ!」

アルティミシア(次元の狭間だと!?)

エルオーネ「私の力は生体接続・・・そんな、次元を開ける力なんてないわ」

オメガ「オマエサァ、イツマデシラバックレンノ?モウオマエノ正体バレテルカラ」

エルオーネ「私の正体・・・?」

オメガ「カクシテモムダナンダヨ。ボケ。ソノ『力』ガイイ証拠ダ」

オメガ「オメーハミノガシテヤルカラ、ハヤク次元アケロヨ!」

エルオーネ「わかんないわよ・・・そんな・・・」

オメガ「ハァ・・・強情ナヤツメ。マァイイ」

オメガ「シャベリタクナル迄オマエハズットオレト一緒ダカラナ!」

エルオーネ「ス、スコール・・・」ボソ

スコール(何これどういう状況?)

アルティミシア(エルオーネの正体?)

オメガ「ツカ、今度ハダレ呼ンダンダヨ。サッキノト違ウゾ」

オメガ「シカモナンカ見覚エアルカンジダシ。ダレ?」

スコール(ど、どうするよババア・・・)

アルティミシア(とりあえず挨拶だろ)

オメガ「ボソボソウルセーヨ。名ヲナノレ。カス」


スコール(は、はろぉ〜)ニコ


オメガ「!!」


アルティミシア(よ、ようオメガウェポン)


オメガ「チョ、エエッ!?」


スコール(いやはや、あの時はごめんね。後素敵な勲章ありがとう)

アルティミシア(やはりお前はそっちの方がかっこいいぞ。オメガウェポンよ)


エルオーネ「え、知り合い?」


オメガ「・・・」


オメガ「 ブ チ コ ロ ス ゾ ボ ケ ッ ! 」 


スコール・アルティミシア(やっぱりキレられてたか・・・)



495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/28(金) 01:40:53.12 ID:dyiguCYjo

オメガ「ヨリニモヨッテテメーラカヨ!出テコイゴルァ!今度コソマッショウシテクレルワ!」

スコール(いやいまジャンクション中だから無理・・・)

アルティミシア(よいではないか。過去の事は水に流そうぞ)

オメガ「ナガセルホドカンタンナ話ジャネーダロ!オマエラ俺ニ何シタとオモッテンダ!!」

オメガ「オマエラの本体ハドコダ!?今度コソブチコロシテクレルワ!」

スコール(完全にヘイト値マックスじゃん)

アルティミシア(嫌われたもんだな・・・)

エルオーネ「えっと、何かあったの?」

オメガ「聞イテクレヨエルオーネ!オマエノ友達ハマジサイアクダゼ!」

エルオーネ「・・・?」


1 スコール VS オメガウェポン

2 アルティミシア VS オメガウェポン


安価↓



496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/28(金) 01:42:16.83 ID:A50khvcVo




497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/28(金) 01:51:43.35 ID:DHjgbX0y0
1はだいたい想像つくけどな……







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。