【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 前編 - 054

420 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 02:33:29.37 ID:VozYh0ovo

アルティミシア(ちょ、おい!)

スコール「聞かれた臭くね!?」

セルフィ「大丈夫大丈夫〜」サササ


ガサゴソガサゴソ


セルフィ「はい、許可証」ペラ

スコール(慣れてる・・・)

セルフィ「後はこの人達をロッカーにいれて〜」ガコン

セルフィ「これでおっけぇ〜」ブイ

スコール「さすが・・・」

アルティミシア(お前は出る作品を間違えてないか)


ササッ ササッ


スコール「むっ」

アルティミシア(どうした?)

スコール「大佐・・・ここはどうやらスタジオの用だ」

セルフィ「番組取ってるよぉ〜」

スコール「なんの番組だ・・・」ジロジロ


「ちょっと君達!何やってんの!?」


【!】


スコール(ヤバッ!見つかった!)

セルフィ(危険フェイズ〜!)


P「困るよ君達、あれほど控室から出るなって言ったじゃないか〜!」

P「ほら、もう出番近づいてるから。こっちこっち!」






421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 02:34:26.67 ID:VozYh0ovo

・ティンバーマニアックス

編集長「・・・おっとすまない。ムダ話をし過ぎたようだね」

キスティス「いえ・・・(本当にムダな話ばかりだったわ)」

編集長「やはり悪いんだけど、ここが図書館だったとか聞いたことないよ」

編集長「確かに本はあるけどさ・・・ほら、雑誌ばかり」ペラ

キスティス「わざわざありがとうございました」

編集長「すまないね。力になれなくて」

編集「編集長、もう始まってますよ」

編集長「おっと危ない!もうこんな時間か!」

キスティス「何か?」

編集「最近この人、クイズ番組にハマっててね」

編集長「いやぁ〜毎週毎週楽しみにしてるんだよ。編集者として、知識を広めるのに役立つからね」

キスティス「はぁ・・・」

編集「テレビつけますね」ポチ


「さあ、今週もやってまいりましたティンバークイズショー!」

「今日の挑戦者は・・・こいつらッ!」


スコール「お茶の間のみなさん!よろしくお願いします!」

セルフィ「まみむめも!これ流行らせたい言葉で〜す!」


キスティス「 」ブッ


「今日のチャレンジャーは若いお二人!さあ、この前途ある二人は果たしてどこまで食い下がれるのか!?


スコール「せ〜の」

スコール・セルフィ「がんばるぞ〜ッ!」キャッキャ


編集長「あんたの連れだよね・・・あの子ら」

キスティス「帰ったらおしおきね」ピキ



422 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 02:34:57.68 ID:VozYh0ovo

アルティミシア(なんで出るんだよ!)

スコール(いやだって景品もらえるし・・・)

アルティミシア( 資 料 室 は ! ? )

スコール「これ終わったら」


司会「挑戦者、一人でブツブツと予習の確認でしょうか!気合十分です!」

司会「ではさっそく参りましょう〜第一問!」


【Q】G.F.とはGARDEN FIGHTERのことである(○×)


スコール(じゃあ後ババアよろしく)

アルティミシア(はぁ!?自分で解けよ!)


チッチッチッチッチッチッチ・・・・・・


司会「おっと挑戦者、いきなり難問にぶち当たったか!?時間が刻々と迫っているぞ!?」

スコール(ほら、はよ)

アルティミシア(あ〜もう、×!GFはGuardian Forceだ!)

スコール「×!GARDEN FIGHTERじゃなくてGuardian Forceだッ!」ビシ!


ピポピポピポーーーーン!


司会「第一問目、難なくクリア〜!これは幸先がいいですね!」


セルフィ「やった〜!」ピョン

スコール「このくらい・・・わけないですよ」フッ

アルティミシア(嘘つけ。カンニングも同然じゃないか)



423 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 02:35:55.56 ID:VozYh0ovo

司会「続いて第二問!」

アルティミシア(これ、いつまで続くんだ?)

スコール「さぁ・・・」


【Q】ウェンディゴから鉄パイプをぶんどることができる(○×)


セルフィ「これは?」

スコール「ぶんどるだっけ・・・ドロップじゃなかったか?」


チッチッチッチッチッチッチ・・・・・・


アルティミシア(グラシャラボラス取ったんなら知ってるだろ)

スコール「いや・・・さっぱり」

アルティミシア(・・・記憶障害か?)


チッチッチッチッチッチッチ・・・・・・


司会「さあどうした挑戦者!ここで脱落かぁ!?」

スコール「答えなんだよ」

アルティミシア(・・・○だ)

スコール「○で!」


ピポピポピポーーーーン!


司会「せ〜かい!さすが挑戦者、詳しいです!」

スコール「ゼルとモルボル連れてくるべきだった」

セルフィ「だよね〜」

アルティミシア(お前等ガーデンで何習ったんだよ)


司会「挑戦者、良いペースです!続いて第三問・・・」


『もんだいが つぎつぎと くりだされる!』


スコール「○!」

スコール「×!」

スコール「○!」


○!×!×!○!×!○!○!・・・・



424 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 02:37:45.13 ID:VozYh0ovo

P「・・・なんであいつ次々と正解してんの?」

AD「これ、ヤラセですよね」

P[やらせって言うな!演出だ」

P「チャンピオンは数字持ってるからここで脱落してもらったら困るんだよ。お前ちゃんと台本見せた?」

AD「見せましたよ。でも・・・あんな連中でしたっけ」

P「・・・やらかした?」

AD「見たいですね」

P「・・・CM〜〜〜〜〜!」


〜〜CM中〜〜〜

セルフィ「スコールすご〜い!」

スコール「らくしょーらくしょー!Seedなめんなよ!?」キリ

アルティミシア(全部私にやらせている癖に・・・)

AD「CM開け5秒前で〜す」

スコール「次も頼むぞ!」

アルティミシア(まぁ折角だから勝っとくか)

司会「挑戦者、王座奪還まで後一歩!さあ、次の問題です!」

スコール「こいや!」

司会「次の問題は・・・こちら!」


【Q】視点側と光源側両方から、光源の反射や透過、屈折を追跡する方法で。
  物体の材質による映り込みなどのが青合うを作成できる半面多大な計算時間を要するのは?


スコール「・・・は?」

アルティミシア(何言ってるんだこいつ)

スコール「ごめん、もっかい言って」

司会「スタート!」


チッチッチッチッチッチッチ・・・・・・


スコール「いや、ちょまてぇ!明らかに問題が変わったぞ!?」

アルティミシア(ハッ!スコール前!)


P「にやにや」


スコール「 ヤ ラ セ か よ ! 」

スコール「ぐぎぎ・・・そう来たかこの野郎・・・」

アルティミシア(悪いがさっぱりわからんぞ)

スコール「てんめぇーーーー!最初から出来レースだったんだなぁーーーー!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。