【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 前編 - 049

391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 01:39:32.02 ID:VozYh0ovo

スコール「オーベール湖か・・・ここは最後までよくわからなかったな」

アルティミシア(なんなのだそれは)

スコール「正体不明の生き物にパシらされんの。世界中の隅々まで」

アルティミシア(ほぉ・・・)

スコール「最終的にモルドレッド平原でスリースターズもらうんだけど・・・まぁ、それでも謎は多いな」

スコール「きもい人面石にしゃべる猿。しょぼいドローポイント。しまいには何もないガレキ・・・」

スコール「ほんともう何がしたかったのか・・・」

アルティミシア(余韻を残すイベントだろ)

スコール「俺は丸投げだと思っている」

セルフィ「発進しま〜す」


シュゴォォォォォォォ・・・・・・・キランッ


・オーベール湖


【メンバー】スコール キスティス アーヴァイン


アーヴァイン「そこそこ広いけどさ〜」

キスティス「ここに何が・・・」

スコール「呼ぶか・・・」


【ハミング】


スコール「・・・」


ズズズ・・・・


『湖面に黒い影がゆらりと浮かび上がる』


影「こんにちはヒトさん。素敵な歌ね」

スコール「結構恥ずかしいんだよボケ」

アルティミシア(世界一ハミングが似合わないなお前は)

アーヴァイン「なにこれ・・・」

キスティス「影・・・?」

影「こんにちはヒトさん。今日はピクニックかしら?」

アルティミシア(マイペースな奴だな)

スコール「お前クリスタル持ってるだろ」

スコール「出せ」

アルティミシア(お前も相変わらずだな・・・)



392 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 01:40:59.39 ID:VozYh0ovo

影「クリスタル?クリスタルって何かしら」

スコール「しらばっくれんな!ガレキから持ち出しただろ!」

スコール「出せ!石投げんぞゴルァ!」

影「ひゃっ!こわ〜い!」

キスティス「そんな乱暴な扱いしたらだめよ」

スコール「口調がイラつくんだよこいつは!ボケ!死ね!」

アーヴァイン「なにをそんなにイライラしてるんだい〜」

影「・・・わたしのオネガイ、きいてくれるかな?」

スコール「ほらきた」

アルティミシア(いきなりだな)

影「わたしのオトモダチのおサルさんをさがしてきてほしいの」

スコール「まだ何も言ってねえだろがぁ!こっちの話も聞けよ!!」

影「おサルさんはきっとどこかの森にいるわ。歩き回っていればじきに会えるはずよ」

影「どうかよろしくね・・・」ゴポゴポゴポ・・・

スコール「あ!ちょおまてぇ!クリスタルは!?クリスタル持ってんのかって!」

キスティス「・・・よくわかんないけど、とりあえずおサルさんを見つければいいのかしら」

アーヴァイン「ノーヒント?厳しいね〜」

スコール「くそが!またパシリに使う気か!」

アルティミシア(どこかの森って言われてもな・・・)


・ホーリーグローリー岬 (ドール北部)

スコール「あの野郎・・・人の話聞けよ・・・」

アルティミシア(いつもお前がやっている事だ)

アーヴァイン「ここにおサルさんがいるのかい?」

スコール「確かここのはずだ・・・」

キスティス「ねえ・・・あれじゃない?」


『サルがいた!』


サル「・・・」

アーヴァイン「どうすんのさ〜」

スコール「・・・・」チャリ


【石を投げる】


アルティミシア(いきなりか!?)

スコール「いいんだよ本当にこれが正解だから」

スコール「オラ!」ブン


スカッ



393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 01:41:56.98 ID:VozYh0ovo

サル「ヘタクソ〜」

アルティミシア(バカにされてるぞ)

スコール「バカはお前だ・・・」ニヤ


【フレアストーン】


アーヴァイン「ちょ」


キュィィィィィ・・・ 

ド ゴ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ! ! 


全員「 」

スコール「〜〜〜」ヘラヘラ

アルティミシア(オオオオオオイ!も、森が・・・)

スコール「サルげっちゅー」ガシ

サル「お、おお・・・」ピクピク

キスティス「あなた、ほんと乱暴すぎよ」

アーヴァイン「虫の息だよ〜」

スコール「ポーションけつにつっこんどけ」グイ

スコール「さて、じゃあ後はこいつをだな・・・」ズルズル


・オーベール湖

影「わぁ!また話しかけてくれたのね!」

スコール「土産だ。オラ!」ポイ

サル「・・・」ピクピク

影「まぁ、おサルさんじゃない」

スコール「お前の数少ない友達だろ(笑)連れて来てやったぞ。感謝しろ」

影「ありがとう!」

アルティミシア(虫の息なのに何でスルーなのだ・・・)

影「ねえ、こんな話知ってる?」

スコール「待て。俺らはお前のパシリに来たんじゃない」

影「・・・?」

スコール「クリスタルだぜよ。持ってんだろ?」

影「クリスタル?すてきな名前ね。それが何か?」

スコール「あんまりしらばっくれてると・・・」ジャキ

サル「ひぃぃ!」

スコール「お前のたった一人の友達を魚のえさにするぞ」ニヤ

アルティミシア(なんでそんなのばっか・・・)






394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 01:42:55.14 ID:VozYh0ovo

影「さかなのえさ?すてきね!」

影「きっとおさかなさんもよろこぶわ!さあ、えさを頂戴!」

サル「ええっ!」

スコール「・・・」イラ

アルティミシア(天然の奴と話してるみたいな感覚だな)

スコール「あ〜もうハッキリ言わないとわかんねーのか!」

スコール「クリスタル出さないとお前の友達殺すっつってんだよ!ボケ!」

アーヴァイン「直球すぎだよ〜」

キスティス「私達完全に悪者じゃない」

サル「お、おたしけ〜!」

影「・・・そのおサルさん、誰?」

全員「えっ」

影「どこから捕まえてきたの?そのおサルさん」

スコール「いや、お前の友達じゃ・・・」

影「おサルさんとともだち?ばか言わないでよ。陸の生き物と水の生き物に接点があるわけないじゃない」

影「わたしの友達はそうね・・・たまに魚をとりにくる鳥さんね」

影「そんなサル知らないわ」

アルティミシア(捨てられた・・・な)

サル「・・・」

スコール「ど、どうしよう」

キスティス「え〜っと、その」

キスティス「アタシ達クリスタルってのを探してるのね」

影「クリスタル?クリスタルって何?」

キスティス「こう、キラキラした綺麗な石なんだけど・・・」

影「ああっ!石!石なら知ってるわ!」

キスティス「ほんと!」

スコール「いや、多分・・・」

影「エルドビークで息抜き」

スコール「それじゃねえよ!」


『影は湖面に沈んでいった』


スコール「までやゴルァ!お前ちょっとは話し聞けよ!」

アルティミシア(こいつはほんともう・・・)

アーヴァイン「このおサルさんどうしよっか・・・」

サル「・・・」

スコール「しゃあねえ。こいつから聞くか」



395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/16(日) 01:44:07.77 ID:VozYh0ovo

・ラグナロク

スコール「というわけで連れ来たんだけど」

セルフィ「何そのおサルさん〜」

スコール「自己紹介しろサル」

サル「・・・サルです」

スコール「なんだそのぶっきらぼうな挨拶は!愛嬌だせゴルァ!」

セルフィ「しゃべるおサルさんだ〜」

サル「・・・」ニヤニヤ

アルティミシア(ん?)

セルフィ「かわいいねえ〜」ナデナデ

サル「・・・」チラチラ

アルティミシア(あ〜こいつ!)

スコール「 覗 く な ボ ケ ェ ! 」ゲンコツ

サル「きぃ〜〜」ヒリヒリ

セルフィ「・・・たんこぶできちゃった」

スコール「殺すぞエロザル!動物だからって何しても許されると思うな!」

スコール「言っておくがお前は人質ならぬ猿質だ。なめたマネしてると上空から叩き落とすぞ!」

サル「森に帰りたい・・・」

スコール「ったくボケが!」

ゼル「で、お前なんか知らない?」

サル「知らないよぉ〜。こんな石なら持ってるけど」


『 ラ ン ト ル 』


ゼル「なんだこれ」

スコール「あ〜モルドレッド平原の奴ね」

サル「あの影さんがくれたんだ。おともだちの証だって言って。でも・・・」

アルティミシア(見事見捨てられたな)

スコール「脳内お花畑はイヤな事があるとすぐ現実逃避するんだよ」

サル「・・・」ショボーン

ゼル「なんかカワイソウだなこいつ」

スコール「・・・ところでさぁ、前から思ってたんだけど」

スコール「あの影関係で喋る生き物、お前くらいなんだけど」

スコール「お前はお前でなんなの?魔物?」

サル「・・・」

スコール「黙るなよ。石ぶつけるぞ」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。