【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 前編 - 040

298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/13(木) 02:38:22.85 ID:HuiryEtVo

ゼル「 」(戦闘不能)


スコール「やられたのかこいつ。ほんとよええなぁ」

キスティス「いやどう見てもあなたが」

スコール「いやこいって言うから」


警備兵「だ、脱走者だァーーーーーー!」


スコール「すいませんここIpodダメなんでやっぱやめます」


警備兵「なッ・・・」


アーヴァイン「いやぁびっくりしたよ〜、自分から封印されに行ったって聞いたからさぁ」

スコール「お前に掘られるのが怖くて緊急避難してたんだよ」

セルフィ「よかったよぉ〜!」

スコール「セルフィたん!セルフィたんに会う為に戻って来たよ!」

キスティス「どういう心境の変化かしら」

スコール「エロい明晰夢みようとしてたのにキモい格好のおっさんが出てきたから萎えた。それだけだ」キリ


警備兵「ふざけるな!何を今更・・・」


スコール「魔女呼んじゃおっかな〜」チラチラ


【オダイン・バングル(改)】



299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/13(木) 02:38:52.35 ID:HuiryEtVo

警備兵「うぐ・・・」


スコール「うぐッ!俺の左手に宿る魔の力が・・・ぐああああああ!」


警備兵「ひ、ひぐ・・・」タジ


スコール「お、抑えきれない!みんな速く逃げろォーーーーー!」


警備兵「うわぁーーーーーーーーーー!」(逃走)


キスティス「だ、大丈夫なの!?」

スコール「いや嘘に決まってんだろ」

キスティス「・・・そう」

スコール「アデル支配が長かったからか魔女への恐怖ハンパないな」

アルティミシア(科学大国に体育会系のノリは合わんだろ)

セルフィ「スコール〜」

スコール「なんだいセルフィたん!」

アーヴァイン「いろいろ積る話しもあるけどさぁ〜」

キスティス「とりあえず今はここを脱出しましょ!」

スコール「おっけ!」


ダダダダダダダッ


アルティミシア(何か忘れてないか)

スコール「あっ」


ゼル「 」(戦闘不能)






300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/13(木) 02:40:49.82 ID:HuiryEtVo

・魔女記念館 入口


『けいびへいたちが ゆくえをはばむ!』


警備兵「ここは通さんぞ!」


スコール「なんだよここでザックスごっこでもやれってか」ジャキ

アルティミシア(誰に託すんだよ)

セルフィ「邪魔だよ〜!」

アーヴァイン「強行突破させてもらおうかな」

キスティス「そこを通しなさい!」

ゼル「 」(戦闘不能)


警備兵達「〜〜〜〜」ジャキ!


スタスタスタスタ・・・・・・


警備兵達「!!」


大統領側近「・・・・・・」


キスティス「だ、誰?」

スコール「おせーぞ、おっさん」

セルフィ「知り合い〜?」


大統領側近「・・・・・・・」


スコール「行ってイイよな?」


大統領側近「・・・・・・・・」コク


警備兵「いや、しかし!」

大統領側近「・・・・・・・」ジロ

警備兵「・・・失礼しました」


スコール「道開けろオラ!」ブンブン


警備兵「・・・どうぞ」サ


アルティミシア(一体どういう・・・)

スコール「ババアめ。お前もよく知ってるだろ。気付けボケ」

アルティミシア(???)


大統領側近「・・・・・・・」



301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/13(木) 02:51:25.34 ID:HuiryEtVo

・エスタ大平原

スコール「今日も陰気だ空気がくさい!」ウーン

アルティミシア(空が・・・)


コォォォォォォォ・・・・・・・


スコール「夕日だな。年中無休で」

セルフィ「月の涙が〜落ちてきたから〜」

キスティス「エスタ市街にもかなりのモンスターが降り注いでるのよ。はやく戻らないと」

アーヴァイン「いろいろ報告あるけど〜、ちょっと我慢してね〜」

スコール「ま、とりまパパ救出が優先か」

キスティス「行きましょ!」

ゼル「 」(戦闘不能)

スコール「誰か回復してやれよw」

アルティミシア(なんでこいつはいつもこんな役回りなのだ)


「お前たちにはまだやらねばならぬことがある。世界を無にしてはならぬ…」


スコール「ん?」

アルティミシア(どうした?)

スコール「・・・気のせいか」

キスティス「急ぎましょ、スコール」


・エスタ市街


うわーーーーー! きゃーーーーーー! ひいぃーーーーー!


アルティミシア(しばらく見ぬ間に大事になってるではないか・・・)

スコール「月の涙が直撃したからな・・・むしろよく持ってる方だわ」


ギャワワーーーーー!!


ゼル「モンスターだ!」

スコール「でも実はそんなに強いモンスターでないっていう」

アルティミシア(ゼルいつ起きた)


【エンカウント】クアール



302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/13(木) 02:52:28.57 ID:HuiryEtVo

クアール「ギャワーーーーー!!」ボォン


スコール「な?」ブン

アルティミシア(お前、モンスター相手だとめっぽう強いな)

スコール「エンカウントなし付けるの忘れてたわ」ガチャン

キスティス「官邸は大丈夫かしら・・・」

セルフィ「あっ」


モゾモゾ・・・モゾモゾ・・・


セルフィ「ねえねえ大丈夫〜?ケガしたの〜?」

スコール「ちょ、セルフィたんそいつは!」


「くけけけけけけけ」


【エンカウント】エルノーイル


セルフィ「きゃああっ!」

スコール「ちょちょちょ!そぉーーーーい!」ズバッ!


エルノーイル「ギャワワーーーーーー!」ボォン


セルフィ「びっくりしたぁ〜」ドテ

スコール「これはまぁ・・・やっぱみんな引っかかるよな」

アルティミシア(人間に化けてたのか?)

スコール「どう見ても人間じゃねーけど。セフィロスコピーみたいになってるし」

スコール「まぁこいつエネルギー結晶体持ってるから悪い事ばかりじゃないけどさ」ブン


うわーーーーー! 助けてくれェーーーーーーー!


ダダダダダダダッ! フラフラ・・・・


スコール「にしても・・・」

アルティミシア(本当に大丈夫か?ここ)

スコール「時間圧縮の後ここがどうなったのかが知りたい。すごく知りたい」

アーヴァイン「エスタは科学大国だから〜きっと大丈夫だよ〜」

スコール「お前が答えんなホモ」

キスティス「はやく官邸へ急ぎましょ!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。