【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 前編 - 009

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/09(日) 05:00:28.79 ID:iNGST5kxo

イデア「困りましたね・・・」

メリジューヌ「ふふ、その程度じゃ私は破れなくてよ」

アルティミシア(なぁ、やっぱり加勢した方がいいんじゃないか?)

スコール「えっここで抜くの?」

アルティミシア(誰が出せと言った。はやく沈めろよ)

スコール「ええ、んなもんどうすれば・・・」

アルティミシア(萎える事を考えろ)

スコール「え、ん〜そうだな・・・ババアちょっと手伝って」

アルティミシア(ドルメン×トライエッジ)

スコール「・・・一発で萎えた」

アルティミシア(まだまだあるぞ。ニーダ×シド)

スコール「誰得だよそれ!身内を使うのはやめろ!」

アルティミシア(お前にBLはまだはやい)

スコール「はやいんじゃくて理解できないだろ。一生」

スコール「俺はゲイじゃねってんだよ・・・ん?」

アルティミシア(あ)


【キャニスターショット】


メリジューヌ「ぐああああああ!」ダメージ3819


アーヴァイン「悪いんだけどさ〜、僕に色仕掛けは通用しないよ〜」

スコール「 ホ モ ! 」

アーヴァイン「まま先生安心してよ〜、僕は色気に惑わされる程ヤワじゃないよ〜」

イデア「アーヴァイン・・・強くなりましたね。逞しくなりましたね」

スコール(強くなったんじゃなくて興味がないだけだ)

アーヴァイン「まま先生も病み上がりなんだから、あまり無茶しちゃダメだよ〜」

イデア「ありがとう・・・アーヴァイン」

スコール(いちいちおいしい所を持っていくなこいつは・・・)

イデア「アーヴァイン。聞きなさい。この者はバリアチェンジで弱点属性を変化させます」

アーヴァイン「わお、それじゃあ僕と相性いいね。僕のショットはほとんど無属性だからさ〜」

スコール「ホモォ!速射弾だ!速射弾を使え!」

アーヴァイン「お、いい案だスコール。ちょっと弱いけどあれならガンガンイケるね〜」ジャキ

スコール(気付けホモ、それはお前の最強技だ)

アルティミシア(ハイパーショットじゃないのか?)

スコール(あれは攻撃力が高い代わりに連射が遅い。限界突破もないから合計ダメージは実はそんなに高くないんだ)

スコール(ある程度力が上がっているなら実は連射できるクイックショットの方が強いんだよ)

アルティミシア(なるほど・・・)



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/09(日) 05:01:04.81 ID:iNGST5kxo

アーヴァイン「じゃあいくよ〜」ジャキ

スコール「行け!早漏ショット!」

アルティミシア(なんて名前だ・・・)


【クイックショット】


バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン・・・・・・・・


メリジューヌ「え、ちょ、はや(ry


イデア「よくやりましたアーヴァイン。トドメは私に任せなさい」キィィィィ

アルティミシア(ハッ!あれは!)

スコール(トドメに相応しいな)


【冷徹なる一撃】


メリジューヌ「ぐあああああああああ!」ボォン


テッテレレテーレーレテッテレー♪


イデア「ふう・・・」パンパン

アーヴァイン「色仕掛けでやられるほど僕は甘くないよ」キリ

スコール「だから興味ないだけだろって」

アルティミシア(別に色仕掛けがメインじゃないと思うんだが・・・)



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/09(日) 05:02:32.44 ID:iNGST5kxo

スコール「んじゃまぁ痴女撃退した所で、行くか」

イデア「今のは・・・例の?」

アルティミシア(ああそうだ。古代の魔物。奴の配下だろう)

イデア「こんな所にまで・・・」

アーヴァイン「君達の方がよっぽど刺激的さ」

スコール「うるせえよ。ホモってないで行くぞ」


ジジッ ジジッ


キスティス「行けども行けども、白い風景ばかりね」

セルフィ「エスタどこなの〜」

スコール(さすが科学大国って感じ)

アルティミシア(なにがだ)

スコール「おいゼル、道のりはまだ長い。良い機会だからここでジャンプしろ」

ゼル「ええっ!?」

スコール「いいだろ大して高くないんだから。お前ジャンプになったら途端にへたれるじゃねえか」

スコール「これを機に克服しろ」

ゼル「ま、まぁそうだけどよ・・・」

スコール「はよ」

ゼル「・・・」グッ



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/09(日) 05:02:59.60 ID:iNGST5kxo

イデア「行くのですか?飛ぶのですか?」

スコール「はい助走をつけて〜」

ゼル「・・・・」ザッ

スコール「ジャ〜ンプ!」

ゼル「とおっ!」


ゴチーーーーーーン!!


ゼル「おおお!?」ドサ

アーヴァイン「あれ?今空中で止まったよ」

セルフィ「不思議〜」

ゼル「おお・・・顔面モロ・・・」ヒリヒリ

スコール「wwwwww」

アルティミシア(笑ってないで説明しろ)

スコール(エスタの透過装置だよ。ほら、たしかこの辺・・・)サワサワ

スコール「セルフィたん見てて」サワサワ


ウイン


アーヴァイン「わっ!」

セルフィ「何もない所から穴があいたよ〜!」

スコール「俺のハンドパワーで道を作ったよ!」キリ

セルフィ「すご〜い」

アルティミシア(な、なるほど。壁に風景を映し出していたのか)

イデア「鏡のようなものですね」

スコール「さ、行こうか!」キリ

ゼル「鼻・・・鼻打った・・・・」






49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/09(日) 05:04:49.42 ID:iNGST5kxo

・通路

イデア「これは・・・」

キスティス「一気に機械仕掛けになったわね」

アルティミシア(まるでMD層のようだ)

スコール「「そう、これがエスタの科学力」

スコール「見つからない為にこうしてカモフラージュしてたのさ」

アーヴァイン「驚きだよ・・・」

セルフィ「どういう仕組みなのかな〜」

スコール「簡単に言うとステルス迷彩みたいなもん」

セルフィ「なにそれ〜」

ゼル「鼻血でちゃった。だれかティッシュ持ってない?」ポタポタ

スコール「こんな所でエロい事考えんなって」

アルティミシア(お前が激突さすからだろ)

スコール「まぁ、ここまできたらあとちょっとだから」

イデア「頼もしいです。スコール」ニッコリ

アルティミシア(こいつはほんと甘やかし放題だな)


・エレベーター

セルフィ「透明のエレベーターだ〜」

スコール「これがさっきの壁の素材かな」

ゼル「あまりもん使ってんのか」

スコール「リサイクルも完璧だな。さすがエスタ」

イデア「動きますよ」


ガタン ウイーーーーーーーーーーーーン・・・・・・・・


〜〜上昇中〜〜


キスティス「柵がないからちょっと怖いわね」

アルティミシア(ふざけて誰かを突き落すなよ)

スコール「あの時リノアを放り投げてやればよかったよ」

イデア「・・・大分登りますね」

スコール「つかお前等どうやってきたの?こんな長い道のり」

アルティミシア(ガーデンはお前が持ってたもんな)

キスティス「船よ」

スコール「船?」

イデア「スコールがガーデンを持って行ってしまった為、急遽白いSeedに連絡を取り迎えに来てもらいました」

スコール「・・・ああ!」ポン

アルティミシア(白いSeed・・・エルオーネを引き取ったあの連中か)

スコール(イベント一個すっ飛ばしちまった)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。