【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC3 前編 - 001

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/09(日) 03:34:33.31 ID:iNGST5kxo

セルフィ「好きだよ・・・」


目の前の少女がそう俺にそう語りかけてくる。少し照れくさそうに、足をくねらせながら

しかし彼女は目を合わせようとせず、俺を見てはすぐ目を逸らし、また俺と一瞬だけ目線を合せる

閃光のような一瞬の見つめ合いが、段々と間をおくようになり、ついにお互いの視線はお互いを捕えた


セルフィ「・・・」ン


そして彼女は目を閉じた。視界を遮る為ではない。何か別の目的で。

その意味は言葉にせずともすぐさま伝わった。少し湿った唇がこちらに向かってやや突出している

身体は小刻みに震え、少し怯えたように瞼をひくひくとさせる

しかし彼女はその体制をやめようとしない。これをしてしまえば最後。理性など時空の彼方へ吹き飛んでしまう

わかっていた。それは俺だけじゃなく、彼女も


・・・柔らかい


その瞬間、何かが弾ける音が聞こえた気がした

か細い少女の体を力任せに柔らかい布の膨らみへと押しやる。胴を強く抑え、後頭部をきつく緊縛するように


セルフィ「ッ!」


彼女の体が一瞬痙攣した。口腔内に異物が入り込んでくるのを感じたからだ

それは生暖かく、ドロっとしたぬめりのあるやわらかい固体。その固体が粘り気のある液と共に奥へ奥へと侵入する

少し嫌がられた気がした。しかしもう止まらない。口の侵入者は全てを支配せんと口の中で暴れ回る

その暴れ方はぐちゅぐちゅと何かが混ざり合う音で表現された。

口の中で暴れる物はさらなる仲間を呼んだ。形のない、不定形の圧力。少し膨らんで一気に押し寄せてくる

少女の頭を両の手で固定し、髪が乱れるまで乱雑に抱きしめる。その力と同時に異物はさらに暴れ回り、圧が止めどなく喉へと押し寄せてくる

額にかいた汗が混じり合うのがわかる。口も、息も。いっその事体も一つになってしまいたい

そう思った矢先


リノア「そんなに興奮しちゃって、どんだけアタシが好きなの?ww」


えっ、あれ?セルフィたんは?


リノア「邪魔だから〜、キスが出来ないようにしてあげた」


・・・おい、まさか


ふと横を見るとそこには



顔面の焼けただれた少女が床に伏せていた



リノア”ア”ア”

      ア”ア”ア”

          ア”ア”ア”−−−−

                −−−−−−−−・・・・・・



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/09(日) 03:36:12.72 ID:iNGST5kxo

・バラムガーデン ブリッジ

ゼル「なぁ、スコールしらね?」

シュウ「スコール?ここ最近見てないわねえ」

ゼル「あの野郎どこほっつき回ってんだ・・・まま先生が石の家で待ってるっつーのによ」

シュウ「何あいつ。またバックレたの?」

ゼル「みんな集まらなきゃ話が始まらねーってのによ・・・」

ニーダ「スコールなら訓練所じゃないかなぁ」

ゼル「あ?訓練所?」

ニーダ「訓練所に入っていく所見たよ。といっても数日前の話だけど」

ゼル「数日前・・・?」

ニーダ「それを最後に姿を見た者は誰もいないんだ」

シュウ「なにそれ不気味」

ゼル「訓練所に籠ってるのか・・・?なにしてんだあいつ」

ニーダ「修行かな?よくわかんないけど、とりあえず行ってみたら?」

ゼル「はぁ・・・まま先生ほったらかしにして何やってんだよ」


・バラムガーデン 訓練所

ゼル「うわっ!」


ベチャァ・・・・・


ゼル「なんだこりゃ・・・血・・・?」ピチャ

ゼル「おいおい・・・一体何が起こってるんだよ!」ダッ


ガツガツ・・・モグモグ・・・ペチャペチャ・・・


ゼル「そこかしこ血だらけじゃねえか・・・なんだこの大惨事・・・」


ゴリュゴリュッ ベリベリベリ・・・・ムシャァッ ムシャァッ


ゼル「・・・さっきからこの気味悪い音はなんだよ」

ゼル「スコール・・・いるのか?」


ガサッ


ゼル「 う わ っ ! 」


【たべる】アルケオダイノス



ガツガツ・・・モグモグ・・・ペチャペチャ・・・



ゴックンッ





スコール「よっ」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/09(日) 03:37:01.58 ID:iNGST5kxo

ゼル「よっ!じゃねーよ!一体ここで何やってんだよ!」

スコール「何って、食事してんだけど」クチャクチャ

ゼル「まさかこれ・・・お前の仕業か?」

スコール「ん?・・・ぬおっ!」ブッ

スコール「なんだこりゃ!辺り一面血まみれじゃねえか!」

アルティミシア(お前が無差別に噛り付くからだろ)

ゼル「・・・アルケオダイノス、食ってんのか?」

スコール「そうそう。これ食うと力が上がるんだよ。知ってた?」

ゼル「食おうと思わねーよそんなもん」

ゼル「つかまま先生ほったらかしにしてそんな事やってたのかよ。一体後何日待たすつもりだよ」

スコール「あっ忘れてた」

ゼル「忘れてたじゃねーよ・・・ほら、行くぞ!」

スコール「まあ待てよ。折角来たんだからほら、これ食っとけ」ベチャア

ゼル「それアルケオダイノスの肉だろ!?やだよそんなもん!いらねーよ!」

スコール「いいからいいから。力が上がるから食っとけって」ガシ

ゼル「ちょ、やめろよ!やめろよ!?ヤダよそんなもん食べたくねーよ!!」ジタバタ

スコール「好き嫌いはいけませんってまま先生が言ってたろ。抵抗すんな」ググ

スコール「はい、あ〜ん」メキメキメキ

ゼル「むごごごっ!ヤダヤダヤダ!肉よりパンがいい!そんなの食べたくねえ!」


ゼル「イヤだァーーーーーーーーーッ!」




『ゼルはちからが1あがった』



スコール「ほら、力上がったろ」

ゼル「お、おええ・・・食っちまった」ペッペッ

スコール「お前も格闘家の端くれなら基礎ステあげとけって」

ゼル「鉄の味がする・・・せめて焼けよ・・・」

スコール「ごめんお前なら生でいいかって思って」ジュウー

ゼル「どこで・・・焼肉してんだよ・・・」ガク

スコール「気絶しちまいやがった」モシャモシャ

アルティミシア(ゼルを片手で押さえつけるとは、随分力が上がったな)

スコール「その代わり訓練所のダイノスほっとんどいなくなっちまった」

アルティミシア(やりすぎだろ・・・)

スコール「まぁいいじゃん。グラッドを着色してミニダイノスっつっとけば」

アルティミシア(グラッドがかわいそうだからやめろ)



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/09(日) 03:38:06.29 ID:iNGST5kxo

スコール「で、こいつ何しに来たの?」

アルティミシア(話聞けよ・・・お前がイデアをほったらかしにして何日もここに籠るからだろ)

スコール「修行の邪魔すんなっての」

アルティミシア(というよりどうしたんだよ急にやる気出して)

スコール「・・・すっげー気分わりぃ夢みた」

アルティミシア(ほぉ・・・どんな夢だ?)


(そんなに好きならゾンビになっても愛せるよね?ww)


スコール「・・・言いたくない」

アルティミシア(よくわからんがよっぽど恐ろしかったんだな)

スコール「エンハーの斬撃回数増えてたりして」ブンブン

アルティミシア(いやお前、ただアルケオダイノス食ってただけだろ)

スコール「ちょっと太ったかも」ブニ

アルティミシア(もう・・・いいから石の家行けよ)


・食堂

スコール「パンうめー」ダラダラ

アルティミシア( 石 の 家 行 け よ ! )

スコール「うるせえ肉ばっか食ってたからお口直しがいるんだよ」

スコール「な?」

ボヤキ三人組「俺達これからどうなっちまうんだろうなぁ・・・」

スコール「この4人で赤い翼ってチーム作ろうぜ」

ボヤキ三人組「なにそれ・・・」

スコール「俺暗黒騎士な。お前等はガリ」

ボヤキ三人組「ガリってなんだよ・・・」

スコール「パンうめー」ダラダラ

ボヤキ三人組「赤い翼よりSeedになりたい・・・・トホホホホホ・・・」

スコール「無理」

アルティミシア(応援しろよ)






7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/09(日) 03:39:03.82 ID:iNGST5kxo

・保健室

スコール「一休みひとやすみっと」ゴロン

アルティミシア(・・・行く気がないのか?)

スコール「食後は急激な運動はしない方が体にいいんだぞ。知らなかったのかババア」

アルティミシア(じゃあせめて自室で休めよ)

スコール「あ〜、たまにはここで寝るのも新鮮だな」

アルティミシア(どれだけマイペースなんだよお前は)

カドワキ先生「おやスコール、まだここにいたのかい?」

スコール「ちゃっす」

カドワキ先生「イデアが呼んでるんだろ?行かなくていいのかい?」

スコール「俺貝殻アレルギーなんで早退してきました」

アルティミシア(なんだよそれは・・・)

カドワキ先生「まぁ、別に何でもいいけど、そこは怪我人優先だからね」

カドワキ先生「怪我人が来たらどいとくれよ」

スコール「・・・」

アルティミシア(返事しろよ)


ゴロゴロ・・・ゴロゴロ・・・


アルティミシア(リノアは・・・一体何を企んでいるのだろうな)

スコール「・・・」


(そう、俺は確かに聞いた。リノアがエスタに向かう事。アデルの封印を解く事

 そしてエクスデスとかいうウド巨人を完全復活させ、世界を消滅させる。その手伝いをする事・・・

 あいつは完全に敵。それはわかる。じゃあいちいち回りくどく俺らを強化させたりヒントを出して来たりするのはなぜだ?

 いつもの電波なのか?昔っからあいつの考えている事はサッパリわからん)


スコール「・・・そういえば」

アルティミシア(なんだ?)

スコール「前回はあいつ、ここに寝てたんだよな」

アルティミシア(・・・ん?)

スコール「イデア戦の後お前がしゃしゃり出てきただろ。その後死んでたんだよ」

アルティミシア(ああ・・・そうだ思い出した。確か前回はあいつを操って・・・)

スコール「なんであんなんになったんだよ。起こすの大変だったんだぞ」

アルティミシア(魔女の継承と言うのはな。それはそれはすごいものなのだ)

アルティミシア(太古の昔から受け継がれてきた意志。それが一気に押し寄せてくるのだ)

アルティミシア(ただのパワーアップだと思うなよ?結構しんどいんだぞ)

スコール「生理みたいなもんか」

アルティミシア(・・・もっとましな例えはないのか)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。