【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 後編 - 035

837:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/20(月) 23:11:33.90 ID:IAHTIEyoo

ツインタニア「・・・・」キュィィィ

スコール「がああああああああ!かてえェーーーー!」

アルティミシア(着実にダメージは蓄積されているはずだ・・・後少しのはずなんだ!)

スコール「つかババア!お前も手伝えよ!?」

アルティミシア(やっとるだろうが!お前等にオーラかけたりヘイストかけたり大忙しなんだよ!)

アルティミシア(お前等5人全員私がやってるんだぞ!?礼くらい言え!バカモノが!)

ゼル「ハァ・・・ハァ・・・なんてタフなんだよ・・・」ハァハァ

アーヴァイン「さすがに・・・バテた・・・指が痛いや」ヒリヒリ

セルフィ「スロット回し過ぎて目が回るよ〜」グルグル

キスティス「ちょっと・・・スタミナがキツイわね・・・」ゴホゴホ

スコール「ヘバんな!後1ターン!」


リノア「あっ時間切れだ」


全員「!?」


リノア「〜〜〜♪」パー

スコール「な、なんだよ!?」

リノア「ヒント出してあげよっかなって」

アルティミシア(じゃんけん・・・?)


リノア「ギ」

リノア「ガ」

リノア「フ」

リノア「レ」

リノア「ア」



ツインタニア「 グ オ オ オ オ オ オ ! ! 」


【ギガフレア】


ゴポポポポポポポポ・・・・


ボンッ ボンッ ボンッ


カ ッ


ボボ ボ ボ ボ ォ ォ ォ ォ ォ ! !



838:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/20(月) 23:12:10.43 ID:IAHTIEyoo

ボォン・・・ボォン・・・ボォン・・・


ガラ・・・・


ヒュゥゥゥゥゥ・・・・


ゼル「 」(戦闘不能)

アーヴァイン「 」(戦闘不能)

キスティス「 」(戦闘不能)

セルフィ「 」(戦闘不能)


リノア「・・・」


スコール「 」(戦闘不能)


リノア「あちゃ〜、さすがにスコールも耐えれなかったかぁ」

ツインタニア「グオオオオオオ!!」

リノア「おつかれさん。よくやったよ」

リノア「ガルバディアガーデンも必要以上にボロボロ出しねw」

リノア「・・・」


ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・


うわーーーー!沈むーーーーー!助けてくれぇーーーーー!


リノア「ガーデンももう時期沈む・・・」

リノア「・・・帰ろっか」

ツインタニア「グォォォォ・・・」






アルティミシア「待て」



839:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/20(月) 23:13:10.88 ID:IAHTIEyoo

リノア「え!?おばさん!?なんで・・・」

アルティミシア「お前がスコールを戦闘不能にしてくれたおかげで自由に動かせたよ」

リノア「ハッ!」

【オダイン・バングル】

リノア「・・・自分で付けたんだ」

アルティミシア「ツインタニアか・・・古に存在した伝説の魔獣」

アルティミシア「まさかお前がGFとして持っていたとは思わなかったがな」

リノア「ま、まあね〜・・・」

アルティミシア「・・・消える準備はいいか?」

リノア「やっぱそう来る!?」

アルティミシア「我が城を無き者にした報い・・・その身で受けてもらう!」

リノア「や、ヤバ〜・・・ツインタニア!」


ツインタニア「グオオオオオオン!」


アルティミシア「どいてろ、豚!」


【GF グリーヴァ】


グリーヴァ「ギャォォォォォ!」


リノア「な、何それ!?」

アルティミシア「ここは、お前の場所じゃない・・・」

アルティミシア「消えろッ!」


【ショックウェーブパルサー】


リノア「うわっ!」


キュィィィ・・・・ カ ッ !!

!
ツインタニア「ォォォォォォォ!?」


ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・ボ ォ ン ! !


アルティミシア「他愛もない・・・・」


シュゥゥゥゥゥゥ・・・


アルティミシア「リノアがいない・・・どこへ?」






840:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/20(月) 23:14:36.08 ID:IAHTIEyoo

ダダダダダダダダッ!


リノア「ハァッ!ハァッ!・・・・な、なにあれ!?」

リノア「やっぱベテラン魔女は違うわ・・・危なかったぁ〜」


アルティミシア「何がだ」


リノア「ッ!?」

アルティミシア「相変わらず逃げ足だけは早いな」

リノア「そ、そちらこそ・・・」ハハ

アルティミシア「私のは足ではない。羽だ」

リノア「そっすか・・・天使みたいっすね」ハハ

アルティミシア「・・・消えろ!」バッ

リノア「やっぱそう来ます!?」


【フレア】


リノア「ひぃぃぃ〜〜〜〜〜!」ダダダダダッ

アルティミシア「まてぇっ!貴様は、貴様はここで殺ぉす!」ギュオンッ

リノア「ちょっと待ってよ!アタシは魔女になりたてであまりうまく力使えないんだからさぁ!」

アルティミシア「ならば好都合!魔女の力を使いこなす前に・・・消えてもらう!」


【メテオ】


リノア「ヤダァァァァァァァァァァ!」ダダダダダッ


ズドドドドドドドド!


リノア「ハァ・・・ハァ・・・撒いた?」チラ


バサァッ・・・ バサァッ・・・


リノア「Oh・・・」


アルティミシア「・・・」キュィィィ


【メイルシュトローム】


リノア「ひぎぃぃぃぃぃ〜〜〜〜!」ギュゥゥゥゥゥゥ



841:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/20(月) 23:15:56.25 ID:IAHTIEyoo

リノア「リアルピンチなんですけど・・・」ゴフ

アルティミシア「消える前にひとつ聞かせろ」スタ

リノア「な、なんすか・・・」

アルティミシア「お前の師匠の本体のいる場所・・・次元の狭間とやらはどうやって行けばいい?」

リノア「・・・」

アルティミシア「はやく答えろ!」

リノア「え、いや、ちょっ!違う!違うの!」

リノア「あそこを自由に行き来できるのは先生だけなの!アタシらは行くとかそういう問題じゃないの!」

リノア「私は先生に連れてこられただけ!これは本当だって!信じてよ!」

アルティミシア「なるほど、どうやら本当のようだな」

リノア「まじまじ!アタシはいつだってマジ!」

アルティミシア「・・・ならばスコール達に情報を送ったのは?」

リノア「へ!?」

アルティミシア「伝説の武器だの古代の地図だの・・・あれらを教えたのはどういう意図だ?」

アルティミシア「答えろ!」

リノア「あれはその、今後の冒険が楽になるかなっていう・・・」

アルティミシア「・・・嘘だな」

リノア「!?」

アルティミシア「グリーヴァ!」


グリーヴァ「グオオオオオオ!」


アルティミシア「本当の事を言え・・・でないともっとも報われない死に方をさせるぞ」

リノア「・・・例えば?」

アルティミシア「あいつにお前の顔面をかじらせるなんてのはどうだ?」

リノア「ノーセンキュー!」

アルティミシア「ならばはやく答えろ!」

リノア「・・・」


グリーヴァ「グルルルル・・・」


リノア「・・・その前にひとついいっすか」

アルティミシア「なんだ?」

リノア「あれ・・・まじで何?あんなGFマジ見たことないんすけど」

アルティミシア「・・・グリーヴァだ」

リノア「グリーヴァ・・・それって・・・」

アルティミシア「ん・・・知っているのか?まぁ、どうでもいい」

アルティミシア「でははやく答えてもらおうか。何故半端に協力する?」

リノア「うるせえお前に関係ねえよババア」

アルティミシア「!?」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。