【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 後編 - 022

701:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 03:40:33.93 ID:h5qKTA8Lo

・校庭

リノア「スコールおっそいなぁ・・・」プラプラ


キエエエエエエエエエエエエ!


リノア「お、キタキタ」

スコール「リノアァァァァ!」バッ!

リノア「えっ!?」

スコール「 死 に 晒 せ ! 」

【ブレイバー】

アルティミシア(バカ!こんな所で大ジャンプをしたら・・・)

リノア「・・・アフォ?」

ヒョイ

スコール「うわあああああああああああ!」ガラガラガラ

リノア「・・・自殺しに来たの?」

スコール「た、助けてくれぇーーーーーーーッ!」プラプラ

リノア「人の技パクるからだよw」

スコール「バカヤローーーー!リノアッ!CMに採用されたこの大技を躱すなんて!」

リノア「はいはいあの二人に出会わなければ運命は変わっていた」

リノア「よっこらせっと」グイ

スコール「てめえ!やっぱり自力で上がれるんじゃあねえか!」

リノア「スコール、あの時アタシを見捨てたよねw」

スコール「うるせえええええ!年少クラスの救助でてんやわんやだったんだよ!」

スコール「なんだかんだで助けに来たろうがッ!根に持ってんじゃねえ!」

リノア「別に根に持ってないけどさぁ・・・まぁ、同じ気持ちは味わって欲しいよね」

アルティミシア(ハッ!スコール、後ろ!)

スコール「!?」


ズドォォォォォン! グラグラグラ!


スコール「おあああああああ!」ガラガラガラ

リノア「どお?超こわいっしょw」

スコール「見てねえで助けろよ!飛べ!白マテリア使え!」

リノア「ないよそんなのw」

アルティミシア(バカヤロウ・・・肝心な時に起きやがって・・・)


リノア「あーあー、こちらスコール、ニーダ聞こえるか」ザザ


スコール「!?」


リノア「ガーデンはこれより全速全身、ガルバディアガーデンに何度も体当たりだ」ザザ


アルティミシア(そんな事したら・・・!)



702:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 04:23:07.41 ID:h5qKTA8Lo

リノア「そうだ、相手が落ちるまで何度もだ」ザザ

リノア「決して特攻の手を緩めるな。いいな?」ザザ

スコール「てめええええ!器用に人の声色使ってんじゃねえぞォ!怪盗○ッドかお前は!」

リノア「結構めちゃくちゃ言ってるのにすんなり信じてくれて意外」

アルティミシア(私が戦果を挙げたから・・・くそっ!)

リノア「あ、後ろ」

スコール「!?」


ズドォォォォォン! グラグラグラ!


スコール「ひいいいいいいいいい!」ガシィ!

リノア「ほら、速く登ってこないと」

ゴゴゴゴ・・・・

スコール「せめてガーデン止めろよ!登るに登れないだろうが!」

リノア「はいはいあんよがじょうず〜」パシパシ

スコール「キィィィィィ〜〜〜〜〜!」ピキピキ

リノア「アンジール呼べば?w」

スコール「うるせえ黙ってろこのガーネット・コピーが!!」

リノア「それはアタシが先じゃ〜ん」ムク

アルティミシア(ハッ!スコールまた!)


ゴゴゴゴゴゴ!


スコール「ひぃぃぃぃ〜〜〜〜!もう一発きたらやべえだろ!」

スコール「もう持たねえよ!俺じゃなくて取っ手が!」

リノア「スコールさぁ、大体想像付くと思うけど」

リノア「そろそろアタシ、先生の所に帰るね」

スコール「!?」

リノア「ティンバーの作戦の時みたいに、接近したところをピョーンって」

リノア「できたらいいな?みたいな?」

スコール「できるかボケ!落ちろ!星の中心まで落ちろ!」

リノア「あーそうそう、これありがとね」チャリ

スコール「あーーーーーーッ!」

【指輪】

スコール「俺の指輪!なんでお前が持ってるんだよ!?」

アルティミシア(・・・)

リノア「ゼルに貰ったの。ゼルはスコールに頼んだらくれたって言ってたけど」

スコール「んなもんやった覚えねえよ!いつの間に・・・ハッ!」

アルティミシア(・・・・)ドキドキ

スコール「 バ バ ァ お ま え か ! 」

アルティミシア(ジェネシスってアリスマゼルっぽいよな)

スコール「 ご ま か す な ! 」 






704:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 04:39:42.66 ID:h5qKTA8Lo

アルティミシア(ええいうるさいな!いいだろ指輪くらい!)

アルティミシア(お前が勝手に売り払ったTボードを弁償したと思えばいいだろが!)

スコール「ざっけんなボケェェェェ!あの指輪はお気に入りなんだよ!!」

スコール「せめてほかの物にしろよ!モルボルの触手とかクモの糸とか!」

アルティミシア(誰がそんな物貰って喜ぶのだ!じゃあお前もゼルになにか貰えばいいだろ!)

スコール「あいつは格闘バカだからサンドバッグとかそんなんしかねえだろがァァァァ!」

リノア「お二人さん、お二人さん」

リノア「仲良く喧嘩するのもいいけど、そろそろ登る事を考えたほうがよろしいんじゃなくて?」


ゴゴゴゴゴゴゴゴ!


スコール「ハッ!そうだねーやん!助けてねーやん!」サッ

【フラグメント】

リノア「それ、どうやって使うの?」

スコール「・・・」

スコール「 ど う や っ て 使 う の ! ? 」

アルティミシア(そもそも使用アイテムなのか!?)

スコール「クリスタル的な物じゃねえのかよ!真の姿を現すとかそんな感じの!」

リノア「とりまそろそろ行くわ」

スコール「あ!待てリノア!待てよ!せめてロープ的なものを・・・」


リノア「あうう〜セフィロスが呼んでる〜」スタスタスタ


スコール「までやァァァァーー!リノアァァァァァーーーーッ!!」


アルティミシア(スコーーーーール!後ろォーーーーーーーーーーー!!)


ゴゴゴゴゴゴゴゴ!


キュラキュラキュラキュラキュラキュラ・・・・


グォォォォォォォォォォォ!!




スコール「ア”ア”ア”ア”ア”ア”−−−−−−ッ!」






ド ゴ ォ ッ !



706:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 05:54:04.12 ID:h5qKTA8Lo

・バラムガーデン1F廊下

リノア「さーてと」ウーン


ブオンブオンブオン!

チュドォォォォン! ドガァァァァン!

キンッ キンッ キンッ  ボワァッ!


うわーーーーーーー!きゃーーーーー!止めろーーーーー!


ドゴォォォォォォォ! グラグラグラグラグラ・・・・・


リノア「おーおー、戦闘が激化してますな」


ブオォン!


リノア「きゃっ!」ブワ

バイク兵「ここにもいたか!」キキィ

リノア「すいませーん!アタシ部外者なんで通してくださーい!」

バイク兵「こいつも仕留める!」ブオン

リノア「・・・話聞けよ」


【メルトダウン】


バイク兵「ぐぎゃあああああああああああ!」ボォン

リノア「エンカウント率高いなぁ・・・とりあえず上に避難かな」


チュドォォォォン! ドガァァァァン! ブオンブオンブオン!



・2F

リノア「うっわぁ〜・・・」

男子生徒「うう・・・俺達のガーデンをめちゃくちゃにしやがって・・・」

女子生徒「いたいよぉ・・・」

リノア「なーむー」チーン


ドゴォォォォォォォ! グラグラグラグラグラ・・・・・


リノア「ん〜・・・デッキから飛び乗るかな」

女子生徒「あ、あのっ!」



707:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 05:55:15.73 ID:h5qKTA8Lo

リノア「ん?」

女子生徒「マークが!あの子がいないの。お願い、探してきて!」

リノア「マークってどんなヤツだっけ」

女子生徒「金髪の年少の子よ!さっきの強襲ではぐれてしまって・・・」

リノア「ああ、あのじたんだが似合う子w」

女子生徒「お願い、探してきて!」

リノア「おまかせあれー!」グッ

リノア(スルーに決まってるだろそんなもん・・・)


ドォォォォォン! ボォォォォォォン! ゴォォォォォン!


・2F デッキ前

マーク「うわーーーーーーん!」ジタバタ

リノア「いるし・・・」

マーク「ピギーーーーーーーーッ!」ジタバタ

リノア「ハァ・・・まあいいか」

リノア「僕、君がマークかな?」

マーク「・・・うん」

リノア「君、マークって言うよりマル○ォイっぽいねw」

マーク「・・・」

リノア「さっきあそこにおねーさんが探してたから。いっといで」

マーク「・・・うん」

リノア「グリフィンドール!」グッ!

タタタタタタタ・・・・・

リノア「・・・さーて、次の接近で飛び乗るかな」


ザザ・・・


リノア「ん?」


『・・・・こちらはスコールだ』


リノア「!?」


『・・・みんな、けがの具合はどうだ?戦いに疲れて立っているのも辛いかもしれないな・・・』

『・・・・でも、聞いてくれ。勝利のチャンスのために力を貸してくれ』


リノア「ど、どうやって生き残ったの?」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。