【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 後編 - 014

558:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/15(水) 02:45:24.63 ID:GVDSH2HNo

キスティス「みんなでイデアの家に行ってみない?って話ししてたんだけど・・・」

ゼル「いいか?」

スコール(ついにガーデン戦か・・・)

アルティミシア(ワクワクするな)

スコール(ワクワクすんな。俺らは大変だったんだぞ)

スコール(今思えばあの時リノアを崖から突き落としてやればよかった・・・)

アルティミシア(自力で這い上がっただろあいつなら)

アーヴァイン「う、う〜ん」ムク

スコール「起きたかホモ野郎」

アーヴァイン「あ、スコール・・・よかったよ。無事話す機会あったよ」

スコール「ホモ化の経緯も話したのか?俺は是非知りたいぞ」


リノア「バトル・・・しなくちゃダメなのかな?他の方法ってないのかな?」


全員「リノア・・・」

スコール(またこいつはこんなタイミングで・・・)イラ

アルティミシア(まぁ、一人だけ部外者だし)

リノア「誰も血を流さなくてすむような、そういう方法・・・」

スコール(ねーよ。お前が生贄になれ。としか思い浮かばないんだが)

ゼル「そりゃできたらいいけど・・・」

キスティス「私達、戦う事でしか自分を守れないの」

セルフィ「味方も・・・ね」

アーヴァイン「そんな僕らでよければさ〜」

スコール(お前らが代わりに言うんかい)

アルティミシア(さすがに生贄はダメだろ)


全員「いっしょにいてくれ」


スコール「そして我らの盾となれ」

アルティミシア(空気読めよもう)


リノア「・・・」



559:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/15(水) 02:48:42.75 ID:GVDSH2HNo

セルフィ「あ、見て見て〜〜〜!」

チラ・・・・チラ・・・・

アルティミシア(雪か)

セルフィ「妖精の贈り物だ〜〜〜〜!」

スコール(かわいい・・・まじで・・・抱きしめたい)

ゼル「行こうぜ!イデアの孤児院へ!」

セルフィ「どうなってるかなぁ」

アーヴァイン「何かわかるかもね〜」

キスティス「まま先生がこうなった原因?」

スコール(首謀者が目の前にいるって言ったらどうなってしまうんだろう)

アルティミシア(もっかいレビテガ食らうぞ)


スタスタスタスタ・・・・・・・


リノア「・・・」

スコール「なんだよ。お前もいけよ」

リノア「このままガーデン戦に直行するの?」

スコール「ん〜・・・正直その前にセントラ遺跡寄りたいんだけど」

リノア「ああ、オーディンね」

スコール「サイファーにぶった切られたからな・・・サイファーの癖に・・・」ワナワナ

リノア「ガーデン戦始まったら・・・先生と決戦だよ?大丈夫?」

スコール「ふん、あの貝殻ババア、今度こそ粉砕してくれるわ」

リノア「大丈夫、スコールならきっと勝てるよ」

スコール「あたりめーだ」

アルティミシア(いやに持ち上げるな)

リノア「でもイデアを倒したら・・・」

スコール「イデアを倒したら?」


リノア「本当に大変なのは、これからだからw」


スコール・アルティミシア(!?)

リノア「さーて、ガーデンかえろっと」

スコール「うぉぉぉぉい!待て!それっぽい事を言ってくんじゃねえ!」

アルティミシア(お前は本当に、何を企んでる!?)


リノア「〜〜♪」スタスタ


スコール「待てリノア!吐け!腹の底から全部吐いていけ〜〜〜〜〜〜!」



580:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/15(水) 23:08:55.72 ID:GVDSH2HNo

・バラムガーデン ブリッジ

スコール「・・・」

アルティミシア(リノアめ、一体何を企んでいる・・・)

シュウ「次の目的地は決まった?」

キスティス「孤児院かぁ・・・どうなってるんだろう」

シュウ「灯台ならセントラ大陸の端っこにあったと思うな」

スコール「・・・」

アルティミシア(イデアの家か。私もあの場所には思い入れがある)

アルティミシア(なんてったって我が城があるからな。フフフフ・・・・・)ニヤ

ニーダ「発進するかい?」

キスティス「行きましょう。イデアの家へ」

スコール「次の目的地は、セントラ大陸・・・」

スコール「の真ん中、セントラ遺跡だ」

キスティス「なんで!?」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・・・・


・セントラクレーター

スコール「あったあった。あそこ」

ニーダ「ここ?こんな所に何の用なのさ」

スコール「オーディンがいるんだよ。いいからいけ」

キスティス「寄り道してる場合かしら」

スコール「うるせーないいんだよ。GFが2体もいるんだから」

アルティミシア(オーディンは知っているがもう一体は・・・?)

スコール(トンベリ)

アルティミシア(あいつGFだったのか!)

スコール(多分、事前情報がないと絶対に取り方わからないと思う)

アルティミシア(よく気付いたな?)

スコール(憂さ晴らしに殺しまくってたらなんか出てきた)

アルティミシア(・・・恨まれるぞ。みんなに)


・セントラ遺跡

アーヴァイン「こんな場所になんの用なのさ〜」

スコール「今回は寄り道だけだ。さっさと帰りたいから2班に分けるぞ)

セルフィ「変わった場所だね〜」

ゼル「セントラの遺跡・・・か。月の涙で滅んだセントラ文明の名残だろうぜ」

アルティミシア(出たな物知りゼル)

スコール「さっさと行こうぜ」






582:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/15(水) 23:11:30.92 ID:GVDSH2HNo

・セントラ遺跡 下層

スコール(歩くと階段が光るのがちょっとおしゃれ)

アルティミシア(さすがセントラ、ハイセンスだ)

ゼル「ところでよう、さっき聞きそびたんだけど」

ゼル「小さい頃のスコールってどんなヤツだったんだ?」

スコール「!?」

アーヴァイン「スコール?スコールはねぇいつも(ry

スコール「のばらっ!」バキィ!

アーヴァイン「フリオニールッ!?」ドサ

スコール「黙ってろホモ野郎!過去は過去だ!過ぎ去った事を振り返るな!」バッ!

スコール「下らねえ事してねえでさっさと行くぞ!」サッ

ゼル「・・・お〜い、生きてるか?」

アーヴァイン「・・・・」ピクピク

アルティミシア(なんで隠すんだよ)

スコール(言えない・・・ガッツリおねショタやってたなんて絶対に言えない・・・)



・セントラ遺跡 中層

スコール「はいじゃあここで2班に別れま〜す」パンパン

全員「はーい」

スコール「まず一班が、この梯子を上ってスイッチを押してくださーい」

スコール「するとここから階段が現れまーす。もう片方の班がこれを登って上に行きまーす」

アルティミシア(遠足か)

スコール「スイッチ班は後から追い付いて来てくださーい。いいですかー」

リノア「しっつも〜ん!」

スコール「なんですか、リノアさん」

リノア「モンスターとエンカウントしたらどうすればいいですか〜!」

スコール「倒すに決まってるだろそんなもん。アホかお前」

リノア「・・・」

スコール「リノアさんは下らない質問をした罰として、スイッチ班に回ってくださ〜い」

スコール「後アーヴァイン君もです。先生の過去をほじくり返そうとした罰です」

アルティミシア(何気取りだよ)

アーヴァイン「まあ、いいけど〜」

スコール「後セルフィさんは無条件で先生と同じ班です。残りの二人はどうでもいいです」

ゼル「・・・」

キスティス「せめて、最後まで決めてくれない?」

スコール「もうお前等二人スイッチ班にいけ!俺とセルフィが二人でいくから!」

ゼル「じゃあ一人あぶれるだろ」

スコール「セルフィさん、ここの上から一望する景色はキレイですよ」ニッコリ

セルフィ「荒地ばっかりだと思うんだけど〜・・・」

アルティミシア(もう、はやく決めろよ)



583:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/15(水) 23:13:51.10 ID:GVDSH2HNo

【スコール班】スコール・ゼル・ゼルフィ


【スイッチ班】リノア・アーヴァイン・キスティス


スコール「ち、余計なのがくっついてきやがった」

アルティミシア(いいだろこいつにうんちくでも語らせとけば)

スコール「まぁ余興にはなるか」

リノア「じゃあいってきまーす!」

スコール(梯子が外れて頭からダイビングしろ)

アルティミシア(無事を祈れよ)


・セントラ遺跡 上層

コォォォォォ・・・・

セルフィ「思ってたよりイイ眺めだね〜」

セルフィ「この虹色に光る階段もとってもおっしゃれ〜。ガーデンにもこんなのあればいいのにねっ!」

ゼル「こんだけの技術をもったセントラ文明も月の涙で滅んじまったんだよなぁ」

スコール「・・・」サササ

アルティミシア(先導しろよ)

スコール(パンチラチャンス待機)

アルティミシア(どれだけ覗きたいんだよ!先すすめ!)


・扉前

スコール「ゼル、そこのガーゴイル像の目についてる宝石取って」

ゼル「あいよ」パチ

アルティミシア(結構いい所に住んでるな。オーディンの奴)

スコール(どこかだよ。こんなモンスターだらけの荒地)

アルティミシア(ふふ、あいつめいいセンスしてる・・・)

スコール(ママ友かお前等)

セルフィ「悪魔的な銅像〜」

スコール(でもまぁ確かに、ちょっとアルティミシア城と似てる気がしなくもない)

スコール「さてみなさん、ついに遺跡の御主人、オーディンさんのお家に訪問しますよ〜」

スコール「失礼のないように、行儀よくしましょうね〜」

ゼル・セルフィ「はーい」

アルティミシア(だから何気取りだって)


・セントラ遺跡 最上部

スコール「よっと」パチ

『コード 9・8・8・7・2』

アルティミシア(オーディンめ、セキュリティも万全だ。中々いい物件じゃないか・・・)

スコール(物件て)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。