【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 後編 - 011

518:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 04:03:44.68 ID:rwDiyT6ko

像を作る者「それでは『影石』『風石』『命石』『水石』『青石』の5石を取ってきてください」

キスティス「なんだ、簡単じゃない」

リノア「さっさと集めちゃおうよ」

像を作る者「ではまずは青石から・・・」

スコール「青石はお前がすでに持ってるだろが」

像を作る者「あ〜そうでした!持ってきてたんだっけ!一個クリアーです」

スコール「死ねよ・・・」

像を作る者「ではあと4っつ、お願いしますよ」


スコール「はい貴様ら集合」


リノア・キスティス「?」タ

スコール「石の場所なんだが」


・風石・・・ホテル外の左
・命石・・・崖から木の根が垂れているところ
・影石・・・地上のアルテマのドローポイントの右の方
・水石・・・ツクリテの家の水道


スコール「一人2こずつでちょうどイイだろ。言ってこい」

キスティス「しょうがないわね・・・」

リノア「スコールは?」

スコール「ここで待ってる」

アルティミシア(動けよ)

リノア「じゃあいってくる〜」

タッタッタッタッタッタ・・・・・・・・

スコール「・・・おいシュミ族」

像を作る者「はい?」

スコール「この像は・・・ラグナ以外も作れるのか?」

像を作る者「まぁ、写真さえあれば誰だっていけますね」

スコール「・・・こいつの像もお願いできないか」

【セルフィの写真】

像を作る者「女の子ですか・・・」

スコール「頼む、見返りはするから」

像を作る者「はぁ・・・まぁ、ラグナ像の合間に作って置きます」

スコール「着色も頼むぞ」

アルティミシア(ここはそういう村じゃないからな?)







519:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 04:28:12.98 ID:rwDiyT6ko

数分後

リノア「あったよー!」

キスティス「結構探すのに手間取っちゃったわ・・・」

スコール「な?だりぃだろ?」

像を作る者「お手伝い完了です。では長老の元へ」

スコール「下らないダジャレに付き合わせやがって・・・」

アルティミシア(ダジャレ?)

スコール「シュミ族はある期間でムンバに変身する。ムンバは赤く逆立ったたてがみが特徴」

スコール「だから石はあお かげ いのち かぜ みずの頭文字を取って「あかいかみ」だ」

アルティミシア(・・・どうでもいいな)

スコール「自己顕示欲が強いんだよ。きっと」


・長老の家

長老「我々、シュミ族のために尽力をつくして頂きその感謝の(ry

スコール「はいストーップ」

長老「・・・なんです?」

スコール「おまえ、手のひら見せる気だろ」

おつき「うげ、バレてる」

スコール「お前の汚い手とかどうでもいいから。フローラルの香りがしてもごめんだね」

長老「・・・」ショボーン

おつき「コラ!長老に向かって何て事を!」

スコール「最初に言ったろ。レアアイテムよこせ」

長老「アイテム・・・ですか・・・しかしどれの事を言っているのか」

スコール「おいリノア。そのなんとかの武器ってどんなのなんだよ」

リノア「さあ?」

スコール「さあじゃねーだろ!お前がわからん物を俺が知るはずないだろ!」

キスティス「武器なの?」

長老「武器・・・ですか?そんなのあったかな・・・」

スコール(ババア、わかんねーの?)

アルティミシア(う、うーん。魔力が強いのはわかるのだが)ピリピリ

リノア「あっでも、もしかしてこれになんか書いてるかも」ズン

スコール「うおっ!」

【第二の石版】

スコール「あれ、これ俺の部屋に置いてたはずじゃ・・・」

リノア「鍵空いてたから〜、入っちゃったw」

スコール「勝手に人の部屋入んな!この空き巣野郎!」

長老「なんですこれ。石?」

おつき「漬物石っすか」

キスティス「なにこれ?文字らしきものがあるのはわかるけど」

スコール(ババア、これなんて書いてあるかわかる?)



520:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 04:48:24.35 ID:rwDiyT6ko

アルティミシア(古代文字だな。ええと)

アルティミシア(二股に・・・別れた・・・フォーク・・・タワー・・・?)

スコール「フォークタワー?」

キスティス「フォークタワーって何かしら」

リノア「そんなのあったっけ?」

スコール「関係なさげじゃね・・・結局取りこし苦労かよ」

アルティミシア(いや待て、まだ書いてある。ふたつ・・・同時に・・・大爆発・・・)

アルティミシア(所々掠れてて読みにくい。もっと近づけ)

スコール「・・・」グイ

グオン!

全員「!?」

ガン!

スコール「あで!」

キスティス「浮いた!?」

リノア「もしかしてビンゴ!?」

スコール「いってえ・・・アゴにモロ入った・・・」ピクピク

おつき「・・・大丈夫っすか」

シャーンシャーン! ペカーーー!

リノア「きゃーーーーーーーー!」

キスティス「ひ、光ってる・・・」

長老「???」

おつき「ちょっともーーーー!なんなんすかこれ!」


『うわーーーーーーーーーーーーー!』


全員「!?」

長老「工房の方だ!」

キスティス「スコール!いくわよ!」ダッ!

スコール「あでで、ちょお待って!足に来てる、足に来てるから」フラフラ


・工房

リノア「どうしたの!?」

像を作る者「びっくりした・・・ラグナ像の後ろのステンドグラスが急に割れて・・・」

キスティス「立てる?破片が飛び散ってるから足元気を付けてね」

像を作る者「あてて・・・」

スコール「な、なにが・・・」

アルティミシア(スコール!ラグナ像の後ろだ!)

スコール「・・・!」


【ファイアビュート】






521:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 05:00:41.84 ID:rwDiyT6ko

スコール「む、鞭・・・」

リノア「これが伝説の武器・・・?」

アルティミシア(間違いない、強力な魔力がそれから放たれている)

キスティス「あら、その鞭どうしたの?」

スコール「・・・まさかのモルボル強化?」

リノア「・・・っぽいね」

スコール「・・・モルボル、ちょっとこれ振ってみて」

キスティス「え、いいけど・・・へえ、使いやすそうね」パシ

キスティス「年季入っててしなやかだわ。大事に扱われていたのね」

リノア「さすが鞭マニア」

アルティミシア(そもそも何故鞭を?)

スコール「ドSなんだよきっと。なぁモルボル、このラグナ像的にちょうどいいんじゃね」

像を作る者「ちょっと!作品を傷付けるようなマネはしないで下さい!」

スコール「大丈夫だよ手加減すっから。ほらモルボル、いけ!」


キスティス「・・・はぁ!」ビシッ!


【追加効果】ファイガ


チュドォォォォォォォォン!!


全員「 」


パラパラパラ・・・ボロ・・・・


アルティミシア(ラグナ像が・・・)

像を作る者「・・・」ヘタ

スコール「めっちゃごめん。ハイパーごめん」

リノア「や、ヤバ〜・・・」

スコール「つかなにこれ!?ファイガとニコイチなの!?」

アルティミシア(しかもかなりの威力だな・・・疑似魔法のレベルを超えている)

キスティス「・・・」ヘタ

スコール「撃った本人が一番びっくりしてるじゃねえか!やべえだろこれ!」

リノア「で、伝説なわけだ・・・」

スコール「これただの大量破壊兵器だろ!ここでモルボル強化してどうすんだよ!」

アルティミシア(青魔法とセットで使われると手が付けられなくなるな・・・)

スコール「なんてこったーーーーーーーッ!やはりモルボルは連れてくるんじゃなかったァーーーーーーッ!」

スコール「火属性の臭い息とかマジただのガス爆発だろォーーーー!!」

リノア「・・・みんな茫然としてる内に帰らない?」ボソ


スコール「 逃 げ ろ ! 」ダッ!



537:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 23:34:20.72 ID:rwDiyT6ko

・ビッケ雪原

スコール「ゼエ・・・ゼエ・・・」

リノア「あーびっくりした」

アルティミシア(もうあの村には戻れないな)

スコール(折角のアルテマポイントが・・・クソ・・・)

キスティス「ねえ・・・なんなの?これ・・・」

スコール「え〜っとだな、あれだ」

リノア「ものすごい強い武器。魔女討伐に役立つかなって思って・・・」

キスティス「対魔女の武器・・・確かに強力だけど」

キスティス「でもどうしてこれをあなたが?」

スコール「そうだよ。お前まるで知ってるような素振りだったじゃねえか」

リノア「えっ?え〜っと、あれよあれ。ダディがそんな事言ってたような〜。みたいな?」アセ

アルティミシア(なんとわかりやすいウソを・・・)

スコール(お前のダディがそんなの知ってるわけないだろ・・・)

キスティス「そ、そう。カーウェイ大佐が・・・」

スコール「本当は何なんだよ・・・」ボソ

リノア「え?え〜と、12の武器は本来同じ場所にあって」

リノア「そこにまとめて保管されてたんだけど、その保管場所って言うのが?」

アルティミシア(スコール、地図を見て見ろ。ちょうどシュミ族の村に当たる近辺に・・・)

スコール「・・・城があるな」

リノア「そうそこそこ!だからあるとしたらシュミ族の村かな〜って」

スコール「先に言えよ・・・」

アルティミシア(あんなのが12個もあったら地形も変わるはずだ)

キスティス「やれやれ、私が付いて行っててよかったわ。こんなとんでもない物・・・」パシ

キスティス「これは私が責任もって保管しておきます。いいわね?」

キスティス「さ、トラビアに帰るわよ」

スコール「・・・しばらく逆らえねーなこりゃ」

アルティミシア(モルボル呼ばわりは控えろ。金輪際)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。