【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 前編 - 029

307:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 05:35:15.75 ID:5gFtspmGo

ノーグ「フジュルルル・・・・・3億ギルで・魔女・怒り・静まる?」

スコール「イエス!静まる!きっと!」グッ!

ノーグ「わ・わがっだ〜〜、おまえの・借金・わじが・立て替える」

ノーグ「だがら、お前・魔女の大使・ぜっどぐじろ!」

スコール「はいよろこんでェーーーー!」

アルティミシア(お、お前・・・)

スコール(やったぜーーーーー!借金が無くなる所か1億ギルのお小遣いが発生しやがった!)

アルティミシア(なんでこういう事にだけ頭が回るかな・・・・)

スコール(ハッハッハーーー!ボケ老人一人騙くらかすくらい俺にかかったらわけないぜェーーー!)

スコール(最高にいい気分だ!何かお前に買ってやるよ!)

スコール(なんてったっておれの貯金は一億ギルだからな!ハッハッハァーーーー!)

ノーグ「はやぐじろォォォォ!」

スコール「おいっすー」


プシュー シュタ スタスタスタ


スコール「というわけでバトル終わったから」クイ

リノア・アーヴァイン「どういうわけ!?」


テッテテレレーレーレーテッテレー♪


スコール(そういえばなんでリヴァイアサン持ってるのかなこいつ・・・・)

アルティミシア(どこかで拾ったんじゃないのか?)



327:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 23:20:09.31 ID:5gFtspmGo

ノーグ「フジュルルルル・・・イデアによろしぐ〜〜」

アーヴァイン「何が!?」

リノア「ねえスコール、マスターに何言ったの?」

スコール「借金立て替えろって言ったら立て替えてくれた。いい人だ」キリ

リノア「ふ〜ん、さっきまで殺すとか首を差し出すとか言って喚いてたのにね」

スコール「あいつは金儲けだけは天才的だからな。魔女を敵に回すと儲けられないと思ったんだろ」

スコール「その不安をお得意の金で解消してやれば、あんな池沼イチコロよ」キリ

リノア「・・・」

アルティミシア(マスター・ノーグ・・・シュミ族のはぐれ者・・・)チュートリアル

スコール(シュミ族はこんなんじゃないけどな)

アルティミシア(手のひらを偉大な物と考え普段は隠すようにしている、か)

スコール(あいつはブンブン振りかざしてたけど)

アルティミシア(なるほど、はみだし者なわけだ)

アーヴァイン「用事終わったんなら〜帰ってもおっけぇ〜?」

スコール「問題ない。好きなだけホモっててくれ」

アーヴァイン「後もうちょっとで落とせそうなんだ〜」

スコール(物理的にか)

アルティミシア(犯罪だそれは)

アーヴァイン「じゃあおっ先〜」ウイーン

スコール「マスター、俺の口座今日中に頼むぞ」

ノーグ「フジュルルル・・・魔女も金で買えだ〜」

スコール「さて、借金も消えた事だし俺も帰るか」ウーン

アルティミシア(今後どうするのだ?)

スコール「FH着くまで暇だしな・・・メタボに報告したら後はダラダラと逃げたモンスター狩りつつ・・・」

スコール「ああ、ギルガメッシュも何とかしないとな」

アルティミシア(そうだ。あいつは絶対に何か知っている。何とかして救出せねば)

スコール(策練っといて。俺寝るから)

アルティミシア(どれだけ寝るんだよお前)

スコール「はやくこいよエレベーター」ポチポチ


・・・・


ノーグ「 ぎ ゃ あ あ あ あ あ あ あ ! ! 」


スコール・アルティミシア「!?」



329:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 23:29:46.10 ID:5gFtspmGo

ノーグ「あ、あう・・・あぐぅ・・・!」

リノア「さっきからなんなのお前・・・?殺すだのなんだと喚き散らしといてさ」メキメキメキ

リノア「金でなんとかなると知った途端手のひら返しですか?シュミ族だけに?」バキッバキッ

ノーグ「フ、フジュルルル!おまえ・魔女の・片腕〜!」

リノア「おまえ?」

ノーグ「わじ、魔女と敵対する気・ない!わじ、魔女の・味方!」

ノーグ「わじのガーデン!わじのつぐった大事なガーデン!魔女に滅ぼされる・絶対にイヤだ!」

リノア「・・・」


リノア「 お 前 っ て 誰 に 向 か っ て 言 っ て ん だ コ ラ ァ ! ! 」


バリィィィィン!


スコール「や、ヤバイ!また始まった・・・!」

アルティミシア(折角評判を上げたのに・・・)


リノア「お前マジ死ねよ!?さっきまで散々威勢のイイ事言ってた癖に!!」ガン!

リノア「首を差し出せば魔女がおとなしくすると思った!?金で魔女が動くと思った!?」グイ

リノア「なわけねーだろカス!!魔女はな、お前の用なゴミを駆除する為にいるんだよッ!」ガン

リノア「グチグチとこんな地下に引きこもってダラけてた分際で、今更のこのこ現れてるんじゃねーよ!」グイ

リノア「大体なんなのお前!?言葉もロクに話せない奴が!でかい乳母車に乗ってないとなにもできない奴が!」ガン!

リノア「そんなどこの誰ともわからないカスに口出しする権限あると思ってるの!?自分はえらいと思ってるの!?」グイ

リノア「なわけねーだろボケ!!お前は人語すら危うい池沼だろ!?命令できるような立場じゃねーだろ!!」ガン!

リノア「そしてわじのガーデンなのに誰もお前の言う事きかねーーーもんなァーーーーーーー!!じゃあお前いる意味ねえなァーーーーーー!!」グイ

リノア「死ねよお前マジで!?死ねって!なぁおい。死ねって言ってるんだよ!いる意味ないから!」

リノア「なあ!聞いてんのか!?なぁって!オイ!」ガン!


リノア「今すぐこの世からいなくなれよォォォォオアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーー!!」グググク


ガン!


・・・


ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ・・・・・・


ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ



ノーグ「 フ ジ ュ ル ル ギ ャ ァ ァ ァ ァ ァ ァ ァ !!」






331:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 23:32:01.18 ID:5gFtspmGo

アルティミシア(オイヤバいぞ!止めろ!!)

スコール「ああっ!俺の足長おじさんが〜〜〜〜〜〜!」


リノア「ア`ア`ァ`ア`ァ`ァ`ア`ア`ァ`ア`ア`ア`ァ`ア`ーーーーーーーーーー!!!ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ

ノーグ「ひぎゃあああああーーーーーーー!アアアアアアアーーーーーー!!」ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ


スコール「リノアァァァァ!俺の連帯保証人に手を出すなァァァ!!」ダッ!


リノア「ア”ア”ア”ア”ッッ!!」ブン


スコール「オラーーーーー!」ブオン!


ガキィィィン!


スコール「うあっ!?」ドサ

アルティミシア(なんだ!?何が起こった!)

スコール「何かに弾かれた!何か、よくわからない硬い物に!」

アルティミシア(プロテスか!?)

スコール「いやちがう!もっとこう、硬いけど脆い感じの・・・」


リノア「死ねェェェェェェーーーーーー!この世から消えろ欠陥生物ゥゥゥゥーーーーーー!」ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ

ノーグ「ヒア”−−−−−−!アッアッ!ア”ギャァーーーーーーーーー!」ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ


スコール「この・・・もう・・・やめろっつてんだよ!」

スコール「これならどうだ!!」


【あんこく】


グオッ

ガキィィィン!


スコール「こ、これもダメか!」

アルティミシア(今度は見えた!GFだ!あいつはGFを呼んだんだ!)


グオオ・・・ボロボロボロ・・・


スコール「岩石の・・・手?」



333:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 23:48:12.44 ID:5gFtspmGo

リノア「ああそうだよ!私は魔女の片腕だよ!世界滅亡の手伝いしてんだよ!!」

リノア「知られたからには生かしちゃおけねーなオイ!?」」メキィ

ノーグ「あうう・・・わじ・言わない・誰にも・いわばい・・・」ドロ

リノア「聞こえねーーーんだよカスがァーーーーーー!まともにしゃべれよオラァーーーーーー!!」メキメキメキ!

ノーグ「ア”ア”ア”ッ! しゃべりばぜ・・・しゃ、しゃべま・・・喋りません・・・」


リノア「 し ゃ べ ん な や ! ! 」ゴシャ!


ボロボボロ・・・

スコール「どけよマドハンド!折角借金が帳消しになるチャンスなんだぞ!!」ガキガキン

アルティミシア(ダメージを身代わりに引き受けるのか・・・こんなGFがいたとは・・・)

スコール「くっそ!カーバンクルやケルベロス見たいな補助系GFか!」ガキンガキン!

アルティミシア(ギルガメッシュだけではなかったのだな・・・)

スコール「じゃあいくつGF持ってるんだよアイツ!?」

アルティミシア(おそらく・・・お前と同じ・・・いや、もっと多いかもしれない・・・)

スコール「 ま じ か よ ! ! 」


リノア「アタシから魔女に言っといてやるよ!バラムには手を出すなってな!!」

ノーグ「!?」

リノア「誰かの首なんていらねーよ!無償だよ!タダだよ!お前と違ってボランティアでな!」

ノーグ「む、無償・・・フジュルルル・・・・」

リノア「お前にはわからねーだろ・・・カス野郎・・・ただ土産はいるよなぁ・・・・そうだなァ・・・」

リノア「・・・ツクリテの手なんて、どう?」ニヤ

ノーグ「!?」


スコール「ヤバイヤバイヤバイヤバイ!」

アルティミシア(くっ、どうすればこいつは消えるのだ!)

スコール「マジでやっべえよババア!あいつ完全にノーグ殺す気だよ!」

アルティミシア(リノアァァァ!もうそのくらいでいいだろォーーーーー!!)


ガシ


メキメキメキッ


ブチブチブチブチブチ・・・!







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。