【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 前編 - 025

273:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 00:22:17.60 ID:5gFtspmGo

数時間後

・スコールの自室

スコール「・・・」ゴロ

アルティミシア(動き始めてから結構経つな)


(あの後・・・辛くもミサイルから逃れた俺達は、操縦方法がわからないまま風の向くまま直進し続けている。

 途中バラムの街に突っ込みそうになったが、コクピットのボタンを適当に押しまくったらなんとか回避できた。

 しかし直撃を免れた代わりに今度は海に落ち、そのまま大海原を波任せ風任せで進み続けている。

 マスター派と学園長派の内紛もこの混乱でうやむやになり、生徒達は各々の生活に戻って行った・・)


スコール「・・・」


(リノアとアーヴァインはガーデンを救出した功労者として特別にガーデンでの行動が認められている

 リノアは持前の演技力で生徒達に愛想を振りまき、さんざん痛めつけていたにも関わらず評判は上々だ

 アーヴァインも同様、ガーデン各地を気の向くままに放浪し続けている。

 途中イケメンを見つけたらセクハラをしているようだが、キスは無理でもおさわり程度なら許されているようだ)


アルティミシア(海綺麗だな)


(そうして何も変化がないまま時間だけが過ぎて行った。みんな内心では今後どうなるのかが気になるようだ

 俺はこの先どうなるかを知っているが・・・魔女を敵に回し、危うく命を落としかけたんだ。無理もない)


(俺はと言うと、ガーデンを混乱に陥れた主犯として拘束されそうになったが

 功労者のリノアとアーヴァインが必死でみんなを説得してくれた為、なんとか俺は有罪判決にならずに済んだ

 しかしその代わり、今まで奪ったカードを全て奪い返された。必死で抵抗したが圧倒的兵力に

 なす術もなくやられるしかなかった。どさくさに紛れて元から持ってたレアカードをパクっていった奴がいた

 こいつは見つけ出して後でアルケオダイノスのエサにしてやろうと思う) 


スコール「・・・」


(一応自由は確保されたが、その代わり保護観察処分なる物をを食らった。Seedが逐一俺の動きを監視しているらしい

 階段下で女子のパンツを覗こうとしたが、女子にものすごい警戒心を向けられ誰も俺に近寄らない

 帰り道にマラソン少年に後ろから蹴りを入れられた。ムカついたので反撃しようとしたらSeedに取り押さえられた。

 カードをしようにも誰も相手をしようとしない。みんな俺がレアカードしか使ってこない事を知っているからだ

 唯一クラブだけは相手をしてくれるが、こいつは無口なので無視されているのかOKなのかがわかりづらい)


(現時点での俺のガーデン内の行動はかなり制限されている。ほぼ自由時間はなく、あったとしても監視付き

 最初は無視して暴れまくっていたが、ついさっき呼び出しを食らいシド学園長直々に

 次問題を起こしたらSeedの権限をはく奪する。とまで言われてしまった。何て事だ)


(・・・大失敗だ)


スコール「・・・」

アルティミシア(おいスコール、デッキに連れていけ。海がみたい)


スコール「 つ か な ん で 俺 だ け ! ? 」   



274:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 00:22:48.82 ID:5gFtspmGo

アルティミシア(またか・・・)

スコール「だっておかしいじゃん!?なんで俺だけこんな目に合ってんの!?」

アルティミシア(もう、その話はさんざしただろ。全部お前が巻いた種だ)

スコール「Seedだけに。ってやかましいわ!なんだよ保護観察処分って!ここは少年院か!)

スコール「ふざけんなよカスがァァァァァ!!俺が今まで世界の為にどれだけ苦労してきたと思っている〜〜〜〜!」

アルティミシア(2週目なのはお前だけだし・・・)

スコール「俺だけじゃねーだろ!リノアもだろ!あいつだって散々悪党全開だったのになんでうまい事なじんでるんだよ!」

アルティミシア(あいつは一応策を練ってから行動してるからな・・・)

アルティミシア(大体リノアもホモもガーデンを救ったのは事実だろ。お前はむしろ窮地に陥れた側だろ)

スコール「不公平だ〜〜!不条理だ〜〜!薄汚れた愚か者共〜〜〜〜!」

スコール「黒いガンブレード使いがバラムを焼き尽くすのか!?幻想に幻想を重ねて夢を見ているのは誰だ〜〜〜〜!!」

アルティミシア(私の発言をちょくちょく引用するのはやめろ)

スコール「うぐぐ〜〜〜〜〜!くやしいよ〜〜〜!」ジタバタ

アルティミシア(もう、いいから海に連れていけよ)

スコール「うぐぐ〜〜・・・・・・・」zzz

アルティミシア(寝るな!海連れて行けよ海!オイ!)


数時間後

アルティミシア(海・・・海・・・海・・・)ブツブツ

スコール「ふあぁ・・・」ムク

リノア「おハロー」ズイ

スコール「おわっ!?てめえいつの間に!」

アルティミシア(ちゃんとノックしてたぞ)

リノア「カギあいてたから〜入っちゃったw」

アルティミシア(閉めろよ。不用心だな)

スコール「・・・何の用だよ」

リノア「ガーデン案内してもらおうかなって思って」

スコール「あ?他の連中にでもやらせればいいだろが」

スコール「なんてったってお前はガーデンの救世主様だからな。お前が頼めばみんな二つ返事で案内してくれるだろうよ」

リノア「そうじゃなくってさ〜」

リノア「イデアの秘密・・・知りたくない?」ボソ

スコール・アルティミシア「!?」

リノア「せっかくだから散歩でもしながら話そうよ」

アルティミシア(おい、行くしかないだろ)

リノア「大丈夫だって。アタシが入れば監視されないから」

スコール(・・・イデアの秘密って、なんだ?)






278:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 00:51:25.68 ID:5gFtspmGo

・バラムガーデン1F

スコール「だりぃ〜」ズリズリ

リノア「もう、ちょっとは自分で歩いてよ!」ズリズリ

アルティミシア(靴すり減るぞ)

生徒「お、リノアじゃんおハロー」

生徒「またスコールがなんかやったの〜?」

リノア「おハロー!ちょっと用事があってね〜」

生徒「しっかり見張っててくれよな〜!そいつ何するかわかんねえからさ〜!」

リノア「りょうか〜い!」

スコール「死ね・・・カード搾取要員共が・・・」ズリズリ

リノア「もう、しゃんとしなよスコール!」

スコール「なんでお前みたいなもんを・・・案内はセルフィ専用だっつの・・・」

スコール「大体さっき散々各地で暴れ回ったろ・・・今更なんなんだよ・・・」

リノア「あ、カドワキ先生おハロー」

カドワキ先生「お、リノアにスコールじゃないか。シド学園長を見なかったかい?」

スコール「痛風発症して寝込んでます」

リノア「嘘言わないでよwちょっと見てないですね〜」

カドワキ先生「そうかい・・・見かけたら保健室に来るように言っといてくれないかい?」

カドワキ先生「あの人働きすぎなんだよ」

スコール「働きすぎな人があんなにぶくぶく太らないと思います」

リノア「もういいから!了解で〜す!」

スコール「先生後で湿布ちょうだい。腰強打してガチヤバイから」

カドワキ先生「ケアルでもかけてもらいなよ・・・」

ズリズリ ズリズリ

スコール「・・・」ベチャァ

リノア「あー疲れた。ちょっと休憩」

スコール「休むな。引き連れよリノアカー」

リノア「誰が車よ。地べたに寝転ぶんじゃないの」

スコール「レビテトしろレビテト。俺は一歩も動かんぞ」ベチャァ

リノア「もう・・・」



279:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 00:52:00.76 ID:5gFtspmGo

ダダッ!

教師「生徒NO.41269スコールか?」

スコール「違います」

リノア「いやスコールでしょw」

教師「マスター様がお呼びだ。至急マスタールームまで来なさい」

リノア「マスタールーム?」

教師「そこのエレベーターを下に降りろ。許可は出してある」

リノア「だってさスコール」

スコール「誰が行くかカス。あのでかい乳母車と戯れてろ」

教師「はやくいけ!」

リノア「どうしよっか・・・」


1 先にマスターに会う

2 先にリノアの話を聞く


安価↓



280:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/09(木) 00:53:42.35 ID:vqoK4iiAo








PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。