【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 前編 - 021

235:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/08(水) 01:15:08.33 ID:hyceWffLo

アーヴァイン「さっき男子寮に入った時にね〜、拝借させてもらったよ〜」

スコール「もらったよじゃねーよ!人の部屋勝手に入んな!」

アーヴァイン「いいからいいから〜〜〜」クンクン

スコール「 匂 い を 嗅 ぐ な ! 」

アルティミシア(敗因は幹部の暴走か・・・)


 ざわざわ・・・ざわざわ・・・


リノア「取り囲まれちゃってるね〜」

アーヴァイン「ガルバディアガーデンより人数多いね」

スコール「つかなんでお前等捕まってないんだよ!なんで俺だけ!?」

シュウ「あなたがたは一体誰?」

アーヴァイン「僕はガルバディアガーデンの狙撃手で〜」

リノア「私はスコールのクライアントで・・・」

シュウ「なるほど・・・」

スコール「てっめえらァァァァ!裏切る気かァーーーーー!」

シュウ「で、ガルバディアのお二方が遠路はるばるバラムになんの御用?」

リノア「そうそう、みんな、聞いて!」バッ

リノア「ここにバラムのミサイルが飛んでくるかも知れないの!」


全員「!?」


シュウ「それ、本当!?」

アーヴァイン「本当だよ〜、魔女が報復活動に乗り出したんだ〜」

アーヴァイン「僕らはそれを伝える為に来たんだよ〜」

リノア「みんなが知ってるゼル、セルフィ、キスティスはバラムを救う為にミサイル基地に潜入してるの!」

リノア「争ってる場合じゃないのよ!みんな、早く逃げて!」


 ざわざわ・・・・まじかよ・・・ここにミサイルが!?


アルティミシア(おいしい所を取られてしまったな)

スコール(あのアマ・・・でしゃばりやがって)

アーヴァイン「僕らはバラムの生徒じゃないから〜内部事情とか知らなかったんだよ〜」

アーヴァイン「手段を選んでる場合じゃなかったんだよ〜」

リノア「みなさん、手荒な事をしてごめんさい・・・でも私は、みんなを助けたくてっ!」


 ざわざわ・・・そうか・・・そんな事情が・・・確かにそれしかないよな・・・・


アルティミシア(こういう演技させたら天下一品だなこいつは)

スコール(つかオレ同じ事言ったからな!?)



236:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/08(水) 01:17:02.61 ID:hyceWffLo

シュウ「なるほど、二人にはそんな事情が・・・」

シュウ「二人はバラムの事、知らないもんね・・・じゃあやっぱり今回の首謀者って」ジロ

スコール「だから最初に俺が言ったろ!話聞けよその他大勢共が!!」

スコール「折角助けようとしてやったのに恩を仇で返すマネしやがって!低脳共が!!」

スコール「もうやっぱお前等死ねよ!ミサイルの盾になれ!バラムの一部として生きていけ!雑草と一緒に!」


 ふざけんなてめえーーーーー!全然関係ない事ばっかやってただろーーーーーー!

 カードを奪う意味はあったのかーーーーー!! あのキスはなんだーーーーーー!!


スコール「シャラップゴミ共!解放されたらもっかい蜂起起こしてやるわ!!」ガルルルル


Boooooooooooooo!!


チーン ウイーン スタスタスタ・・・・


シド「やれやれ・・・騒々しいですね」


アルティミシア(あっ)

シュウ「学園長!」

スコール「あーーーーーッ!てめえメタボーーーーーッ!」

アーヴァイン「この人がバラムの学園長なんだ」

リノア「シドさんおひさしぶり〜」

シド「おや、君は確か森のフクロウの・・・」

スコール「会いたかったぜメタボ!!てめえよくもあんなふざけた奴隷契約に署名してくれたなぁーーーー!」

スコール「お蔭で俺ら散々な目にあったぜ!強制ダイエットの覚悟はできてるんだろうな!?」

シド「ど、奴隷契約?なんですそれは・・・」

スコール「しらばっくれんな!森のフクロウとの契約書見たぞ!!」

スコール「てめえリノアの脅しに屈して血文字でサインしてたじゃねえか!このヘタレメタボメガネ!」

アーヴァイン「脅し?」

リノア「何言ってんのスコール」

スコール「このアマ・・・契約書だ!契約書を出せ!」

リノア「はいはい・・・」ペラ

スコール「!?」

リノア「これのどこが脅しなのかな?」


「森のフクロウさんへ

 皆さんとSeedの派遣契約の期間はティンバーの独立までです。
 Seedを有効に使ってぜひ目的を果たしてください
 なお、本件は例外的な契約でありますからSeedに欠員が生じても補充はえきません。
 他言も無用に願います

  署名 バラムガーデン学園長 シド・クレイマー 



237:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/08(水) 02:13:05.99 ID:hyceWffLo

シド「おお、これですこれ。確かに私が署名した契約書ですよ」

シュウ「ティンバー独立までですか・・・」

アルティミシア(これはこれで結構な契約だが)

スコール「あれ?なんで?」

リノア「・・・」

アルティミシア(ハッ!おいスコール、裏!)

スコール「!?」ペラ

【スケルトン素材】

スコール「こ、このアマ!こんな物まで!」

アルティミシア(例の脅迫文はもう・・・消されているな)

リノア「保険って奴?」ボソ

スコール「!?」

アルティミシア(お前が途中で逃げ出さない為にか・・・)

スコール「てめえェェェェ!どこまで俺の邪魔すれば気が済む!」

リノア「ちゃんと働いてほしかったからねw」

スコール「ぐぎぎ・・・」

シド「時にスコール、ミサイルが飛んでくると言うのは本当ですか?」

スコール「あ?本当だよ。今ゼル達がミサイル基地に潜入してるわ」

スコール「だがあいつらはミサイル発射を阻止まではできない」

スコール「あいつらがやるのはせいぜい誤差を最大にする程度だ。このままボサっとしてたら命中するのは確実だな」

シド「そうですか・・・」


 ざわざわ・・・どうすんだよ・・・はやく避難しなきゃ・・・ざわざわ・・・


リノア「シドさんはどうするの〜?」

シド「私はここで最後までがんばりますよ。ここは私の家みたいな物ですからね」

スコール(もう、いいからさっさとMD層のキー出せよ)

シド「皆さんは避難を開始してください。私は一つ試してみたい事があるのです」

スコール「MD層だろ。行ってやるからあくしろよ」

シド「知ってたんですか・・・」

スコール「お前はコレステロールの心配でもしてろ」

アーヴァイン「MD層って何?」

シド「シェルター時代の物です。ガーデンは元々シェルターだったのです」

シド「MD層の最深部に行けばシェルター時代の制御装置があるのです。それが何かはわかりませんが・・・」

シド「ミサイルくらいは防げるかもしれません。それに賭けてみようと言う訳です」

スコール「だりぃ〜」ゴロゴロ






238:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/08(水) 02:14:05.57 ID:hyceWffLo

シュウ「こらスコール!学園長に向かってなんて口の聞き方なの!」

シド「はは、だりぃ、ですか。キスティスの報告通りですね」

スコール「・・・あ?」

シド「自分の考えや気持ちを整理したり伝えたりするのは苦手なようですね」

スコール(何報告してんだよあのモルボル)

アルティミシア(ただめんどくさがってるだけなのに・・・)

アーヴァイン「そこに行けば何とかなるかもって事〜?」

リノア「急がなきゃ!」

シド「頼みましたよ、スコール」

スコール「あ、やっぱ学園長が行ってください。MD層臭いんで」

シュウ「お前が行けよ!」


・エレベーター

ウイーーーーーーーーーン・・・・・・

スコール「狭いんだよ。近寄んな」グイ

アーヴァイン「いいからいいから〜」スス

スコール「あ〜もうだりぃ〜。大体シェルター時代の設備を放置するなっての・・・」

リノア「どこまで降りるのかな〜」


バチンッ!


全員「!?」


リノア「停電だ!」

スコール「言ってる側からこれかよ」

アーヴァイン「・・・」サワサワ

スコール「どさくさに紛れて触ってくんな!見えてるんだよ!」

リノア「どっかに出るところあるんじゃない?」

スコール「ったくオンボロが・・・」ガコ



239:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/08(水) 02:16:03.31 ID:hyceWffLo

・MD層 上層

スコール「ウッ!」

アーヴァイン「すっごい臭いね〜・・・」

スコール(いつ来てもたまらない臭いだな・・・)

リノア「古い工場みたい〜」

スコール「あ、そうそうお前等、ここの敵は全部炎が弱点だから」

スコール「オイルまみれだから火近づけると引火するの。アホだよな」

アーヴァイン「そうなんだ〜」

スコール「炎属性のジャンクションをつけてれば全員一撃だが、だからと言ってサクサク殺すなよ」

スコール「やりすぎると後々めんどい事になるからな。レベル的な意味で」

リノア「りょうか〜い」

アーヴァイン「イフリートいるし問題ないね〜」

スコール「あ〜くせえ。やっぱモルボル連れてくるべきだったわ」

カンカンカンカン・・・・・

アルティミシア(サビがすごいな)

スコール(せめて清掃くらいしろよな。清掃費用ケチりやがって)

アルティミシア(私のしもべならこんな風になるまで放置しないぞ)

スコール(お前んちは素材からしてきたねーだろ)

アルティミシア(な!?クラシックと言え!)

スコール(魔○村だな)


アーヴァイン「スコール、これ〜」


【バルブ】


スコール(これか・・・ガチで硬いんだよな)

アルティミシア(ただのバルブだろ?)

スコール(サビててカッチカチなの。これ一人で開けれた奴いるのかね)

アルティミシア(ほう、ではあいつにやらせたらどうだ?)


リノア「?」


スコール「あっそうか。リノア。やれ」

リノア「ええっ!?」

スコール「パーティーメンバーで一番の力持ちなんだろ。やれよ」

アーヴァイン「リノア一人はキツいんじゃないかな〜」

スコール「いーのいーのこいつ軍人の娘だから。というわけでやれ。10秒以内な」

スコール「指が腱鞘炎になるまで連打しろ。いいな?」

アルティミシア(3人でやればいいだろ・・・)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。