【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC2 前編 - 010

96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 15:11:56.23 ID:A4fv1lU1o

アルティミシア「遺言はないか」

スコール「いやそいつ今沈黙だから」

アルティミシア「なるほど、ないんだな」

カロフィステリ「〜〜〜〜〜〜〜〜!」ジタバタ

アルティミシア「さてと・・・」

スコール「グッバイ青ババア!」グッ!

カロフィステリ「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」


【メテオ】×3

3481
3842
4769
2246
3389
4273
2463
3739
2743
4212 

×3


カロフィステリ「ぎええええーーーーーーーー!!」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・ボォン


アルティミシア「魔法の法則その3、魔女の魔法は威力が5倍だ」キリ

スコール(土下座しといてよかった〜・・・)


テッテレレテーレーレテッテレー♪


アルティミシア「・・・」

スコール「はやく回復しろよ・・・パワートゥーザピーポーみたいになっちまうだろ・・・」

アルティミシア「・・・むん!」グイ

スコール「!?」

アルティミシア「もうやはりお前にこれは預けてられん!没収だ!」チャリ

スコール「あ〜〜〜!返せよババア!俺のパングル!」

アルティミシア「お前に預けていたら事あるごとに呼び出されるだろ!ふざけるな!」

アルティミシア「パングルはこの女教官に預けておく!いいな!」

スコール「よかねーよ!またあの青ババアみたいなのが出たらどうすんだ!」

アルティミシア「自分でなんとかしろ!」

スコール「ああっ!臭い息に・・・返せ、返せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 15:12:34.75 ID:A4fv1lU1o

・D地区収容所 下層

スコール「ひどい目にあった・・・」

アルティミシア(それを言うのも二回目だな)

キスティス「なんだったのかしらあれ」

セルフィ「地下施設って奴〜?」

スコール(いや、多分もう)グイ

ザザザ・・・ドサァ・・・・

スコール(・・・消えたな)

アルティミシア(どこかに繋がってしまったようだな)

スコール(おかしいと思ったんだよこんな砂漠にあんな樹海なんて)

ドガガガガガ! バン!バン!

キスティス「銃撃音?」

スコール(あっ忘れてた)

セルフィ「派手にやってるね〜」

アルティミシア(もしかして)

全員「ゼル!」

キスティス「急いで戻りましょう!」

スコール(いやアイテム回収がまだ)

アルティミシア(はやくいけよ!)


ゼル「ぐあっ!」

看守「手こずらせおって・・・」

ゼル「や、やべえ・・・」

スコール「ゼル〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

ゼル「スコール!」

ダダダダダダダダダッ!!

看守「!?」

スコール「ショラッ!」ドロップキック

ゼル「へぶしっ!」バキィ

スコール「あっ間違えた」

アルティミシア(わざとだろ・・・)

看守「ひぃっ!黒ジャン野郎・・・」

スコール「・・・」

看守「あわ、あわわわわ・・・」

アルティミシア(ものすごい恐れられてるな)

スコール「・・・・後ろ」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 15:13:34.36 ID:A4fv1lU1o

看守「!?」

バチィン! ブォォン!

看守「はぎゃっ!」

キスティス「ゼル!」

セルフィ「無事だったんだね〜」

スコール「手加減したつもりだが」

アルティミシア(お前何もしてないだろ)

ゼル「スコール!ありがと〜〜〜〜!」ユサユサ

スコール(ほら、俺に感謝してるじゃん)

アルティミシア(バカだ・・・)

ゼル「スコール〜〜〜〜〜〜〜!」ユサユサ

スコール「・・・」

コンッ

スコール「触んなよチキン」

ゼル「 」ヒリヒリ

セルフィ「もう一人でたったと行っちゃうんだから〜そんなにゼルが大事?」

ゼル「スコール・・・」

アルティミシア(どうせお前の事だから)

スコール(先に言って階段下でぱんちゅを・・・)

アルティミシア(だと思ったよ・・・)

ドガガガガガガガ!!

全員「うわっ!」

ゼル「これじゃ身動きとれねーぜ!」

スコール「よしゼル、自爆コマンド付けて特攻してこい」

ゼル「ええっ!やだよ死んじゃうじゃん!」

スコール「バラムにお前の銅像建ててやるから」

ゼル「生贄かよ!」

アルティミシア(この状況、どうするのだ)

スコール「いーのいーの。ここで助っ人が入るから」

アルティミシア(・・・?)


ぎゃっ! うわっ! ぐわぁーー!


スコール「あーあ。着やがった」


バゥン! バゥン! クルクル ジャキ


アーヴァイン「・・・」ニヤ

全員「アーヴァイン!」

スコール「このキザな登場がむかつく!」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 15:14:24.99 ID:A4fv1lU1o

アーヴァイン「・・・」スタスタスタ

キスティス「た、助けにきてくれたのね・・・」

セルフィ「ありがと〜」

スコール(実は一回見捨てようとしたんだよなこいつ)

アルティミシア(えっ)

スコール(俺らがD地区に捕まったって聞いてヘタレたんだよ)

スコール(最初それをしった時はもうほんと・・・)ワナワナ

アルティミシア(いいだろ実際助けに来たんだから)


「なに格好をつけて・・・」


スコール「そして・・・」

ゼル「もう一人いる!」


「いるのだ!」


ゲシッ!


アーヴァイン「はわっ!」ドンガラガッシャーン


スコール「!?」

アルティミシア(おいあいつ!)

全員「ええっ!」




イデア「・・・」コォォ




全員「イデア!?」

スコール(いやリノアは!?)






100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 15:16:43.98 ID:A4fv1lU1o

看守「撃ち方やめ!あの方は・・・」

看守「イデア様!?」

キスティス「な、なぜ・・・」

セルフィ「魔女が〜」

ゼル「おいキザ野郎!どういう事だよ!」

アーヴァイン「 」ピヨピヨ

ゼル「伸びてんなよ!?」

スコール「おぃぃぃぃ!なんでお前がここにいるんだよ!?」

イデア「む・・・貴様はあの時の」

スコール「なんでお前がアーヴァインと組んでるんだよ!リノアはどうした!」

イデア「リノア・・・?」

スコール「答えろよ!?」

イデア「・・・はぐれた」

スコール「はぁ!?」

イデア「いきなりどこかへ消えてしまってな。仕方がないからたまたまいたこいつに道案内を頼んだ」

アーヴァイン「 」ピヨピヨ

スコール「断れよ!?」

イデア「親切な奴だ・・・」クックック

アルティミシア(トドメを刺しに来たのか!?)

スコール「だからなんでここにいるんだよ!?俺らを今度こそやっちまおうってのか!?」

イデア「何って、里帰りに来たのだが」


全員「 は ぁ ! ? 」


スコール「お前D地区出身なの!?」

イデア「いや、別にここではないが・・・」

キスティス「ねえもしかして・・・」

セルフィ「さっきの森〜?」

イデア「ここも変わったな」

スコール「あの森はこいつのせいか・・・」

アルティミシア(さ、里帰り・・・)

イデア「で、お前等こそなぜここに?」

スコール「しらばっくれるな!お前にやられてとっつかまったんだよ!」

スコール「魔女暗殺計画ここで続きをやってやろうかゴルァ!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。