【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 後編 - 020

702:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 02:49:06.51 ID:Rnr2CPgGo

リノア「・・・」ボォォォ

スコール「お前何してんだよ!?自分ち燃やすなよ!?」

リノア「えっ違いますけど?ここ知らない人の家ですけど?」

スコール「実家だろ!お前がダディ怒らすからキツク言われただけだろ!」

アルティミシア(そのくらいわかるだろ!!)

リノア「知らない金持ちがパレード中の留守を狙った強盗に狙われました。しかし強盗は家にいた主に見つかってしまいます」

リノア「焦った強盗は家に火をつけ逃げました。追われると困るからです」

リノア「うん、筋書きはできたね」

スコール「どこの世界に軍人の家に強盗する奴がいるんだよ!」

リノア「そこはまぁ、知らなかったって事で」

アルティミシア(貴様だけは・・・親をなんだと思っている!?)

リノア「あんたに言われたくないんですけどw」

スコール「お前、やっぱここで殺すわ。マジ生かしちゃおけねえ」

リノア「魔女暗殺はいいの?」

スコール「魔女よりお前の方がタチわりぃんだよ!殺す!」ジャキ

リノア「こまったなぁ」

スコール「関係ねえよ!オラァッ!」

アルティミシア(待てスコール!止まれ!)

リノア「・・・」ニヤ


【トリプル】→ファイガ×3 ×2


ドォォォォォォン!ボォォォォォォォン!

ボボボボボボボボォォォォォォォォォォ!


スコール「おわぁぁぁぁぁぁっ!」


ゴォォォォォォォ・・・メラメラメラメラ・・・・!!


アルティミシア(火の手が!?)

スコール(ババアまただ!魔法を6回も連発しやがったぞ!?)


ボォォォォォォォ!!


リノア「ダディ、親子のよしみ。火葬は私がやっといてあげる」

リノア「スコールがハンパに回復したせいで地獄の苦しみ味わうけどね・・・」ニヤ


ボゥンボゥンボゥン!


アルティミシア(スコール!ウォータだ!)

スコール「この量の火消えるのか!?ババア!俺が精製しまくるからガンガン撃ちまくれ!」


リノア「強盗はスコールって事にしとこうかな?」ニヤ



704:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 03:14:22.30 ID:Rnr2CPgGo

リノア「んじゃまぁそろそろ行くね。もうすぐ始まるからスコール遅れちゃだめだよ?」

スコール「それどころじゃねーよ!お前のせいで!」

リノア「でもはやく脱出しないと家ごと崩れちゃうよ?」

スコール(だ〜〜〜〜〜〜!リノアが行っちまう!しかしリノアを追ったらこのおっさんが!)

リノア「究極の選択・・・にはならないね。そいつ助けてもなんの得にもならないし」プッ

アルティミシア(計算ずくか・・・つくづく頭の回る・・・)


ガゥゥッ!


全員「!?」


シュメルケ「グルルルル・・・」


スコール「トカゲ!助けに来てくれたのか!」

シュメルケ「ガウッ!」

リノア「ちっ、いつの間にあんなもん・・・」

スコール「トカゲ!このおっさんをどっか無事な所に避難させろ!」

アルティミシア(急げ!)

シュメルケ「ガウゥッ!」バッ!

リノア「いかせるかトカゲ!オラァ!」サンダガ

スコール「それはこっちのセリフだよ!シャラッ!」グラビデ


バッッッッチィィンン!!


リノア「ちっ」

スコール「お前はここで仕留めるぞ・・・」

アルティミシア(イデアの元へは行かさん!)

リノア「あ〜もう、パレードが・・・ん?」

リノア「・・・ああ、これはサイファーかな?」クスクス

スコール「何笑ってんだブス!」

リノア「後で教えてあげる。てか悪いけどはやくパレードいかないといけないんだよね」

スコール「行かせるわけねーだろ!」

リノア「だからさぁ。スコールはこいつと遊んでて。ね?」


『ほのおが あつまり かたちを つくる!』



705:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 03:17:47.03 ID:Rnr2CPgGo

ボォォォォ!


スコール「なにこいつ!?」

リノア「ファイヤーマン・・・ってネーミングは安直かな?」

アルティミシア(炎が意志を持って・・・)

リノア「おばさんのシュメルケと似たようなもんだよw」

リノア「そいつ、手の形の時は気を付けてね?弱点効かないから」

リノア「大丈夫、スコールなら十分倒せる相手だから」

スコール「おい待てよ!オイ!ブス!」

リノア「じゃ、がんばれ〜♪」フッ

スコール「待てゴルァ!逃がすか!」


ボォォォッ!


スコール「どけよファイヤーマン!」

アルティミシア(魔法で生み出したしもべか・・・あの女め!)

アルティミシア(スコール!そいつを倒さない限り先へは進めなさそうだ!)

スコール「この・・・邪魔すんな!」


ボォォォッ!


アルティミシア(くるぞ!)

スコール「こいやゴルァ!」



【エンカウント】リクイドフレイム






722:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/20(土) 21:56:52.78 ID:8c/cBBopo

・官邸前

デリング「〜〜〜〜」クドクドクド

アーヴァイン「スコールの奴・・・もう、どこへ行っちゃったのさ」

リノア「おっさん!話長いよ!」

デリング「き、君!何故ここに!?」

リノア「あたし先生の付き人だからさぁ〜、ほら、どいたどいた」

デリング「ぬう・・・」

リノア「せんせ〜、もぉいいよ〜」


イデア「・・・」ヌッ


アーヴァイン「魔女!ついに出てきたか!」

アーヴァイン(でもあれママ先生なんだよな・・・撃てるのか?僕に)

イデア「遅かったな・・・リノア」

リノア「えへへ、ちょっと親子喧嘩が勃発してね〜」

イデア「・・・」

リノア「絶景だね〜」

アーヴァイン「あ、あれ?リノア?」

リノア(やば・・・アーヴァインいるの忘れてた)

リノア「ああっやめて〜操らないで〜(棒)」フラフラ

アーヴァイン「魔女に操られているのか!?」

リノア(ちょろっ)プッ

アーヴァイン「リノアが・・・もうスコール!何やってるのさ!」

イデア「・・・臭い」


・カーウェイ邸

リクイドフレイム「〜〜〜〜〜」ボォォ

スコール「どけオラァ!わかりやすい見た目しやがって!」

スコール「くらえ!」ペカ


【ブリザガ】


リクイドフレイム「!?」ダメージ6000

スコール「ザコが!どう見ても氷弱点だぜ!」

アルティミシア(スコール!油断するな!)

スコール「おわっ!」


【ほのお】


スコール「おあああああああ!」ボォォォ

スコール「おお・・・属性防御ジャンクションしてたんだった」ダメージ0

アルティミシア(今間髪入れずに攻撃してきた!カウンターか!)



723:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/20(土) 21:57:36.38 ID:8c/cBBopo

スコール「関係ねーよこんな雑魚。見かけ倒しだ」

スコール「死ね!芋でも焼いてろ!」


【トリプル】→ブリザガ×3


リクイドフレイム「・・・」ズズズズズ

スコール「!?」


【リクイドフレイム】人型→手形


ダメージ0


スコール「ええっ!?なんで!?」


【ファイラ】→スコール


スコール「おああああああ!」シュゴゴゴ

スコール「ってきかねーっての」ダメージ0

アルティミシア(リノアが言っていたな・・・手形の時は弱点が効かないと)

スコール「炎の癖に・・・ややこしいんだよ!ボケが!」

アルティミシア(また変わる!)


ズズズズズ


【リクイドフレイム】手形→渦形


【ファイラ】→リクイドフレイム


シュゴゴゴゴゴ!


【リクイドフレイム】回復3000


スコール「この野郎・・・自分に魔法かけて回復しやがった」

アルティミシア(意外とかしこいな・・・状況に応じた行動を取っている)

スコール「ババア!ライブラだ!」

アルティミシア(そのくらいお前がやれよ!ったく、ほら!)ペカー


【リクイドフレイム】HP30000 【レベル】?? 【弱点】 氷 

カルナックにて倒されたが、リノアの魔力によって復活した炎のモンスター
攻撃を加えると即座にカウンターをしてくる。
人型、手型、渦型と3っつの姿を持ち、形態によって行動が変わる
手型の時は弱点が効かない。渦型の時は自分にほのおを浴びせ回復する


スコール「カ、カルナックってどこ?」

アルティミシア(こいつも異世界とやらから来たモンスターか?)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。