【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 後編 - 019

691:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 00:43:00.19 ID:Rnr2CPgGo

スコール「いくなっつの!」

リノア「ホントはさっさと行きたかったんだけど、ダディがロックかけやがってさあw」

スコール「ダディて。きもいから封印されてろ」

リノア「だから今帰ってきたダディに解除方法聞いてたの」

スコール「えっ!?大佐いんの!?」

アルティミシア(どこだ?)

スコール(やべえ・・・見つかったらSeedランク下げられる・・・)

アルティミシア(元からないも同然だろ。気にするだけ無駄だ)

スコール「・・・いねえじゃん。カマかけんなよブサイク」

リノア「〜♪」

スコール「大佐がいないから愚痴らせてもらうけどな、お前のダディ(笑)もきもいんだよ」

スコール「スッカスカのゴミ作戦立案しやがって。あんなのでよく大佐になれたな」

リノア「まぁあんまり仕事できるって話し聞かないねえ」

スコール「どうせ女仕官をレイプして無理矢理着いたとかそんなんだろ。オールバックNTRが」

スコール「オールバックの癖に前髪がピョロっとなってるのがキモイんだよ。俺のパパの恋邪魔してんじゃねーよ。死ね」

リノア「それは知らないんだけどw」

スコール「お前の性格の悪さはダディ譲りだな。そのまま一緒にD地区送りにされろよ。どうせこの計画失敗するから」

スコール「俺が捕まったら速攻で大佐の事ゲロするからな。後関係ない奴何人か巻き添えにするから」

アルティミシア(それはやめろよ)

リノア「ダディ、こんな事言ってるよ〜。いいの〜?」

スコール「いねえんだよボケ。死んだ円光相手とでもしゃべってるのか」

リノア「いるんだけどw」

スコール「いねえよボケ。視力0か。どこにいんだよ」

リノア「さ〜どこにいるでしょ〜w」

スコール「う、うぜえ!」ピキ

アルティミシア(いや、生命反応はあるぞ。かなり微弱だが・・・)

スコール「えっ」

リノア「ヒント。朝ごはん」

スコール「下らねークイズしにきたんじゃねーんだよ!死ね!」

アルティミシア(朝ごはん・・・みそ汁・・・卵焼き・・・)ブツブツ

スコール「まじめに考えんな!」

リノア「・・・」ニヤニヤ



693:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 01:04:46.29 ID:Rnr2CPgGo

リノア「2つめのヒント、ロック」

スコール「うぜーよ!はやく答え言えよ!」

アルティミシア(ロック・・・セリス・・・エドガー・・・バリアントナイフ)ブツブツ

スコール「そのロックじゃねーよ!」

リノア「じゃアタシいくから」

スコール「ウォォォォイ!待て!答え言ってけよ!」

リノア「も〜めんどくさいな〜。朝ごはんを英語でなんて言う?」

スコール(ブレイクファーストだろ・・・それがなんなんだよ)

スコール(ん・・・?ブレイク?)

アルティミシア(ロック・・・・ロック!)

リノア「人んちの物壊しちゃだめだよw」

スコール「!?」


【石化カーウェイ(粉々)】


スコール「 ダ デ ィ ー ー ー ー ー ! ! 」


リノア「あーあ、依頼人やっちゃった」

スコール「やっべえよ!ピッ○ロさんみたいになってる!」

アルティミシア(まだ間に合う!アレイズだ!)

【アレイズ】

カーウェイ「う・・・」

スコール「やべえよ!今の話聞かれてた!?」

カーウェイ「スコール・・・何故ここに・・・?」

スコール(ハッ!バレてなさげ!)

スコール「大佐を救出しに来ました!大佐を放ってはおけません!」

カーウェイ「・・・すまない。私が君達の脚を引っ張ってしまったようだ」

スコール(ほっ)

リノア「さっきダディを無能呼ばわりしてたよw」

スコール「オォーーーイ!シー!シー!」

カーウェイ「やはり・・・・私はお飾り仕官・・・」

アルティミシア(気にしていたのか)



694:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 01:24:20.82 ID:Rnr2CPgGo

リノア「じゃあダディも戻った所で私行くから」

カーウェイ「待て!じっとしてろ!」

リノア「ノー・サー♪」

スコール(あのアマ・・・自分の親父にブレイクかけやがった)

アルティミシア(信じられんな・・・・)

カーウェイ「まてリノア!お前を外に出すと何が起こるかわからん!絶対に出さんぞ!」

リノア「うるさいなー。邪魔だよダディ。もっかいブレイクするよ?」

カーウェイ「お前と言う奴は・・・今度は魔女にちょっかいかけるつもりか!!」

スコール「待てリノア」ジャキ

リノア「スコールまで・・・私もパレードみたいの〜〜〜!」

スコール「ダディ、そいつはすでに魔女にちょっかいかける所か手を組んでるぞ」

カーウェイ「なんだと!?」

スコール「ほんとNTRの次はどえらいモンスターまで産みやがって。どんだけ世間に迷惑かけるつもりだお前等一家は」

カーウェイ「・・・」

リノア「ほんと迷惑だよね〜、お説教されてなさいよ。ダディ」

スコール「お前だよボケ!諸悪の根源が!!」

リノア「どいひ〜」

スコール「死ねよ!おいダディ!悪いけどこいつここでやっちまうぞ!?」

カーウェイ「・・・」

リノア「きゃー助けてダディーこわいー」

カーウェイ「・・・構わんスコール。やれ」

リノア「えっ」

カーウェイ「普段から素行が悪いと思っていたが、まさかよりにもよって魔女と関わるとは・・・」

カーウェイ「子供の反抗期にも限度がある。もうお前は娘などではない。勘当だ!」

リノア「・・・あっそ」

カーウェイ「出ていけ!二度とこの家に足を踏み入れるな!」

リノア「はいはいわかりました。じゃあここ今からアタシの家じゃないんだね」

スコール(やべえ・・・)

カーウェイ「お前は一体何がしたいんだ!我々には任務がある!これは遊びじゃないんだ!」

スコール(煽るな・・・)

カーウェイ「出ていけ!どこかで勝手にやっていろ!」

リノア「・・・」

アルティミシア(目を瞑ってていいか?)

スコール(オートブライン作っとけ。マジで)

カーウェイ「何をボサっとしている!早く出ていけ!」









 ゴ シ ャ ッ !



699:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 02:12:26.01 ID:Rnr2CPgGo

リノア「ガタガタ上から目線で説教してんじゃねーぞカスが・・・」メキメキ

カーウェイ「おああっ!?」フワ

リノア「勘当?何それ?親目線?ねえ、あなたアタシのお父さんなの?」

リノア「小さい頃からアタシのモルモットだったじゃんw急にキャラ変えられても困るんですけど」メキメキ

リノア「お前を親父を思った事なんて一度もねーよ・・・ オ ラ ァ ッ ! 」ドン!

カーウェイ「ぐはぁっ!」

リノア「あなた親らしい所今まで見せた事ありましたかァーーーーーーーーーーー!?えぇーーーーーー!?」ピキィ

リノア「男手ひとつのつもりかよ!?ああ!?この自己満野郎が!お前に育てられた記憶なんてハナからねーんだよオラァ!」ガンガンガン

リノア「死ねよお前!?無能がよ!!軍でも上司にゴマすって這い上がっただけの無能のくせに!!」ガン!

リノア「身の丈に合わない役職ついてんじゃねぇゾ三下が!!身の程を知れよ!?なぁ!?オイ!身の程知れよ!!」ガン!

リノア「身の程をしれって言ってるんだよォォォォォ!死ねよオラァァァァァ!!」メキメキメキメキ

カーウェイ「あああああーーーーーー!」

リノア「お前は家に金入れるだけの全自動送信機だろ!?ATMが客に文句付けるのかぁ!?ア”ア”!?」

リノア「何が暗殺だ!お前如きの作戦に魔女がやれるわけねーだろ!?届くと思ってるのか!?魔女に!?」ガン

リノア「人間として底辺のお前がよぉーーーーーーーーー!!魔女をどう退治できるんだよォーーーーーーーーー!!ア”ア”ア”ア”ア”!?」ガンガンガンガンガン!!


アルティミシア(おい止めろよ!?)

スコール(家庭の問題に部外者が口出したらダメだって・・・)

アルティミシア(ありきたりな理由つけて逃げるな!ほら、いけ!)

スコール(ヤダヤダヤダ!絶対俺に飛び火するじゃん!あんな修羅場入れるわけねーだろ!?)


リノア「死ねお前マジ!?ゴミ!カス!クズ!ガルバディアの恥じ!国の汚物!加齢臭!不能チ○ポ!」ガン!

リノア「思い出がないんですけどォーーーーーー!!ねえーーーーーーーーーーーー!?彼方と過ごした素敵な思いでがァァァァァ見当たらないよォォォォォォ!?」ガンガンガンガンガン!!

リノア「お前みたいなのがいると人類全体がレベルダウンするんだよ!!ねえ!?わかる!?娘一人も育てられないクズが!!」ガンガンガンガンガン!!

リノア「何もできないお前の用なゴミが人に指図するな!身の程を知れ!害虫!!カス!中年の厄介者!いない方が幸せになれる呪いのアイテム!」ガンガンガンガンガン!!

リノア「害虫は駆除が正解なんだよオラァーーーーーー!!速く死ねよォォォォォ!」ガンガンガンガンガン!!


スコール「ヤダヤダヤダ!絶対入りたくない!絶対ムリ!修羅ってるから!約一名シャドウってるから!」

アルティミシア(いいから止めろよ!)グググ


リノア「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」ガンガンガンガンガン!!

リノア「お前の汚らわしい血が混ざってるんですよ!!ゴミから生まれて迷惑なんですけど!?」ガンガンガンガンガン!!

リノア「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」ガンガンガンガンガン!!

リノア「お前の遺伝子を後世まで残さない為にアタシが責任もって抹消しといてやるよ!お父さんごっこ中のサナダムシ!!」ガンガンガンガンガン!!

リノア「勘違いしてんなよォーーーーーーーーーーーーーー!!!ムシがァァァァァァァァ!!!!!」ガンガンガンガンガン!!


ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!

ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!

ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!ガンガンガンガンガン!!




アルティミシア(と め ろ !)

スコール「 や だ ー ー ー ー ! ! 」






700:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/19(金) 02:32:52.33 ID:Rnr2CPgGo

リノア「遊びで中出ししたような奴が遊び呼ばわりしてんじゃねェーーーーーーーーーーー!!」ブオン


ドチャッ!


スコール・アルティミシア(うっ!)


カーウェイ「」ドチャァ


スコール(どんだけ殴ればこんなんになるんだよ・・・うっぷ!)

アルティミシア(速く回復しろ!)

スコール(無理!直視できない!ババア代わりにやっといて!魔法貸すから!)

アルティミシア(お前がやれよ!?待ってろ今かいふ・・・ウッ!)


カーウェイ「」ゴポポ


アルティミシア(・・・無理!見れない!)

スコール(はぁ?!ダディ死んじゃうだろ!?はやくやれよ!)

アルティミシア(バカかお前!?人があんな姿に・・・まともに見れるか!)

スコール(おっさん死んじゃうって!マジはやく!)

アルティミシア(うう・・・スコール!片目だけ開こう!同時にやろう!)

スコール(一瞬でも視界に入ったらそっこ瞑るからな・・・せーの!)


【ケアルガ】


カーウェイ「・・・・」ゴハッ!

アルティミシア(とりあえず直視できる範囲まで回復したな・・・)

スコール「ダディ無事か!?」

カーウェイ「あわ、あわわわわ・・・」ガタガタ

アルティミシア(精神に多大なダメージを負ったな・・・)

スコール(うあっ!おいババア!これ!)

アルティミシア(ん・・・おあっ!?)


【カーウェイの背中】→無数の根性焼き


アルティミシア(・・・)

スコール「これ治せねえの!?」

アルティミシア(傷が古すぎる・・・普通の回復魔法では無理だ)

スコール「モルモットって言ってたな・・・あいつ・・・昔から・・・」

アルティミシア(この私ですら気分を害す邪悪とは・・・)

アルティミシア(ハッ!)


メラメラメラメラ・・・・


アルティミシア(おいスコール!この家燃えてるぞ!)

スコール「 え え っ ! ? 」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。