【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 後編 - 012

594:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/16(火) 02:17:59.02 ID:hc4JvkNgo

スコール(大丈夫だって。友情パワーで顔見ただけでわかるようになるから)

ラグナ「エスパーじゃねえんだよ!」

キロス「とりあえず・・・一刻も早く病院へ連れてった方がいい」

スコール(お、パパ見て。下に船があるよ)

スコール(運よく生き残れば船に拾ってもらえるよ)

ラグナ「お前と関わるとマジロクな事がねえ・・・」

スコール(俺らこなかったらもっとひどい目にあってたんですけど)

ラグナ「はぁ・・・ここから飛び降りるか・・・」

キロス「魔法があるから大丈夫だろ。ほら」レビテト

スコール(お、頭いいねクロンボ。ほら、パパもレビテト使って)

ラグナ「うう・・・・ウォード、今助けてやるからな!」レビテト

キロス「このままゆっくり落下するぞ!急げラグナ!」フワ

ラグナ「・・・おりゃああ!」ガバッ!


グニャアアアアアアアアア!!


スコール(あ、迎えがきた)


ラグナ・キロス「!?」


アルティミシア(この男もつくづく運がないと言うか・・・)

スコール(ごめんパパ、迎え来たから帰るわ)

ラグナ「魔法置いてけよ!?」

スコール(ムリムリ、これ俺の意志じゃないから)

スコール(パパなら大丈夫だって。手をはばたかせればなんとかなるよ)

ラグナ「できるわけねーだろボケェ!!鳥じゃねーーんだよ!!」

キロス「もう飛んでしまったぞ!?」


スコール(グッドラック!パパ!)グッ!


ラグナ・キロス「マジかよぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーー!!」




ドボン!



614:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/17(水) 01:33:14.65 ID:55DmIsGPo

スコール「う・・・」

ゼル「お、起きたか」

スコール「・・・」

スコール(他の連中が無事な様子を見るにリノアはおとなしくしていたようだな)

ゼル「またラグナか?」

セルフィ「ラグナさま、ピンチなんだよ〜!どうなったのかなぁ〜!?」

アルティミシア(大丈夫なのか?あんな崖から落下して)

スコール(息子の俺がピンピンしてる時点で無事に決まってんだろ)

アルティミシア(ああ、なるほど・・・)

スコール(まぁ骨の何本は確実に逝っちまってるだろうが)

アルティミシア(全然無事じゃないではないか)

キスティス「みんなは初めてじゃないみたいね。これ、なんなの?」

スコール(臭い息はこれが初体験か)

アルティミシア(言い方がなんかあれだな・・・)

スコール「ここで考えてもきっと何もわからないさ」

ゼル「そうだな・・・ブフッ!」

スコール「?」

セルフィ「おもしろ〜いっ!」

キスティス「あらあらスコール、素敵なおめかししてもらっちゃって」クスクス

リノア「ね、ウケてるでしょw」

スコール「な、なんだ?」

キスティス「ほら、鏡貸してあげる」カパ

スコール「!?」

【ケフカメイク】

スコール「・・・」

アルティミシア(どこかで見たような道化だな)

リノア「スコール、ぼくちんって言ってw」

ゼル「ブフッ!」


スコール「 殺 す ! ! 」


リノア「わ〜!みんな逃げろ〜!」タッタッタ

セルフィ「ピエロが追いかけてくるよ〜!」タッタッタ

キスティス「ああもう、メイク落とさなくていいの・・・」タッタッタ

スコール「あのアマ!あんだけ何もするなと言っておいたのに!!」

アルティミシア(落書き程度で済んでよかったな)

スコール「ラクガキじゃねーよ!めっちゃ手間のかかったメイクしやがって!」

スコール「まてゴラリノアァァァァァァ!」


・森 → ・ガルバディアガーデン




615:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/17(水) 01:57:35.58 ID:55DmIsGPo

・ガルバディアガーデン 正面入り口


ゴゥン ゴゥン ゴゥン ゴォォォォォ!


セルフィ「なんかいっぱい飛んでる〜!」

ゼル「かっけえなぁ!俺にも貸してくれねーかな」

リノア「パワードスーツって奴?」

スコール(めっちゃなついわ)

アルティミシア(私もだ)

スコール(辛気臭いけど、それがいいんだよなぁ)

アルティミシア(静かな場所が好きなのか?)

スコール(クーデレっぽい口調の女がキワッキワのミニスカ履いてるから)

アルティミシア(それしか頭にないのか貴様は)

スコール(マジちゅぱたんしたいわ)


・ガルバディアガーデン内

キスティス「ねえ、ここは私に任せてくれる?何度も来ているから学園長も知っているし」

スコール(愛人みたいな空気だな)

アルティミシア(違うだろ)


数分後

『バラムから来たSeed部隊は二階応接室までお越しください』

スコール(はええ)

リノア「茶菓子出るかな茶菓子。なんか甘い物でも食べたい気分」

スコール(自分の血でも飲んでろ。ネクロマンサーが)

ゼル「なーんか暗いなここ」

セルフィ「学園祭とかやってなさそ〜」

スコール(ガーデンに帰ったら文化祭の実行委員に立候補しとくか)

スコール「あっちなみにホールの真ん中にヘイストあるから」ドロー

アルティミシア(誰に言っている)


・応接室

セルフィ「茶菓子ないね〜」

スコール(俺はセルフィたんを食べたい)

アルティミシア(きもいんだよ毎度毎度)

ウイン

キスティス「学園長に事情を説明してきたわ。バラム・ガーデンも無事よ」

ゼル「マジか!よかったぁ〜・・・」

スコール(学園長のを咥えてきたのか)

アルティミシア(いい加減下ネタから離れろ!)



616:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/17(水) 02:17:04.60 ID:55DmIsGPo

キスティス「ティンバーでの大統領襲撃事件は犯人の単独行動だと判明したそうよ」

スコール(しかしその実は・・・)

リノア「・・・」ニヤ

スコール(わかりやすい笑み浮かべんな)

キスティス「バラム・ガーデンの責任は問わないと言う通達があったって」

スコール(サイファーアホすぎる)

アルティミシア(前回も来たのか?)

スコール(ああ。前回はリノアを助けるために。だが今回は殺す為に)

スコール(動機は全く逆だがまぁ史実通りだなその辺は)

キスティス「・・・裁判は終わって刑も執行されたそうよ」

ゼル・セルフ「!?」

スコール(なわけねーだろ)

リノア「処刑されちゃったの・・・?そうだよね、大統領を襲ったんだもんね・・・」

アルティミシア(意気投合してなかったか)

スコール(カスが。お前が一番よく知ってるだろが)

リノア「私達『森のフクロウ』の身代わりにあいつは・・・」

スコール(森のフクロウ『も』だろ。ボケ。ほんとどっから湧いてくるんだよその演技力)

キスティス「でもレジスタンス活動してるんだもの。最悪の事態の覚悟はあったんでしょ?」

スコール(むしろ最悪の事態しか想定してねーだろこいつ)

キスティス「身代わりとかそういう考えはしない方がいい。・・・ごめん、なぐさめになってないね」

ゼル「イヤな奴だったけどこういう事になるとなぁ・・・」

セルフィ「ゼル、サイファーの事大嫌いだったもんね」

スコール(この空気うっぜえな・・・)イライラ

アルティミシア(なにがだ)

スコール(温厚モード時の俺を唯一ガチギレさせたしんみりムードだ。発生源のリノアも処刑されるべきだ)

アルティミシア(無茶苦茶言うなよ・・・)

セルフィ「なんか、ブルー」

キスティス「問題児ほどかわいいって言うけど、彼はその範疇を超えていたわ。ま、悪人じゃなかったけど」

リノア「サイファー・・・大好きだった・・・恋してた・・・んだと思う」

スコール「リノア」

リノア「・・・何?」

スコール「ホッケー場に女子生徒のパンツ見に行くから、終わったら呼んで」

リノア「えっ」

アルティミシア(今語ろうとしてたろ!?話聞けよ!)

スコール「じゃっ」

アルティミシア(おい!私はサイファーの恋バナ聞きたいぞ!?おい待て!オイって!!)



618:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/17(水) 02:44:43.57 ID:55DmIsGPo

・ホッケー場

女子生徒「〜〜〜〜」ツルツル


スコール「マジでガルバディアガーデンに転校しよっかな」

アルティミシア(サイファーとリノアの恋バナ、聞きたいんだが)

スコール(しつけーな。どうでもいいだろそんなもん)

アルティミシア(どうでもよくなんかない!少年少女の青春の1ページだぞ!?期待値が高まるだろ!)

スコール(いい歳こいてスイーツかよババア)

アルティミシア(初デートとか初キスとか、学校帰りに一緒にクレープ食べたとか、こう・・・あるだろ!)

スコール(いやねーから。めっちゃ遠距離恋愛だし。つかなんでクレープ限定なんだよ)

アルティミシア(若者の恋愛はそんなのだろ!?知りたいんだよ〜〜〜!はやく戻れ!)

スコール(だからそんなのねって。出会ったその場で盛り入ってトイレでやっちゃいましたとかそんなんだよ、どうせ)

アルティミシア(なんでお前はそういう汚れた発想しかできんのだ・・・)

スコール(ババアロクな恋愛してないからって俺らに押し付けんなって。いいじゃんここで。パンツ見てようぜ)

アルティミシア(私が見ても意味ないだろ・・・)


女子生徒「〜〜〜」キャッキャ


スコール「マジれろたんしてぇ・・・」

顧問「そこ!滑りが甘いぞ!もっと腰を落として!」

スコール「なぁおっさん。写真撮っていい?」

顧問「・・・他校のスパイかね?」

スコール「あ、だめ?じゃあちょっとエアロ放たせて」

顧問「練習の邪魔をしないでもらんか・・・」

スコール「軽くだから軽く!少しだけ!エアロの先っちょだけ!」

アルティミシア( や め ろ )







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。