【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 後編 - 004

493:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/14(日) 04:27:00.80 ID:CKL+ETjIo

スコール「なんだこのラスボスっぽい説明文は!?」

アルティミシア(お前、なにものだ!)

リノア「ヒロインですけど何か?」

スコール「ヒロインじゃねーよボケ!ヒロインがHP?になってるか!」

リノア「限界突破って奴かな?」

スコール「なるかボケェ!お前は俺の中ではウェポンだ!」

スコール「アルテマ、オメガの次だろ!?リノア・ウェポンに改名しろ!!」

リノア「アタシから何をドローするつもりなのさw」

スコール「知るかァァァァァァ!いちいち乗っかってくるんじゃねェェェェェ!」ジタバタ

アルティミシア(異世界とはなんだ!?)

リノア「教えるわけねーだろw」

アルティミシア(こいつ・・・)

スコール「こいつ絶対魔女化してるよ!ババア!異世界でレベル上げしてきやがったんだよ!」

アルティミシア(だから異世界ってなんだ・・・)

スコール「知るか!お前の時間圧縮と似たようなもんだろ!」

リノア「魔女じゃないよw」

スコール「へ!?」

リノア「だから私は魔女じゃないって。でしょ?おばさん」

アルティミシア(・・・魔女の力は見当たらん)

スコール「シラフでこれなのか!?」

リノア「まぁ、その辺は修行のたまものと言うか」

リノア「当たらずとも遠からずって所かな?」

スコール「気になるだろがボケェェェェ!全部教えろ!カスが!!」

スコール「しゃべるだけしゃべったら死ね!自爆しろ!ボムみたいに!」

リノア「知りたいなら力付くで聞けば?」

スコール「できればとっくにやってるんだよボケが!!お前は縛りプレイでやれ!全コマンド使用禁止だ!」

リノア「w」


ゼル・セルフィ「う、う〜ん」ムク

スコール「!?」



495:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/14(日) 04:43:26.88 ID:CKL+ETjIo

リノア「ちっ」

スコール「た、助けてくれェーーーーーーーーーーーー!!」

ゼル「おい、どうしたんだよ!」

スコール「リノアが(ry

リノア「みんな手伝って!スコールが落ちちゃう!」

スコール(いやお前の仕業だろ!)

セルフィ「大変だ〜」

ゼル「一気に引っ張りあげるぞ!せーの!」


ドサッ


全員「ハァ・・・ハァ・・・」

ゼル「なんだよいきなりもう・・・」

セルフィ「何があったの?」

スコール「リノアがいきなり(ry

リノア「なんかウsコールが興奮した勢いで足滑らしてさぁ」

スコール(ちがっ!こいつが(ry

ゼル「あ〜、スコールってたまにそういう所あるよな」

セルフィ「突然意味わかんない事するよね〜」

スコール「!?」

リノア「そなんだw」

アルティミシア(その辺はお前の日頃の行いが悪いからだ・・・)

スコール「・・・」

リノア「アタシ、やっぱり一旦戻るね。これ以上迷惑かけれないし」

スコール(こいつ、よくもぬけぬけと・・・)

リノア「作戦は一時中断にします。突入してもやられちゃうしね」



496:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/14(日) 04:47:19.22 ID:CKL+ETjIo

スコール(ウソつけよボケ。お前ひとりでガルバディア所かエスタまで滅ぼせるわ)

リノア「なんかごめんね〜アタシ、勘違いしてた」

ゼル「なんつーか、役に立てなくてわりぃな」

セルフィ「こちらこそごめんね〜」

スコール(くっそ!こいつはそんな奴じゃないのに!)

アルティミシア(諦めろ。日頃の行いが最悪のお前に勝ち目はない)

リノア「やっぱり子供の遊びに見えちゃう?でも本気なんだよ?」

リノア「痛いくらい・・・本気なんだよ」

ゼル・セルフィ「リノア・・・」

スコール(演技してんじゃねーよカスが・・・お前が本気なのは誰かをいたぶってる時だけだろ)

リノア「じゃあ、アタシ行くから・・・それと」

リノア「スコール・・・あのね」

スコール「あ?」


リノア「・・・今日の所はこれで勘弁してやるよ」ボソ


スコール「!?」


リノア「お前如きにやられるわけねーだろ・・・チンカス野郎」プッ


スコール(殺ォーーーーーーーーーーす!!絶対にこいつは殺す!!)


ダッ


セルフィ「リノア、行っちゃった・・・」

ゼル「ちょっと言い過ぎたんじゃねえの?」

スコール(それどころか100回殺しても生ぬるいくらいだ!カスが!)

スコール(絶対に殺す!何が何でも殺す!塵一つ残さず消滅させてやる〜〜〜!)ワナワナ

アルティミシア(あいつの方が何枚も上手だな・・・)



514:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/14(日) 20:26:51.29 ID:CKL+ETjIo

アルティミシア(本格的に調査をしないとな・・・)

スコール(ババア、城からしもべ共ををつれてこいよ。あいつ総動員でやっちまおう)

アルティミシア(あいつらはお前が軒並み倒したろ・・・)

ザザーーーーーーーーーーーー!

セルフィ「あっ放送が始まるよ〜」

スコール(痛かった頃のババアが見れるな)

アルティミシア(私は何も変わってない)

アナウンサー「あーあー。マイクテストマイクテスト」

アナウンサー「世界の皆さん私の声が聞こえますか!?私の姿が見えますか!?」

アナウンサー「感激です!これはオンラインではありません!電波放送による放送です!」

スコール(時代を感じる発言だなオイ)

アルティミシア(何がだ)

スコール(ここでは電波放送はなくなってオンライン放送しかなくなったんだぜ?)

アルティミシア(ああ、なるほどね・・・)

アナウンサー「申し訳ありません17年ぶりの電波放送で我を忘れてしまいました)、

アナウンサー「本日はガルバディアの輝ける星、ビンザーデリング終身大統領による世界の皆様への報告を放送します」

スコール(将軍様かっ)

アルティミシア(大統領だろ)

アナウンサー「ではデリング終身大統領、どうぞ」

デリング「この電波を受け取っている世界の国民諸君!私、ビンザーデリングはここに提案する」

デリング「世界中のすべての争いを終わらせる用意が我々にある」

スコール(だったら俺とリノアのバトルもなんとかしてくれよ)

アルティミシア(ただの喧嘩に政府が介入するか)

セルフィ「やっぱり世界の皆さん平和に暮らそう宣言なんだ!」

スコール「セルフィたんは鋭いね!さすがだよ!」

ゼル「なわけねーだろ・・・」

デリング「しかし遺憾ながら、我々ガルバディアと各国の間には解決を必要とするいくつかのささいな問題がある事も事実」

デリング「私はこの紛争を終わらせるべく各国の首脳と対談をするつもりだ」

デリング「その対話に私の代理として参加する大使を諸君に紹介したい」

スコール(出るぞ。墳飯用意だ)

アルティミシア(やめろ・・・)

デリング「彼女は魔女・・・」


ガシャーーーーーン!!


「オラァーーーーーーーーーーーーーーー!!」


全員「!?」


サイファー「リノアーーーーーーーー!!出てこいコラァ!!ぶち殺してやる!!」

全員「サイファー!?」






515:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/14(日) 20:28:00.05 ID:CKL+ETjIo

スコール「あのクソボケ!いい所で台無しにしやがって!」

アルティミシア(ほっ)

スコール(ほっじゃねーよババア!黒歴史を見られずに安心したか!?)

サイファー「リノアァァァァァ!お前は殺す!ここにいるんだろ!?出てこいよオラァ!!」ブンブン

アルティミシア(思いっきり個人名を挙げてるが)

スコール(あのアマ・・・サイファーにもなんかしたな・・・)

ガ兵「なんだお前!?止まれ!」

サイファー「関係ねーんだよカスが!どけェーーーーーーーー!」ブオン


ガシャーーーン! ザザーーーーーーーーー・・・・・


アルティミシア(相当ご立腹ではないか)

スコール(アホが!ババアの痛い場面が拝めると思ったのに!!)

アルティミシア(そういう問題じゃないだろ!)

サイファー「オラァ大統領!リノアはどこだぁ!?」グイ

デリング「なんだ君は!?放しなさい!」

キスティス「むやみに近寄らないで!デリング大統領がどうなってもいいの!?」

ゼル「あ〜〜〜!」

セルフィ「せんせ〜〜!」

スコール(臭い息まで・・・クッソ、来てるなら来てるって言えよ!)

キスティス「彼を刺激するだけなのがわからないの!?」

スコール(お前の息が俺の鼻を刺激するのがわからないのか)

アルティミシア(言ってる場合じゃないだろ。これはまずいのではないのか?)

キスティス「ティンバー班見てる!?ここへ来て頂戴!」

ゼル「おいスコール・・・」

セルフィ「なんかたいへ〜ん」

スコール(はぁ・・・だりぃ・・・)

アルティミシア(しかし絶対にあの女が裏で動いているぞ。放っておくわけにもいくまい)

キスティス「許可は得ています。手を貸して!」


ザザーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・・







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。