【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 後編 - 001

464:2014/09/13(土) 19:52:10.27 ID:qpMISmoko

セルフィ「何やってるの〜!いくよ〜」

リノア「ごめ〜ん、今行く〜!」

スコール(なにあいつ!?めっちゃ怖いんだけど!?)

アルティミシア(まるでホラー映画でも見ているような感覚に陥った・・・)

スコール(お前はいいよ!でもオレ当事者だぞ!?)

スコール(あいつがいる限り俺に平和はこねえだろ!俺に!マジで!)

アルティミシア(落ち着け・・・だがしかし奴の尻尾は掴んだ)

アルティミシア(あいつはやはりなんらかの方法で未来から過去へ飛んできた。それが何かはわからんが・・・)

スコール(お前でもわからん物を俺が知ってるはずないだろ!?)

リノア「いこっ、ダーリン」ニヤ

スコール(振り向きざまに首切りおとしてえ・・・・)

アルティミシア(しかしそんなマネできるのは私しか・・・貴様、どこかで時空に影響を及ぼす物に触れなかったか?)

スコール(ねえよんなもん!ヴァルハラじゃあるまいし!)

アルティミシア(ヴァルハ・・・?まあわかった。こちらでも探って置く)

スコール(あいつ絶対ルシだよルシ!どっかからファルシに何かやられたんだよ!

スコール(あいつまじパルスにパージしてぇーーーーーー!)

アルティミシア(落ち着け、意味がわからん)



465:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 19:57:26.11 ID:qpMISmoko

・ティンバーマニアックスビル前

セルフィ「おっきいビルだね〜」

ゼル「放送局はこの向こうっつってたな」

スコール「・・・」

ゼル「何急にテンションガタ落ちしてんだよ。しゃきっとしろよ」

スコール(くそ・・・だったらお前代われよ)

リノア「セルフィちゃんのここも〜大きい!」モミ

セルフィ「きゃ!?」

ゼル「セクハラオヤジかよw」

セルフィ「くすぐったい〜」

リノア「あ〜やらかい〜ずっともんでた〜い」モミモミ

リノア「・・・」ニヤ

スコール「こいつマジで・・・」ピキピキ

アルティミシア(乗るな。挑発だ)

アルティミシア(しかしこいつはパーティーメンバーには手をかけるつもりはないようだ。レジスタンスは売ったのに)

スコール(そらそうだろ。このままずっと一緒にいるし)

スコール(ついでに現時点ではこいつら二人の方が強い)

アルティミシア(そうなのか?)

スコール(この二人はこう見えてチートレベルの強さなんだよ。ガチったらリノア如き瞬殺できるレベルだ)

スコール(ドール試験以降ずっとこのメンツで固定するプレイヤーも数多くいるくらいだしな)

アルティミシア(そ、そうには見えんが・・・)

スコール(でもゼルはアホだから気づいてないんだろうな。結構ヒント出してるのに)

アルティミシア(ちょうきゅーぶなんちゃらか?)

スコール(最初に気づいた時爆笑したわ。どんだけこいつ引きずってるんだよって思ったな)

スコール(ファイナルヘブンじゃねえっつんだよな。だったらあの爆乳とトレードしてくれよ)

アルティミシア(その辺はお前の技も似たようなもんだろ・・・)


リノア「せっかくだからこのビル入ってかない?」

ゼル「お、いいね〜」

セルフィ「さんせ〜」

スコール(仕切んなよカスが。やってる場合じゃねっつんだよ)


1 ビルに入る

2 ビルに入らない

3 見学の振りしてリノアを殺す


安価↓



466:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 20:00:56.96 ID:JBbsHrIfo





470:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 20:13:22.54 ID:qpMISmoko

アルティミシア(で、ここはなんだ?)

スコール(雑誌の編集室。ハッキリ言って何のイベントもない容量のムダ)

アルティミシア(そんな事はないだろ・・・)

スコール(まあいいや。何か手がかりがあるかもしれん)

アルティミシア(あまり期待はできんが)

スコール(ババアちゃんと探しとけよ?)

アルティミシア(それはお前がやれ)


・ティンバーマニアックスビル内

受付「見学ならご自由にどうぞ〜」

セルフィ「うわ〜本がいっぱいだ〜」

ゼル「これ。バトルシリーズのバックナンバーだ。懐かしいな〜読んでたわ」

リノア「あれ、スコールは?」

・倉庫
スコール「巻いたか!?」ササッ

アルティミシア(すぐ見つかるだろこんな狭いビル)

スコール「いーんだよ別に。ババア知らねえだろ。ここにはこんな物がある」

【ドローポイント ブリザガ】

アルティミシア(こんな上位魔法が何故ここに!?)

スコール「しらね。でも目視できねーから隠し要素だろうな」

スコール「・・・」ニヤ

アルティミシア(おいお前まさか・・・)

スコール「不意打ちをかませばリノアもリフレクできまい」ニヤ

アルティミシア(卑怯者と外道の戦いだな)

スコール「なんとでも言え!勝てば官軍なんだよ!」


ガチャ


「スコール〜?」


スコール「きやがった!隠れろ!」

「暗いな・・・電気電気っと」

スコール「そこだ!食らえ!」

【ドロー はなつ】ブリザガ


ドドドドッシャァァァァァン! キラキラキラキラ・・・


スコール「ワーーーハハハハハ!以下にお前でもこの不意の攻撃には対応できまい!」

リノア「スコール何やってんの?」

スコール「!?」

リノア「あっ」

編集長「 」カキーン

スコール「 お ま え か よ ! 」






471:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 23:13:48.09 ID:qpMISmoko

リノア「だめだよスコール!むやみやたらと魔法を撃ったら」アレイズ

スコール(お前に言われたくないんだよ・・・)

編集長「ハッ!私は何を・・・」

リノア「編集長さん、本だよ」

編集長「ああそうだったね・・・え〜っと、確かこの辺に・・・」

スコール「何してんだ?」

リノア「今度新しい本を発売するんだって」

スコール「今更・・・またバトルシリーズか?」

編集長「あったあった。ほら、これだよ」

【オカルトファン】

スコール「はぁ?今更なんでこんなもんを・・・」

アルティミシア(なんだこれは)

スコール(グラシャラボラスを入手するヒントが書かれてるんだよ。正直テキトーすぎてさっぱりわからんがな)

編集長「いやぁ最近新たな超常現象がいっぱい確認されてねえ、読者から復刊の声が殺到したんだ」

編集長「まだ発売はされてないから、君達だけに特別だよ?」

スコール(いや、グラシャラボラスはもう持ってるから・・・ん?)


【特集!時の止まった村の都市伝説!】

【異世界出現!ツギハギだらけの奇妙な空間の秘密に迫る!】

【怪奇!突如消えた地方都市の行方!】

【発見!突如出現した中世都市!】


スコール「なにこれ・・・」

編集長「最近人々の間でこんな噂が出回ってるんだよ。目撃者も多くてねえ」

編集長「世界はまだ謎に満ちてるね!いやぁ、まさかオカルトシリーズが再ブレイクするとは思わなかったよ」ハハハ

リノア「おもしろそ〜」

スコール「ただの都市伝説だろ・・・ん」


【天空の城!?空に浮かぶ謎の古城を追え!】


スコール(おい!?これ・・・)

編集長「ああそれ?それはねー唯一読者から写真付きの投稿が送られてきたんだ」

アルティミシア(いつの間に!?)

スコール(アルティミシア城じゃねえか・・・)



472:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 23:36:59.45 ID:qpMISmoko

スコール「これを送ってきた奴は誰だ!?」

編集者「それは知らないよ。電子メールで届いた奴だったからね」

編集者「採用されたら編集部から粗品を送る予定だったんだけど、アドレスも捨てアドでさ。所在がわからないんだよね」

スコール「おいおいおいおい」

アルティミシア(誰が、いつの間に!?)

スコール(そもそもこの城は未来の城だろ!この時代にあるわけが・・・ハッ)

リノア「・・・」ニヤ

スコール(こいつだ・・・絶対にこいつの仕業だ!)

アルティミシア(この女・・・勝手に人の家を・・・)

スコール(そういう問題じゃねって!やっぱりこいつ2週目なんだよ!)

リノア「お城、見つかるといいねっ」

リノア「生きてる内に・・・」ボソ

スコール(思わせぶりな事言ってんじゃねーよ!)

アルティミシア(プライバシーの侵害だ!著作権料払え!)

スコール(だからそういう問題じゃねーだろ!)

セルフィ「雑誌もいいけど速く先に進もうよ〜」

スコール(確かここの隣の民家の奥から裏通りに行けたはずだ・・・)

リノア「徒歩で行くとちょっと厄介事があるんだよね〜」

ゼル「あんだよ」

リノア「電波放送がなくなってからさ、裏通りにパブができてね」

リノア「パブのマスターが通してくれるかどうか・・・」

スコール(こいつもよく覚えてるなそんな事)

アルティミシア(一応地元民だろ)

リノア「顔は怖いけど・・・・・・性格も悪いから、まぁ当たって砕けろってカンジ?」

セルフィ「え〜なにそれぇ〜!」

スコール(性格の悪さならお前が一番だろ)

アルティミシア(いや、貴様も上位ランカーだ)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。