【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 前編 - 033

407:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/12(金) 23:52:58.85 ID:bHQZJUaIo

・アジト列車

ゾーン「いよいよ待ちに待ったビンザーとのご対面だな」

ワッツ「すごいッス!お手柄ッス!ヤルって感じッス!」

スコール(お前の様なパシリとは出来が違うんだよ)

アルティミシア(お前何もやってないだろ)

リノア「じゃあ・・・

ワッツ「情報収集なら任せてくれっす!」

ゾーン「イテテテテテ・・・・」

スコール(もう死ねよこいつら・・・)

リノア「準備ができ次第、大統領と『話合い』を始めます!」

スコール(半殺しの間違いだろ)

アルティミシア(いいからさっさと行け!)


・大統領専用車両

リノア「デリング大統領!無駄な抵抗をしなければ危害は加えないわ」

スコール(だからデリングじゃねって)

アルティミシア(影武者と言う奴か)

スコール(そ。正体は完全に出る作品を間違えてるくっそきもいモンスター)

スコール(お前の力でラクーンシティに送ってやれ)

アルティミシア(どこだそこは・・・)

影武者「抵抗をしたら・・・どうなるというのかね・・・お・じょう・さん」

スコール(まぁ全殺しは確定だな)

アルティミシア(半殺しじゃないのか)

リノア「!!」

影武者「残念だったな・・・私は大統領ではない。世間で言う所の影武者という奴だ」

スコール(ほらな。だから言ったんだよ)

影武者「ティンバーにはレジスタンスが多いともっぱらの噂だったが・・・」

影武者「軽く偽の情報を流しただけであっさり引っかかるとは・・・」

影武者「程度の低いレジスタンスしかいないようだな・・・」

スコール(完全に同意)

アルティミシア(せんでいい)

リノア「程度の・・・低い・・・?」

影武者「ずっと座り続けるのも疲れたな・・・お嬢・・・サ・・・ン」プルプル

影武者「無駄な抵抗をしたらどうなるのカ・・・教えてくれないカ・・・」カクカク

スコール(見とけよババア。序盤の名物キモモーション大統領だ)

スコール(初めて見た時思わず笑っちまったわ)

アルティミシア(当時からそうだったんだなお前は)



408:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 00:03:18.00 ID:qpMISmoko

セルフィ「こわいよ〜」ガクブル

スコール「セルフィたんは見ない方がいいよ!まじこいつクッソきもいから!」

影武者「アノ方ヲ侮辱スル奴ハユルサン!」

ゼル「くるぞ!」


【エンカウント】偽大統領


偽大統領「ワナニ・・・カカッタナ・・・」

スコール「お前だよボケ。今から全殺しされるくせに」

アルティミシア(ジャンクション・・・)

スコール「あっ」

アルティミシア(・・・もう慣れた)

スコール(いやでもババア、ちょっと見てくれよ。こいつマジおもしれえんだって)

アルティミシア(?)


【ヘイスト】→偽大統領


アルティミシア(なんで敵に!?)

スコール(まぁ見とけって)


カクカクカクカクカクカクカク


ゼル「うあっ!動きがきめえ!」

セルフィ「きもちわるい〜」

スコール「wwwwwwwwwwwwwww」

偽大統領「オモシロイ・・・オモシロイゾ・・・・!」


カクカクカクカクカクカクカク


スコール「お前がなwwwwwwww戦闘中に笑かすのはやめろwwwwww」

アルティミシア(モンスターで遊ぶんじゃない)



409:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 00:09:43.05 ID:qpMISmoko

セルフィ「あっちいけ〜!」ブオン!

ゼル「オラ!」バシバシ

アルティミシア(さっさと倒してしまえ、スコール)

スコール「甘いよババア。こいつはこっからが本番だ」

アルティミシア(?)

スコール「とりあえず攻撃ッと」ザシュ


偽大統領「ぐあっ!」ダメージ9999


ドサッ


ゼル「やったか!?」

スコール(くるぞババア!)ワクワク

アルティミシア(何をそんなに待ち望んでいる)


偽大統領「 」ムク


プルプルプルプルプルプルプル

カクカクカクカクカクカクカク


ゼル「さらに激しくなってんじゃねーよ!」

セルフィ「もうやだ〜」


プルプルプルプルプルプルプル

カクカクカクカクカクカクカク


スコール「くっそきめえwwwwwwダンスすんなwwwwwww」


プルプルプルプルプルプルプル

カクカクカクカクカクカクカク


スコール「あかんwwwww腹痛いわwwwwwwwwwwwwww」

スコール「はやく変身しろよwwwwww集中できねえだろがwwwwww」

アルティミシア(ウケすぎなんだよ・・・)




410:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 00:27:08.11 ID:qpMISmoko

キュィィィィィィン!


スコール「あーあ、ダンスタイム終わっちゃった」

アルティミシア(本性を現すようだ)

スコール「今度は笑えないキモさなんだよなぁ・・・」


【ブライン】→セルフィ


セルフィ「ほえっ!?」

スコール「セルフィたんまじ見ない方がイイ。ちょっと笑えないから」

セルフィ「ええっ!?これ解いてよ〜」

スコール「ちょっと我慢してて。いやマジで」


「ふしゅるるるるる・・・」


【偽大統領】→【ナムタル・ウトク】


ナムラル・ウトク「ウガガー!」


ゼル「うげげー!なんだこいつ!?」

スコール「でたなタイラント」

アルティミシア(タイラント?)

スコール「しっかしいつ見てもきめえな・・・お前はクリスと戦ってろよ」

ナムタル・ウトク「この姿ニナッタカラニハ、もうオマエラの命はナイ・・・」

ゼル「おいスコール、やばくないか!?」

スコール「全然。こいつマジ見かけ倒しだから」

ナムタル・ウトク「ナンダト・・・」

スコール「よっこらせ」ヒラヒラ


【フェニックスの尾】


ナムタル・ウトク「!?」

スコール「こいつアンデットだからこれ一発で昇天するんだよ」

スコール「BOSSキャラの癖に耐性ついてないの。マジ悲しいよな」

ゼル「そ、そうなのか!」

スコール「というわけでさっそく消えてもらおうか。きもいから」

ナムタル・ウトク「あがが・・・」



411:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/13(土) 00:43:27.37 ID:qpMISmoko

ナムタル・ウトク「うう・・・」

スコール「んじゃま、おつかれ」

アルティミシア(所でこいつはなぜ大統領の影武者を?)

スコール「お、ババアナイス質問。それ俺も気になってた」

スコール「おい化け物。なんでお前みたいなキモイのが大統領の影武者やってんだよ」

スコール「普通に考えて接点ないだろ。もしかして元人間とかそういうオチじゃないだろうな」

ナムタル・ウトク「・・・」

スコール「答えたくないか。ならいいや。死ね」

ナムタル・ウトク「オレ、コノスガタ、ナル、クチ、ウマクナクナル・・・」

スコール「は?」

ナムタル・ウトク「ウマク。シャベレナイ。オレ、シャベルノ、ニガテ」

スコール「知らねえんだよカスが。いいからお前は成仏してろ」

ナムタル・ウトク「あうう!」

ゼル「もしかして、話したいんじゃ・・・」

ナムタル・ウトク「オレ、デリング、ダイスキ。デリング、ヤサシイ。オレ、デリングタスケル」

ゼル「なんか語り始めたぞオイ」

アルティミシア(通訳してやろうか?)

スコール(そんな事もできんのかよ・・・)

アルティミシア(魔女を舐めてもらっては困る)キリ

スコール(お前もモンスターだもんな)

アルティミシア(黙れ!ほら、しゃべらせろ!)


数分後

スコール「ほぉほぉなるほど・・・ガルバディアが軍で飼ってるモンスターなのね」

ゼル「ガーデンの訓練所のモンスターみたいなもんかぁ」

ナムタル・ウトク「オレダケ、コンナスガタ。ミンナ、オレ、コワガッテ、チカヨラナイ」

スコール「当然だろ。臭いんだよカスが」

ナムタル・ウトク「デモ、デリング、オレニヤサシクシテクレタ。ニンゲンニ、バケルジュツ、オシエテクレタ」

ナムタル・ウトク「オカゲデオレ、イッパイヤクニタテタ。オレ、コレカラモ、ミンナノヤクニタチタイ」

アルティミシア(つまりこいつは親切にしてもらった恩返しがしたいらしい)

ゼル「めっちゃいい奴じゃねえか・・・」

スコール「デリングにとってはお前は使い捨てだけどな」プッ

ナムタル・ウトク「オマエラ、デリングコマラセル。ヤメロ」

ナムタル・ウトク「オレ、デリング、マモル。ゼッタイニ、マモッテミセル!」

スコール「えっこいつメス?」

ゼル「そういう感情なの?」

アルティミシア(違うだろ・・・多分)







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。