【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 前編 - 020

246:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 04:07:36.76 ID:UxohUQXMo

スコール「電車の発着までまだ少し時間がある。各々少し自由時間にしよう」

ゼル・セルフィ「りょーかい!」

ゼル「俺は母ちゃんとこいくか」

セルフィ「お土産屋で何か買おうかな〜」

アルティミシア(お前はどうする?)

スコール(俺はどうしても一言言っときたい奴がいるんだ)

アルティミシア(?)

スコール「お前だよ。ババア」

カードクイーン「私はカードクイーン。カードの乱れを整える者」

カードクイーン「どういったご用件でしょうか」

スコール「どういったご用件でしょうか?じゃねーよ!」

スコール「今すぐランダムハンドルールを消せ!この世から抹消しろ!」

カードクイーン「何故です?ランダムハンドは立派なルールですが」

スコール「あんなもんルールじゃねえだろ!毎度毎度覚える度に余計なもん広めやがって!」

スコール「あんなのがあったら手札が選べないだろうが!」

カードクイーン「それもまたカードの醍醐味かと思われますが」

スコール「醍醐味もくそもあるか!カードは各々の手札からカードを選びそして対戦するゲームだ!」

スコール「あんなもん入れたらカスカードが混ざってエライ目に合うだろが!」

カードクイーン「勝負は時の運とも言います。強いカード、弱いカード、どちらがくるかは勝負の女神次第です」

カードクイーン「決めるのはあなたじゃありません。カードです」

スコール「バカヤロー!じゃあお前はポ○モンでトレーナーと戦うたびにいちいち序盤のクソモンスターとか出されても大丈夫なのか!?」

カードクイーン「カードはポ○モンじゃございません」

カードクイーン「ではあなたはポーカーやマージャンで最初から強い役がくれば満足なのですか?駆け引きが勝負の醍醐味ではないでしょうか」

スコール「役を作るゲームじゃねえだろボケ!なんで息抜きがてらのゲームでアゴとんがらしてざわざわしねーといけねーんだよ!

スコール「ランダムハンドは明らかな蛇足だ!あんな余計なもん広めるな!」

カードゲーム「それだと強いカードを持つ者だけが絶対的な有利になってしまいます」

スコール「セイムプラスがある時点で十分その辺のバランスは取れてるんだよ!」

カードクイーン「ランダムで選ばれたカードからセイムプラスを狙って戦術を練るのもカードの楽しみ方の一つかと」

スコール「お前の好み押し付けんな!息抜きで始めたゲームにそこまで頭使えるか!」

スコール「俺は戦うのが好きなんじゃないの!勝つのが好きなの!」

スコール「相手のレアカードを根こそぎ奪う快感!これこそカードの醍醐味だろ!」

カードクイーン「あなたの都合など知りません。あなたが人からカードを奪う様に、またあなたもカードを奪われる機会があるという事です」

カードクイーン「勝つのが好きなのであれば弱い相手だけと対戦してればいいかと」

スコール「ワガママ抜かしてんじゃねーーーー!それだと強いカードが奪えないだろ!」

カードクイーン「ただで強いカードが取れると思わないで下さい。価値の問題です。レアな物ほど難度が高いのは当たり前の事です」

カードクイーン「ワガママなのはどちらでしょうか」

アルティミシア(正論、だな)

スコール「ぐぬぬ・・・」



247:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 04:25:17.07 ID:UxohUQXMo

カードクイーン「あなたはどうやらランダムハンドがお好きなようで。いいでしょう」

カードクイーン「本来ならお金を取る所ですが、今回は特別に無料で広めてあげましょう」

カードクイーン「広めるルールはもちろん「ランダムハンド」です」

スコール「ハッ!バカ!それだけはやめろ!」


バラムに「ランダムハンド」が伝わった


スコール「バカヤロー!何余計な事してくれてんだァーーー!」

カードクイーン「勝負の駆け引き、どうぞお楽しみ下さい」

カードクイーン「それではよきカードライフを」ペコリ

アルティミシア(余計な事したのはお前だ・・・)

スコール「う、うう・・・」

スコール「うわーーーーーーーーーーん!!」ドタタタタタ

アルティミシア(あ、おい!どこへいく!)


ドタタタタタタタタ!


海辺の男「ん?」

スコール「おっさーーーーーーーーーーーん!!」ダキッ

海辺の男「ス、スコール!?どうしたんだそんな泣きじゃくって・・・」

スコール「うう・・・おっさ〜ん、悔しいよぉ〜」ヒック

海辺の男「あ〜・・・お前もランダムハンド広げられたクチか」

スコール「そうなんだよあのババア〜俺がランダムハンドやめろって何度も説得してるのによ〜」グス

海辺の男「あの姉さんは人の意見に耳を傾けるタイプじゃないからな・・・勝手に移動するし」

スコール「俺一人の意見じゃないのに・・・全国数百万人のプレイヤーを代表した意見なのに・・・」グス

海辺の男「その手の話は俺もイヤと言うほど聞かされたよ・・・安心しろ。お前だけじゃないよ」

スコール「あのババア、よりにもよってランダムハンド広げていきやがった・・・」

海辺の男「あらぁ・・・そりゃ災難だったな」

スコール「なんとかしてくれよおっさ〜ん・・・」

海辺の男「わかったよ・・・その内誰かがカード挑んでくるだろうから、その時にリセットしとくよ」

スコール「いつもありがと〜、おっさ〜ん」

アルティミシア(何者だこの男は)

スコール(カードのルールをリセットしてくれるナイスガイだ)

アルティミシア(製作者か?)

スコール(いや、ただのおっさん)

アルティミシア(そんな男がどうやって・・・)

スコール(その辺はシラネ。リセットできりゃなんでもいーよ)

海辺の男「時にスコール、俺もお前に前から言いたかったんだが」

海辺の男「俺おっさんじゃなくてお前と同年代だからな?しかもガーデンの同級生だから」

スコール・アルティミシア(ウソォ!?)



254:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:16:13.44 ID:UxohUQXMo

スコール「あのババアはいつかシメる・・・」

アルティミシア(カードか・・・人間共の間で流行っているのは知っていたが)

スコール「あ、ちなみにあのババアも時間圧縮の世界に普通にいるから」

アルティミシア(なんだと!?どういう事だ!)

スコール「知らねえよ。カードの力(笑)じゃねえの」

アルティミシア(カードゲーム・・・よく知る必要がありそうだ)

スコール「調べるなら自分でやれな?」


スコール「さて、次はどうしようか」


1、ゼルの家に寄る

2、チビ暴れん坊を半殺しにする

3、電車に乗る


安価↓



255:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:17:36.83 ID:qcxVSQhp0

2



259:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:29:19.21 ID:UxohUQXMo

スコール「そろそろ戻るか」

ベチャッ!

スコール「うわっ!なんだ!?」

チビ暴れん坊「やった〜!カエル爆撃大成功〜!」

スコール「カエル?・・・うわっ!潰れたカエルが!」

アルティミシア(お前にぶつけたせいで潰れたんだな)

スコール「あのガキ・・・ああ、俺の服が」

チビ暴れん坊「にっげろ〜!」シュタタタッ

アルティミシア(命ある物をぞんざいに扱うとは、少々お仕置きが必要だな)

スコール「やっちまってもいいか?」

アルティミシア(ああ、やっていい事と悪い事があると教えてやれ)

スコール「・・・」

チビ暴れん坊「へっへっへ!ここまで逃げ切れたらもう追いつけないだろ〜」

スコール「それがお前の全力か?」ヘイスト

チビ暴れん坊「!?」

スコール「やれやれ・・・やってくれたな小さいお友達くん」

チビ暴れん坊「はわわわわ!やべえ〜」

スコール「やべえじゃねえだろ。おいガキ、俺が怒っているのは服を汚されたからじゃない」

スコール「見ろ。お前が投げたせいでこのカエルの命が今尽きた」ベチャー

スコール「お前にこのカエルの命を消す権限があるのか?命をなんだと思っている」

アルティミシア(珍しくまともだな)

チビ暴れん坊「・・・」

スコール「子供のイタヅラにしては少々残酷だと思うがな」

チビ暴れん坊「・・・」

スコール「何かいう事は?」

チビ暴れん坊「「・・・ごめんなさい」

スコール「・・・わかればいいんだ」

スコール「もうこんな事しないな?」

チビ暴れん坊「・・・うん」

スコール「ほら、泣くな。もう怒ってないよ」ナデナデ

チビ暴れん坊「ほんと!?」


スコール「 な わ け ね ー だ ろ ! 」


【ストップ】






260:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:48:16.65 ID:UxohUQXMo

チビ暴れん坊「うわ!?か、体が動かないよ!」

スコール「少し弱めて意識だけ残るように微調整したストップだ。これでお前は動けないまま痛みだけが残る」

チビ暴れん坊「な、なんでこんな事するんだよ〜!謝っただろ!?」

スコール「謝っただと?」ピキ

スコール「 謝 っ て す む 問 題 か ! 」ドカバキィ!

チビ暴れん坊「んぐぅ!?」ドサァ

チビ暴れん坊「〜〜〜〜(しゃべれない!?)」

スコール「ハッハッハ!俺はST攻撃にペインをジャンクションしている!これでお前は助けを呼ぶことはできない!」

チビ暴れん坊「〜〜〜〜!」

スコール「俺の大事な一張羅にグロいカエルのシミつけやがって。命一つで足りると思ってるんだろうな〜〜〜〜!」ポキポキ

チビ暴れん坊「〜〜〜〜〜!!」


ドカバキゴスゴスバキドカゴスガン!


スコール「ヒャーーーーーーハハハハハ!因果相応だボケがぁ!!」

スコール「ただでさえストレスを溜めてるこの俺にこんなマネして五体満足で済むと思うなよォォォォォ!!」


ドカバキゴスゴスバキドカゴスガン!


スコール「ごめんなさいじゃねーんだよボケが!!自分の責任は自分で取れってこないだババアに説教食らったばっかりなんだよ!!」

スコール「どうせてめーは金持ってねーだろ!だったら苦しんで償え!ボケ!」


ドカバキゴスゴスバキドカゴスガン!


スコール「オラオラオラオラーーーーーーー!子供だからって何でも許されると思うなよーーーーーーーー!!」


ドカバキゴスゴスバキドカゴスガン!


スコール「カス!ゴミ!何が暴れん坊だよ!!きめーんだよ有害物質が!!」

スコール「お前が泣かせた女の子みんなの恨みだ!思い知れ皮かむり野郎!!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。