【FF8 SS】 スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」 DISC1 前編 - 009

95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:57:17.55 ID:sTfP0/loo

スコール「マジ死ぬかと思った・・・」

アルティミシア(全く、私がいたからよかったものの・・・)

アルティミシア(さっさと目的を果たして早く城まで戻ってこい。このバカモノが)


○現在時刻 18時45分

アルティミシア(残り15分しかないぞ。はやくパーティを回復してそこから脱出しろ)

スコール(・・・)

アルティミシア(どうした?時間がないのだろう?はやくしないか)

スコール(今さ・・・二人とも戦闘不能で動けないわけじゃん)

スコール(敵も全て倒したし・・・ここにはお前抜くと3人しかいないわけで)

アルティミシア(・・・?)

スコール(・・・)ニタァ


セルフィ「 」(戦闘不能)


アルティミシア(お、お前まさか)

スコール「太ももジャンクションチャーンス!」バッ

アルティミシア(な!?バカ!やめろ!)


グググッ!


スコール「ぬあっ!?か、体が・・・」

アルティミシア(この大馬鹿野郎!気を失っている女子に対して何をするつもりだ!)

スコール「離せババァ〜!こんなチャンスめったにないんだぞ!!」

スコール「セルフィたんの制服姿はここでしか拝めないんだよ!貴重なコスなんだぞ!」

スコール「わかってんのか!ゴルァ!」

アルティミシア(だからと言って女子の寝込みを襲うなど!恥を知れ!)

スコール「襲うじゃねーよ!ちょっと太ももの感触を顔で感じたいだけだ!」

アルティミシア(それが襲うと言うのだ!お前のやろうとしている事は婦女暴行同然だこの愚か者が!!)


グググググ・・・



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:00:00.46 ID:sTfP0/loo

スコール「は、離しやがれ・・・!」

アルティミシア(同じ女性として、そんなふしだらなマネは許さん!)

スコール「バカヤロー!俺は男として同じ男性(プレイヤー)の気持ちを代弁してるんだよ!」

スコール「こんなミニスカちらちらさせといて、どうにかしたいと思わない男がいるはずないだろ!」

アルティミシア(相手の都合はどうなるのだ!)

スコール「んなもん知るかぁ〜〜〜!知ってるか!?ローポリの癖にやたらとふとももの描写にだけ気合いが入ってるんだぞ!」

アルティミシア(ローポリ!?なんの話だ!)

スコール「荒らいドットが見える初期グラでこんなにやわらかそうな太ももを描写する職人技が今まであったか!?」

スコール「なんでみんながPARまで使ってライブラを違法改造したか、その意味がわかってんのかババア!」

アルティミシア(それがなんだ!女性の人権を侵害するようなマネをするな!)

スコール「レンホーみたいな事言ってんじゃねえぞババアーーーー!」

アルティミシア(女性は玩具じゃない!)

スコール「お前だってサイファーおもちゃにして遊んでただろうが!!」

アルティミシア(あれは別時空での目的達成の為だ!お前の邪な感情と一緒にするな!)

スコール「俺はこれをやる為に過去へ戻ってきたんだよ!!お前と変わりないだろ!」

アルティミシア(いいからその手を離さんか〜〜〜〜!)

スコール「いやだーーーー!お前が離しやがれババアーーーーーーー!」


5分後

セルフィ「う〜ん」ムク

ゼル「あてててて・・」

スコール「ぜえっ!ぜえっ!ぜえっ!」

スコール(くそ!ババアのせいで時間が・・・)

アルティミシア(今度このようなふざけたマネをしようとしてみろ!)

アルティミシア(その都度私が全力で止めにかかるからな!いいな!)

スコール「あのババァ・・・」

ゼル「うおっ!あのモンスターは!?」

スコール「ゼエ・・・ゼエ・・・もう倒した・・・」

セルフィ「スコールが?役に立たなくてごめんね〜」

ゼル「あんなつええの一人で倒したのかよ・・・そんな息切らして、大変だったろ」

スコール(もう一つバトルが残っていたからな・・・)



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:31:18.88 ID:sTfP0/loo

○残り時間 10分

ゼル「もう時間がない!いこうぜ!」

セルフィ「船に乗り遅れちゃうよ〜」

スコール「待て・・・ジャンクションを組みなおす」

ゼル「時間ねえだろ!もうお前が全部倒してくれよ!」

スコール「今度は真面目にやるから・・・」


【ジャンクション】

・ゼル

セイレーン

・スコール

ケツアクコァトル イフリート ディアボロス バハムート エデン

・セルフィ

シヴァ ブラザース カーバンクル リヴァイアサン パンデモニウム

ケルベロス アレクサンダー グラシャラボラス サボテンダー トンベリ


ゼル「なんで俺だけ一つだけなんだよ・・・」

スコール「女性型GFだぞ。回してやっただけでもありがたく思え」

セルフィ「わ〜、かわいいGFがいっぱいだ〜」

スコール(そうか、セルフィはかわいいGFが好きなのか)

スコール(後でババアにそんなGFいないか聞いとくか・・・)

ゼル「っし!行こうぜ!」



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:32:06.95 ID:sTfP0/loo

・ドール山岳部 電波塔前

ゼル「全力ダッシュだ!走れ!」

スコール(エンカウントなし装備っと・・・)

セルフィ「いっそげ〜」

スコール(かわいい・・・走ってる途中でぱんちゅみえねーかなぁ)


ガガ、ガリガリガリガリ


ズドォン!


全員「!?」


【エンカウント】X-ATM092


ゼル「な、なんだこのでっかいクモみたいなロボ!?」

スコール(そうだ、こいつがいたか・・・)


ウイーン カチャカチャ


セルフィ「なんかじっとしてる〜」


ガバッ!


全員「!?」




102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:01:44.30 ID:sTfP0/loo

X-ATM092「テキタンチ コウゲキモード イコウ」ガガ

ゼル「おい・・・なんかまずい事いい始めたぞ」

スコール(そういえば前回はこいつに追いかけまわされたっけ)


ドガッ!


ゼル「おわっ!攻撃してきやがった!」ダメージ200

スコール(また魔法回すの忘れてた・・・まぁいいか。ゼルだし)

セルフィ「スコール!どうすんの〜!」

スコール(ハッ!セルフィたんが俺を頼っている!これは・・・かっこいい所を見せるチャンス!)

スコール「よし・・・あいつを殲滅する!」


ゼル・セルフィ「 無 理 ! 」


X-ATM092「 」ウイーンカチャカチャ


ゼル「逃げた方がよくないか!?」

セルフィ「あんなの無理だよ〜」

スコール「大丈夫!俺に任せろ!」キリ

スコール「オルァ!」


【トリプル】→サンダガ×3


ドドドドガガガガガァァァァ!


X-ATM092「!?」ダメージ9000

X-ATM092「・・・・・・・・・・・」ヒュウウウン


ゼル「おい!動きが止まったぜ!今の内に逃げれるんじゃないか!?」

セルフィ「今の内ににっげろ〜!」

スコール「まだだ!こいつはほっとくとしつこい・・・だから」

スコール「完膚なきまでにぶっ潰す!」

ゼル「いや逃げろよ!!」







PAGE TΩP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。